「宇宙哲学」 第16章

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落178

178 Even our thoughts are of chemical composition. We are well aware that our bodies are composed of numerous chemicals; we are also aware that our bodies will not act except when permeated with a conscious thought. When a man is in a state of unconsciousness his body is inactive. It is true that the organs of the body continue to function due to the slight chemical reaction which takes place between the composing cells of the structure but even this will not continue indefinitely. The movement of any body will not take place without a chemical reaction of the elements composing the body, for it takes chemical reaction to produce energy. Potential force exists as the Father-Mother Chemical within each atom of matter but it is the reaction of these elements that produces what is known as kinetic energy which is necessary to the service of any form-action. Only another chemical will produce chemical reaction and the fact that thought is necessary to the action of the body means, then, that thought itself is chemical. For instance, when a person is in a peaceful state of mind he can partake of food and his body will assimilate the minerals without the least opposing reaction, but eat a good meal and then take into the body a highly concentrated thought of hatred or fear - the reaction of the chemicals will very soon demand either the doctor or a good dose of bicarbonate of soda. Fear, hate, selfishness, envy, etc., are elements which produce violent reactions when incorporated with the chemical contents of the body. A fit of anger, which is nothing more or less than a chemical combustion, will tear down the body structure to a surprising degree and produce what is known as pain. If the scientist in his laboratory combines certain elements according to the law of affinity and produces a harmonious result he is rewarded, but if he mixes the wrong chemicals he may blow himself to bits. Just as logs placed upon a fire serve their purpose and their elements are changed but not destroyed, the original elements of any form are eternal. A place where water has been may become dry but the hydrogen and oxygen which compose the liquid go on forever and may at any time return into form. It is the action and reaction of chemicals that produce the personality which consequently must be ever changing, but the soul which is the sum total of the original elements remains forever the same - indestructible and eternal.
178 私達の想念さえも化学的組成物です。私達は私達の身体が無数の化学物質から構成されていることを良く知っていますし、私達の身体が意識的想念で染み込まない限り、行動しようとしないことにも気付いています。人が無意識の状態にある時、その身体は不活発です。それでも身体の諸器官は構造を構成する細胞間で生じるわずかな化学反応により機能を継続することは確かですが、これさえも無期限に続くことはありません。如何なる身体の運動も身体を構成する諸元素の化学反応抜きに起こることはありません。何故ならエネルギーを作り出す為には化学反応が必要だからです。各物質の原子の中には父母性の化学としての潜在力が存在しますが、如何なる形式の活動奉仕にせよ必要な動的エネルギーとして知られるものを作り出すのはこれら諸元素の反応なのです。唯一、別の化学物質が化学反応を作り出し、身体の行動に想念が必要だという事実は、想念自体が化学物質であることを意味します。例えば、人が平安な心の状態に在る時、人は食物を摂取し、その身体はわずかの反対する反応もないまま鉱物を同化するでしょうが、良質な料理を食べ、その後、憎悪或いは恐怖で高濃度に集中した想念に身体を置いた場合、化学物質の反応は直ちに医者やかなりな量の重曹を必要とさせることでしょう。恐れ、憎しみ、我がまま、妬みその他は身体の化学成分に一体化した暴力的反応を作り出します。怒りの発作は化学的燃焼以外の何物でもなく、身体の構造を驚く程、引き裂きますし、痛みとして知られるものを作り出します。もし、実験室内の科学者が親和の法則に従ってある種の元素を組み合わせ、調和的成果を作り出せば報われますが、誤った化学物質を混ぜれば、自分自身を粉々に吹き飛ばすことになるかも知れません。火に置かれた丸太がその目的を果たすように、それらの元素は変化を受けますが、破壊はされず、如何なるものも元の元素は永遠です。水が有った所は乾くかも知れませんが、水を構成する水素や酸素は永遠に継続し、いつかは再び形あるものに戻って来ることでしょう。常に変化し続けることになる個性を作り出すのは化学物質の作用であり、反応ですが、元来の元素の全体合計である魂は永遠に同じまま、破壊されることなく、永続するのです。



