テレパシー 第2部 第1章

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落160

160 The Living Soul, given to man when the Creator breathed the breath of Life into his nostrils, does carry the True Book of Remembrance; but few who have lived, or are now living on earth, have as yet evolved in understanding to the place where they may read. True, on rare occasions we may be given a glimpse of a word here and there, and with understanding can interpret these correctly. But since most Earthlings have not yet learned sufficient control over the sense-mind, more than a brief glance cannot be vouchsafed them.
160 創造主が人の鼻の孔の中に生命の息を吹き込んだ時、人に与えられた生ける魂こそが真実の記憶の書を運んでいます。しかし、地球にこれまで生きて来た、あるいは現在生きている者で、その者達がそれを読み取る場所まで理解力を発展させた者は極くわずかです。真実の所は私達はまれにそこここで記載されている言葉の一瞥を与えられ、理解力により、これらを正しく解釈することが出来るかも知れません。しかし、ほとんどの地球人が感覚心に対する十分な支配を学び取っていない為に、わずかの一瞥以上のことを与えられることはないのです。



【解説】
 実は私達がこの世に生を受け、呼吸を始めた時に与えられた「生ける魂」こそ、真の記憶を保持するものだと本項で著者は説いています。つまり、私達自身も、個々の原子と同様、あるいはそれ以上に各自の体験の記憶の集積体を誕生の度ごとに引き継いでいるということでしょう。
 しかし、これら各自の記憶の書も残念ながら中身を見ることは現状、容易ではないのです。私達があまりに既存の感覚に支配されているために、それらに同調することが出来ずに居るという訳です。
 このように私達自身が自分の生命本体の中に記憶を保持しており、死を迎えてもその先の転生に記憶が継承されるということなのです。テレパシー探求は私達自身を知ることでもあるのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落159

159 But to return to the true cell memory; because all manifestation consists of atoms, which, through creation and recreation are used and reused to make forms, the interrelationship between all things is self-evident. The atoms which now make up your physical body, previously contributed to the construction of innumerable other bodies and forms. And like the cells of the dwellings mentioned earlier which were impregnated with the vibrations received from the occupants, the cells of the body will carry memories received from each manifestation.
159 しかし、真実の細胞の記憶に戻れば、全ての創造物は原子から構成されており、それら原子は創造につぐ創造に何度も再活用されている為、万物の間に相互関係があるのは自明のことです。今や貴方の肉体を作り上げている原子達はかつては無数の他の肉体や形有るものの建造に貢献して来ました。そして以前述べた住居の細胞のように、占有者から受け取った振動を染み込ませており、肉体の細胞も個々の創造物から受け取った記憶を運ぶのです。



【解説】
 原子の一つ一つが実は想念を記憶するということは重要なポイントです。これまでの私達の常識からは考えられないことですが、例えば今日の地球の技術レベルでも、デジカメや携帯の中のほんのわずかの素子の中に長時間の動画も記憶される時代となっており、原子の中の周回電子の波動の中にこれら記憶が書き込まれることも十分有り得るものと思われます。
 これら原子の記憶を理解することが出来れば、私達はこの宇宙の成り立ちや歴史についても多くを学ぶことが出来る筈です。私達がテレパシー能力を身に付ける意義はこの点にあると言えるのです。
 私達は自身の中から必要な知識を引き出して、人々の役に立つ成果を出すためにテレパシー能力を活用すべきであり、その道程に個人の栄誉は関係ないのです。何故なら、その成果はこれら微小な原子達の持つ記憶に由来するからです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落158

158 Over the years I have made an interesting observation regarding these "memories." It is indeed rare to find an individual who claims to remember being just plain Mr. Average Citizen. These memories-which in many instances can seem very real-usually involve illustrious persons; everyone from the high priests who officiated at the initiation ceremonies in the Great Pyramid, to more recent characters of history familiar to us all. The vast majority of these are not even cell memories . . . they are simply man exalting his ego.
158 何年にもわたって、私はこれら「前世の記憶」に関して興味深い観察を続けて来ました。全くのところ、自分が只普通の一般市民であったことを覚えていると言う個人は珍しいのです。多くの場合に大変リアルに見え得るこれらの記憶には、通常著明な人物が含まれており、偉大なピラミッドの開始儀式を司祭した高位の僧侶から、新しくは私達全員が良く知っている歴史上の人物までが含まれています。これらの大多数は細胞の記憶どころではありません。それらは人を増長させる自分のエゴの為せるものです。