【解説】
 私達が未だ知らない多くの要素が想念・印象更には意識という精神作用の中にもありますし、自然界の物質世界の中にも存在するということでしょう。
 本項は詳細な事例を説きながら、如何にこれら精神作用と物質世界の活動が互いに連動して動いているかを私達に解説しています。日頃私達は自身を研究材料とする中で自らの心の状態が自身その他の肉体に影響を及ぼしていることを知っています。これらの「事実」を見れば、生命体を基本的にコントロールしているのが、意識その他の精神作用であることがよく分かります。
 私達は未だそれらの真相について全てを知る者ではありませんが、そのメカニズムを自ら探究する過程で、様々な真理、中でも想念・印象に呼応する物質の動きを学ぶことが出来るという訳です。植物と会話が出来たルーサー・バーバンクや身近な昆虫の世界を描いた熊田千佳慕等、素晴らしい先人の業績にも出会う機会が得られることでしょう。
 究極的な表現をすれば、想念も化学物質だと言える程、私達の精神作用は物質と同等、あるいはそれ以上の影響力を有しているのです。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落177

177 The Cosmos is ever active, constantly changing, and regardless of how little interest the average layman has in scientific subjects there is not one individual in the world who is not conscious of that ceaseless activity which is going on about him every moment. The growth of flowers and trees, the falling of rain and snow, the evaporation of liquids, the expansion of metals under the influence of heat and their contraction under cold, the fermentation of vegetable matter, the oxidation of minerals, the perpetual construction and disintegration of forms cannot possibly escape the attention of even the least observant of men. If we were to carefully gather all the gases that rise from a burning log and the ashes that were left after the fire had done its work we would find that nothing had been lost in the process of transmutation. There is no such thing as total destruction. The religionist looks more or less indifferently upon all of this changing phenomena, labels it the "work of God" and accepts at its surface value but the men of science have gone beyond the surface and uncovered the interesting and illuminating fact that life as a whole is the effect of an eternal process of chemicalization and that in the knowledge of Cause chemistry lies the victory over life and death, creation and recreation, joy and pain. The universe is nothing more or less than an immense chemical laboratory in which elements are combining constantly to produce the innumerable forms of expression or manifestation. The water, fire, earth, air, and the inconceivably fine ethers above the atmosphere of the earth are all chemical compositions. Light and darkness, love and fear are all chemical reactions.
177 宇宙は永久に活動的であり、常に変化し、平均的な通常人が科学的課題に対して如何にわずかしか関心を持たなかったとしても、自分について毎瞬起こっている休むことのない活動について意識しない者は、この世界に誰一人居ません。花々や木々の生長、雨や雪の落下、液体の蒸発、熱の影響下の金属の膨張や寒さの中でのそれらの収縮、植物性物質の発酵、形あるものの永久的な形成と分解は皆、どんな鈍感な観察者の注目をも見逃されることはあり得ません。もし、私達が燃える丸太から立ち上る気体を全て集め、火がその仕事を終えた後に残った灰を注意深く集まるなら、私達はその変質過程において何一つ失われたものが無いことに気付くでしょう。完全な破壊というようなものは存在しないのです。宗教家はこの変化の現象の全てを多少とも無関心に眺め、それを「神の御業」とレッテルを貼り、表層的な価値を受け入れますが、科学に根ざす人はその表層を越えて、全体としての生命は化学作用の永遠なる過程の結果であることや宇宙的化学の知識の中に生死や創造と再生、喜びと苦痛を超えた勝利があるという興味深く啓発的な事実を発見して来ました。宇宙空間とは諸元素が無数の表現の形あるものや現出物を常に結合させている巨大な化学実験室以外の何物でもありません。水、火、土、空気そして地上の大気の上部にある思いもよらない微細はエーテル体等、全ては化学的化合物です。光と闇、愛と恐怖も皆、化学反応なのです。



【解説】
 私達自身の身体も含め、あらゆる自然界の活動、即ち世の中の全てのものが常に元素の間の反応から成り、”静止”ということは一瞬たりとも無く、皆変化の途中にあるということです。
 私達はこれら常に動く世界の中に居る訳で、この状況に気付かない人は居ない筈です。問題はそれらの変化に関心を持ち、その仕組みや存在を探究することによって、宇宙における創造作用を学ぶことが出来るかどうかです。
 本項ではその探究の必要性を特に説いている訳で、単に”神の御業”とラベルを貼って済ませることには発展性は無いと指摘しています。
 更にこのような活動要素は私達自身の身体内部はもちろん、感情の作用も化学物質が関連していると指摘しています。今日では精神医学でよく知られているセロトニン等の精神作用のある物質が人間の気分に関係していることを既に著者は以前から説いていたことになります。
 私達を取り巻く世界、仏国土はかくも豊かな諸活動によって埋め尽くされており、常にある状態に留まっている訳ではありません。その活動に気付き、共鳴・同調することが出来れば、私達の進化の歩みも一層早まることでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落176