【解説】
 私達が心しなければならないのは、テレパシー能力、即ち印象の感知力が高まるにつれて、その高まった能力を正しく用いることであり、決して他人への優越感の道具として用いてはならないことです。ましてやほんのわずかの断片的印象を得たとしても、それば自身を高める為に利用されるのであれば却って逆効果になるという訳です。
 多くの場合、自身が少し階段を登れたからと言って、その差は微々たるものであり、自我を高めてしまえば、すぐに下落すること間違いありません。自らを創造主の前に謙虚にさらけ出してその不遜を詫びるのみです。
 このように多くの困難がある道程ですが、独り創造主に誠実に自らを戒めて生きる道はゆっくりでも確実な歩みになるのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落157

157 This accounts for most of the so-called memories of previous lives. A person may receive an impression that he once lived on earth as Julius Caesar, and his ego will be inflated. But in reality, a few cells of his body may be composed of atoms which were once present in the body of Caesar.
157 このことはいわゆる前世の記憶と呼ばれるものほとんどに当てはまります。ある人は自分がかつてジュリアス・シーザーとして地球に生きていたという印象を受けるかも知れませんし、そのことでその者のエゴは増長させることでしょう。しかし、実態はその者の身体の細胞のわずかがかつてシーザーの肉体に有った原子から構成されていたに過ぎないのかも知れないのです。



【解説】
 一方で私達がこのような原子達の持つ記憶にアクセス出来るレベルまで発達した場合でも、本項に説かれているような注意点が必要であるという訳です。
 とかく私達は自我を高めることに執心しがちです。ほんのわずかの原子が本項で例示されるような著名人を構成した体験を所持していたとしても、それは私達の自我とはあまり関係はありません。感受した印象を自我のプライドを高める為に利用すべきではないのです。
 テレパシー学習を進めるにつれ、私達は感受性を高めることになりますが、そこにも課題はあり、自我を有頂天になって高慢になるようでは、テレパシー能力を得たために却って問題を抱えることになってしまいます。
 そうした意味からも私達は注意深く創造主に誠実に一歩一歩、精進の道を進む必要があるのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落156

156 So it is with Man. The atoms of his physical body-made from the "dust," or atoms of matter-have been used and reused throughout eternity. Thus, these miniature universes carry an indelible memory of the experiences they have participated in during each manifestation.
156 ですから、それは人間についても同じです。「チリ」、即ち物質の原子から作られた人間の身体の原子達は永遠の時を通じて、利用され、再利用され続けます。こうしてこれらミニチュアの宇宙(訳注:原子を指す)はそれらが各々の創造物での間、参画した諸体験について消し去ることのできない記憶を運ぶのです。



【解説】
 私達の身体には60兆個もの細胞があるとされていますし、その一つ一つの細胞はこれまた膨大な数の分子・原子によって構成されている訳です。この膨大な数の原子は各々の創造物を担う中で体験を積んでいるとすれば、宇宙開闢以来の長い歴史を各原子は知っていることになります。
 これらの時間軸の下で見れば、私達各人の一生など、取るに足らない短い一瞬の出来事であり、私達自身が一生の間に体験することもわずかなものでしかありません。
 こうした中、私達自身の中には、これら無尽蔵と言って良い程の知識を持った原子達が存在することは大変重要です。ほんの一瞬でもこれら原子達が保有する記憶にアクセスすることが出来れば、素晴らしい世界が開けることでしょう。私達各人は自分自身の中に膨大な図書館を保有しているのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落155

155 Let us now sow a totally different species in the bed. These new seeds will draw their sustenance from the soil enriched by the decomposition of the first plant, and in so doing they will use the very atoms that once made up that plant. Therefore, these same atoms are now bringing a new form into manifestation, yet basically, they have in no way been changed.
155 今度は苗床に全く異なる種のタネを播いてみましょう。これらの新しいタネは最初の植物の分解物によって豊かになった土壌から自分達の滋養分を取り込むことでしょう。また、そうする中で、それらは以前の植物をかつて作り上げた同じ原子を用いることになるのです。それ故、今やこれら同じ原子が新たな形あるものを現出させており、しかも原子は基本的に何ら変わっていないのです。