16 THE CHEMICAL UNIVERSE
176 There is nothing in this world that does not speak the universal language and reveal the secrets of the Cosmos if we are alerted to the frequency of that which we observe. It is through this small world of ours that we can gain our understanding of the cosmos, and such knowledge can come through unceasing research regarding the elements which compose our earth, atmosphere, and the various forms upon the earth.
第16章 化学的な宇宙
176 私達が観察するものの周波数に私達が鋭敏であれば、この世界で宇宙普遍の言語を語り、宇宙の神秘を明かさないものは何一つありません。私達が宇宙の理解を得ることが出来るのはこの私達の極微の世界を通じてであり、こうした知識は私達の大地や大気、そして地上における様々な形あるものを構成する元素に関して絶え間ない研究を通じてもたらされることが出来るのです。



【解説】
 本項で注目すべきは、”極微の世界”を通じて全宇宙を理解できると説かれていることです。端的に言えば、身近な自然の生きもの達への観察や自身の身体の働きを考察することによって宇宙を貫く原理・法則を知ることだということです。
 もちろん、その奥には極微な原子の持つ知性と接し、それらから発せられる宇宙普遍の言語である想念・印象を知覚することで、自らもその宇宙の真の構成員となることが出来るという極意があることでしょう。
 その為には、先ず、本文にあるように、私達が接するあらゆる”波動”に対し、それが含有するメッセージを同時に感受することが必要になります。優れた感性こそがその者の進化を導く源という訳です。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」 第16章-段落178

178 Even our thoughts are of chemical composition. We are well aware that our bodies are composed of numerous chemicals; we are also aware that our bodies will not act except when permeated with a conscious thought. When a man is in a state of unconsciousness his body is inactive. It is true that the organs of the body continue to function due to the slight chemical reaction which takes place between the composing cells of the structure but even this will not continue indefinitely. The movement of any body will not take place without a chemical reaction of the elements composing the body, for it takes chemical reaction to produce energy. Potential force exists as the Father-Mother Chemical within each atom of matter but it is the reaction of these elements that produces what is known as kinetic energy which is necessary to the service of any form-action. Only another chemical will produce chemical reaction and the fact that thought is necessary to the action of the body means, then, that thought itself is chemical. For instance, when a person is in a peaceful state of mind he can partake of food and his body will assimilate the minerals without the least opposing reaction, but eat a good meal and then take into the body a highly concentrated thought of hatred or fear - the reaction of the chemicals will very soon demand either the doctor or a good dose of bicarbonate of soda. Fear, hate, selfishness, envy, etc., are elements which produce violent reactions when incorporated with the chemical contents of the body. A fit of anger, which is nothing more or less than a chemical combustion, will tear down the body structure to a surprising degree and produce what is known as pain. If the scientist in his laboratory combines certain elements according to the law of affinity and produces a harmonious result he is rewarded, but if he mixes the wrong chemicals he may blow himself to bits. Just as logs placed upon a fire serve their purpose and their elements are changed but not destroyed, the original elements of any form are eternal. A place where water has been may become dry but the hydrogen and oxygen which compose the liquid go on forever and may at any time return into form. It is the action and reaction of chemicals that produce the personality which consequently must be ever changing, but the soul which is the sum total of the original elements remains forever the same - indestructible and eternal.
178 私達の想念さえも化学的組成物です。私達は私達の身体が無数の化学物質から構成されていることを良く知っていますし、私達の身体が意識的想念で染み込まない限り、行動しようとしないことにも気付いています。人が無意識の状態にある時、その身体は不活発です。それでも身体の諸器官は構造を構成する細胞間で生じるわずかな化学反応により機能を継続することは確かですが、これさえも無期限に続くことはありません。如何なる身体の運動も身体を構成する諸元素の化学反応抜きに起こることはありません。何故ならエネルギーを作り出す為には化学反応が必要だからです。各物質の原子の中には父母性の化学としての潜在力が存在しますが、如何なる形式の活動奉仕にせよ必要な動的エネルギーとして知られるものを作り出すのはこれら諸元素の反応なのです。唯一、別の化学物質が化学反応を作り出し、身体の行動に想念が必要だという事実は、想念自体が化学物質であることを意味します。例えば、人が平安な心の状態に在る時、人は食物を摂取し、その身体はわずかの反対する反応もないまま鉱物を同化するでしょうが、良質な料理を食べ、その後、憎悪或いは恐怖で高濃度に集中した想念に身体を置いた場合、化学物質の反応は直ちに医者やかなりな量の重曹を必要とさせることでしょう。恐れ、憎しみ、我がまま、妬みその他は身体の化学成分に一体化した暴力的反応を作り出します。怒りの発作は化学的燃焼以外の何物でもなく、身体の構造を驚く程、引き裂きますし、痛みとして知られるものを作り出します。もし、実験室内の科学者が親和の法則に従ってある種の元素を組み合わせ、調和的成果を作り出せば報われますが、誤った化学物質を混ぜれば、自分自身を粉々に吹き飛ばすことになるかも知れません。火に置かれた丸太がその目的を果たすように、それらの元素は変化を受けますが、破壊はされず、如何なるものも元の元素は永遠です。水が有った所は乾くかも知れませんが、水を構成する水素や酸素は永遠に継続し、いつかは再び形あるものに戻って来ることでしょう。常に変化し続けることになる個性を作り出すのは化学物質の作用であり、反応ですが、元来の元素の全体合計である魂は永遠に同じまま、破壊されることなく、永続するのです。