【解説】
 本項は庭の枯れ草で作った堆肥がやがて腐葉土となって庭土を豊かにし、そこに蒔かれた新たな植物を形成するという自然のサイクルの本来の意義を説いています。
 私達の目にとっては確かに新しい花が育つことのように思えますが、その根本の所の原子は不変で、活用される植物の種が異なるだけだという訳です。
 同様により広い目で見れば、この地球という庭にあらゆるものが、生存・死滅を繰り返し、絶えず循環の道の中で歩んでいることが分かります。従って重要なことは、これらの永続的作用を妨げるような要素を生み出さないことであり、この循環過程の中に有害物の濃縮その他を極力防ぐ必要があるのです。今日"持続可能"という言葉を多く聞きますが、その意義はこれら自然界における物質循環を大事にすることを意味しています。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落154

154 Our gardens furnish a very understandable example of this law in operation. The flower matures, broadcasts its seed, then dies. Through decomposition, the plant will return to the dust from whence it came; thereby releasing into the soil and the atmosphere, the atoms which once formed its body.
154 私達の庭はこの法則が働いている大変分かりやすい例を提供して呉れています。花々が円熟し、その種を散らすとやがてそれは死にます。分解を経て、その植物はそれが生まれたチリに還ることでしょう。その結果、かつてその身体を形づくった原子群は土や大気に解放されるのです。



【解説】
 このように分子・原子が私達の身体も含め、あらゆる生きものを形作り、その生存を担う一方、その生きものの役割の終わりとともに再び元の状態に戻り、次なる創造に備えるという訳です。このように外見上は万物は消長を繰り返し、変化するもののように見えますが、実際にそれを担う分子・原子達の存在は変わることはありません。何ら変化することなく、各創造物の一員であった時の経験を積むのです。
 即ち、万象を分子・原子のレベルで見れば、それらは知性を保ち、一糸乱れぬ調和の下、行動をとる等、驚くべき活動を行っています。膨大な数の個体が一斉に同期した行動をとる等、法則の実現を担っているのです。
 これらの状況を古来の人々は山川草木万物に神宿ると洞察していたものと思われます。季節の移り変わりの中で繰り返す植物や動物の死と復活の様子から、私達は本項の内容を学ぶ必要があります。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落153

153 Primal Matter, the Mother principle of creation, preceded form . . . and is indestructible! Through the law of attraction and repulsion the tiny atoms composing matter are gathered together to build a form; but eventually that form will disintegrate and the atoms will be set free, to be used again in manifesting yet another form. For, "dust thou art, and unto dust shalt thou return," Gen. 3:19.
153 創造の母性原理である原始の物質は形に先立って存在し、それは不滅のものです。吸引と反発の法則を通じて物質を構成する小さな原子は形あるものを作り上げる為、集められているが、いつかはその形あるものは分解し、その原子は自由にされます。更に別の形あるものを再び現出するのに用いられる為に。何故なら「汝はチリゆえにチリに帰る」(創世記第3章19節)からです。



【解説】
 何かが創造される時には、様々な要素がその創造作用に向かって集積し、新しい形あるものを形成します。春の芽吹きはその動きの早さに驚かされるものです。以前、竹林で竹の子を見たのですが、1時間ほどの間にも何センチか伸びたように思えたものです。
 春は創造の季節でもありますが、その間に内部で起こっている創造の出来事は実に大規模で活発なものとなっています。これらはいずれも一度、分子原子が活動期になると驚くべき速さで創造作用が生じるのです。
 このように創造を担う分子原子ですが、やがてその役割を終えれば次なる創造への準備としてその物体を崩壊・解放します。私達自身もこれら一連のサイクルの中の一コマとして生かされているのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落152

152 The cells of manifestation are composed of manifold combinations of these atoms. All matter, ranging from the most dense, or what we call mineral, through the varying stages of form until we reach space itself, is composed of these tiny electrically charged atoms vibrating at different rates. So you see, contrary to the information received through the physical senses, form is merely space surrounded by inconceivably small particles of force. Yet it is the action of these tiny units that produces all visible and invisible phenomena. Manifestation is born out of the potential force, or basic vibration within the atom, which, through the law of affinity, forces the particles to unite.
152 創造物の各細胞はこれら原子の多岐にわたる組合せから構成されています。最も密度が高く私達が鉱物と呼んでいるものから、私達が宇宙空間自身に到達する様々な形からなる段階を通じて、全ての物質は各々異なる速度で振動している小さい荷電した原子から成り立っています。ですからお分かりのように、肉体の感覚を通して受けた情報に反して、形あるものは想像も付かない程小さくフォースを持った粒子によって囲まれた空間に過ぎないのです。しかし、全ての目に見える、あるいは見えない現象を造り出すのは、これら微小は単位の活動なのです。創造はこの潜在力あるフォース、即ち原子の内側の基本的な振動から生まれますし、それは親和の法則を通じてそれら粒子に結合するよう働き掛けます。