【解説】
 私達一人一人が動く化学工場、化学実験室だという訳です。各種の原料が様々な分野から搬入され、各々の受け入れ装置を経て体内に導入されるや、様々な設備が所定の反応操作を実行し、それぞれの中間製品を作り上げます。その中では古くなった部品の交換に活用されたり、設備自体を運転する為のエネルギーも生み出すことになります。(「ご飯一杯150g、約250キロカロリー」は食物の燃料表示です)
 このように私達の体内で起こっている作用は化学反応なのですが、私達の発する想念も化学的組成を有していると解説されています。現代の脳科学でもセレトニンをはじめとする脳内物質が人間の感情に関連していることを明かしていますし、精神科で処方される治療薬にも様々な化学物質が用いられているようです。ある物質が精神状態を鎮めたり、逆に興奮させたりするという訳です。
 私達の日頃の精神活動に伴って、様々な化学物質が体内で生成され、それらが具体的な身体細胞に影響を及ぼしているということでしょう。
 まさに私達自身、動く実験室であり、毎時間の自分の心の状態が身体やその他の環境にどのような影響を及ぼしているかを実感することが大切です。私達が出来ることは、自分の心にどのような想念を取り入れるかであり、良い結果をもたらすためには、常に自らの心の状態を監視し、本来の方向性を保つ必要があるのです。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」 第16章-段落177

177 The Cosmos is ever active, constantly changing, and regardless of how little interest the average layman has in scientific subjects there is not one individual in the world who is not conscious of that ceaseless activity which is going on about him every moment. The growth of flowers and trees, the falling of rain and snow, the evaporation of liquids, the expansion of metals under the influence of heat and their contraction under cold, the fermentation of vegetable matter, the oxidation of minerals, the perpetual construction and disintegration of forms cannot possibly escape the attention of even the least observant of men. If we were to carefully gather all the gases that rise from a burning log and the ashes that were left after the fire had done its work we would find that nothing had been lost in the process of transmutation. There is no such thing as total destruction. The religionist looks more or less indifferently upon all of this changing phenomena, labels it the "work of God" and accepts at its surface value but the men of science have gone beyond the surface and uncovered the interesting and illuminating fact that life as a whole is the effect of an eternal process of chemicalization and that in the knowledge of Cause chemistry lies the victory over life and death, creation and recreation, joy and pain. The universe is nothing more or less than an immense chemical laboratory in which elements are combining constantly to produce the innumerable forms of expression or manifestation. The water, fire, earth, air, and the inconceivably fine ethers above the atmosphere of the earth are all chemical compositions. Light and darkness, love and fear are all chemical reactions.
177 宇宙は永久に活動的であり、常に変化し、平均的な通常人が科学的課題に対して如何にわずかしか関心を持たなかったとしても、自分について毎瞬起こっている休むことのない活動について意識しない者は、この世界に誰一人居ません。花々や木々の生長、雨や雪の落下、液体の蒸発、熱の影響下の金属の膨張や寒さの中でのそれらの収縮、植物性物質の発酵、形あるものの永久的な形成と分解は皆、どんな鈍感な観察者の注目をも見逃されることはあり得ません。もし、私達が燃える丸太から立ち上る気体を全て集め、火がその仕事を終えた後に残った灰を注意深く集まるなら、私達はその変質過程において何一つ失われたものが無いことに気付くでしょう。完全な破壊というようなものは存在しないのです。宗教家はこの変化の現象の全てを多少とも無関心に眺め、それを「神の御業」とレッテルを貼り、表層的な価値を受け入れますが、科学に根ざす人はその表層を越えて、全体としての生命は化学作用の永遠なる過程の結果であることや宇宙的化学の知識の中に生死や創造と再生、喜びと苦痛を超えた勝利があるという興味深く啓発的な事実を発見して来ました。宇宙空間とは諸元素が無数の表現の形あるものや現出物を常に結合させている巨大な化学実験室以外の何物でもありません。水、火、土、空気そして地上の大気の上部にある思いもよらない微細はエーテル体等、全ては化学的化合物です。光と闇、愛と恐怖も皆、化学反応なのです。


【解説】
 万物が流転すること、宇宙は絶え間ない変化・活動の中にあることは大空に湧く雲が刻々形を変え、瞬く間に移り行くことからも知ることが出来ます。本項の主題である物質の化学変化は、これら諸々の活動が外観上は消失したり、破壊されるように見えるとしてもその実際は、内部の元素同士の結びつきが変化しただけで、これら化学的変化が宇宙を支配していることを意味しています。
 このような変化は人間についても言えることです。私達の肉体は心が休止していても休むことはありません。一刻一秒休みなく身体組織は所期の役割を果たしています。また、私達が毎日摂取する食べ物や毎回呼吸する空気は私達の身体を通り過ぎる元素と言うことが出来ます。それらは一時期、人体を構成し、再び排出されて別の生き方に進んで行く元素達です。
 私達自身もそうする中で様々な体験をしながら、進化の道を歩むという訳です。
 本項の主題である宇宙におけるこうした変化の源は原子間の結合、分裂作用、即ち、化学作用なのだということです。本項は、私達は表面的な現象の奥にあるこれらミクロのより本質的な活動に目を向けなければならないと教えています。私達の身体を介して様々な元素が通り過ぎて行きますが、それら元素達への感謝の気持として出来る唯一の礼儀は、私達自身が良い想念、感謝の気持を保つことや各元素を優れた体験を経験させることにあることが分かります。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」 第16章-段落176

16 THE CHEMICAL UNIVERSE
176 There is nothing in this world that does not speak the universal language and reveal the secrets of the Cosmos if we are alerted to the frequency of that which we observe. It is through this small world of ours that we can gain our understanding of the cosmos, and such knowledge can come through unceasing research regarding the elements which compose our earth, atmosphere, and the various forms upon the earth.
第16章 化学的な宇宙
176 私達が観察するものの周波数に私達が機敏であれば、この世界で宇宙普遍の言語を語り、宇宙の神秘を明かさないものは何一つありません。私達が宇宙の理解を得ることが出来るのはこの私達の極微の世界を通じてであり、こうした知識は私達の大地や大気、そして地上における様々な形あるものを構成する元素に関して絶え間ない研究を通じてもたらされることが出来るのです。


【解説】
 私達が生きる上で最も必要な知識は各元素の声とも言うべき微小な波動から来るとしています。それも単なる紙の上の知識でなく、直接的に各元素が持つ英知とも言うべき知識にアクセス出来ることが重要な点です。
 また、注目すべきはその道に至るには自らの心をこのような極微の動きも察知出来るよう鋭敏にして置くことの重要性です。心が騒いでいても、また心の関心事が他に向いていても、この極微の動きには気づきません。
 そのように考えると人の価値はこの感受性にあることがわかります。同じ作品を見て、感動を覚える人と何らの関心も示さない人とでは大きな違いがあることが分かります。小さな生き物を見て、自分自身との関係を実感出来るか否かは大きな違いです。昆虫画家、熊田千佳慕氏の絵本の中の昆虫達は、それ自体、人間よりも大きな存在として描かれています。この絵本作家はミクロな世界にも卓越した感性を持っていたように思います。
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