【解説】
 以前読んだ本に原子の質量のほとんどは中央の原子核にあって、周囲の空間を形成する電子にはほとんど質量がないとされていたことを思い出します。(原子核を構成する陽子や中性子の1800分の1程度)つまり、私達が触る物質は電子が形成する空間に触れているに過ぎません。
 原子の最外郭の電子が形成した空間の境目を私達は物体と認識しているのであり、そのほとんどは空間な訳です。それら空間が集積し、結合し合って様々な物体が形成されていることになります。
 またそうであるならば、これら原子達は何か原子達に指令する存在の意図或いは意思に従って、それぞれの物体を形作っているに違いありません。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落151

151 Every form is composed of definite measurements of space, surrounded by energized particles of force. All substance is made up of these tiny units, which we call atoms. An atom may be compared to a miniature solar system containing a central sun, around which, in definite orbits, revolve negative electrical charges, or units of force. The central sun, or nucleus of the atom, is a positive charge; equaling perfectly the total number of electrical charges revolving about it.
151 あらゆる形あるものは、周囲をエネルギーを持った粒子群によって囲まれた特定の寸法を持った空間によって構成されています。全ての物質はこれら微細な単位から成り立っており、それらを私達は原子と呼んでいます。原子は中央に太陽を持ち、その周囲の特定の軌道をマイナスの電荷あるいは力の単位が周回しています。中央の太陽、あるいは原子核はプラスの電荷であり、その周囲を回る電荷の全数と完全に等しいのです。




【解説】
 全て形あるものは原子からなり、その原子は太陽系に相似するという訳です。マクロの宇宙もミクロの世界も同一の原理が貫いているということでしょう。こうした中、私達は自分自身も含めて形あるものは皆、同じ構成であり、外周の形は物質を形づくる電子の力によって形成されているのです。私達が美しいだの、形がどうのと言っていても、皆同じ構成要素から成り立っているのです。
 おそらくそれら物質の基本構成要素の中で最も重要なのは、"核"と呼ばれる部分ではないかと考えます。細胞で言えば細胞の核であり、その細胞の遺伝情報を含有しています。その延長で言えば、原子の核についてもより大きな意義があるのではないかと考えられます。これらから分かるように、原子核を勝手に解体させる等の核分裂操作は、膨大なエネルギーが出る一方で、私達が理解出来ていないような、より大きな問題をもたらしている可能性があるように思います。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落150

150 When man gives any thought to material substance, he is very likely to accept the image given to him by those organs of deception, the eyes, which hold to the solidity of matter; so he believes a vast difference exists between matter and space. Yet, in the laboratory we have discovered that form is not solid; but may be likened, as one writer expressed it, to a mass of soap bubbles.
150 人が物質的な物に何らかの想念を与えようとする時、人は欺く器官、即ち物質の固体性に執着する眼によって与えられたイメージを受け入れ易いものです。その結果、人は物体と空間とでは莫大なる差異があると信じているのです。しかし、それでも実験室で私達は形あるものは硬いものではなく、ある作家が表現したように、形あるものは石鹸の泡の塊に似ていると表現できることを発見しているのです。




【解説】
 本項を極論すれば、私達が見ている全てのものには実体がない単なる泡のようなものだということです。既に私達は原子は太陽系のようなもので、中央の原子核に大部分の質量があり、その周囲を惑星と同様に電子が周回し、雲のように取り巻いている原子モデルを学んでいます。即ち、私達が触れているのは、この周囲の空域であるのです。
 目には様々な色や形が見えますし、多様な変化を認める訳ですが、本質的にはこのような泡であり、そのほとんどが空間であるというのが真実の姿だということです。
 このように本項で説かれている教えは、実は般若心経で説く"空"の概念と同じです。全てのものの本質は空間であるとするこれらの教えは源を一にしていることに私達は注視し、仏陀も同じ他惑星文明に起源を持つことに気付かなければなりません。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落149

149 The average person is generally little concerned with the composition of space, for he conceives it to be a vast void existing between planets. The suns, planets and planetoids visible to the eye, he recognizes as form; but the space between these bodies appears to him as nothingness. However, our scientists know that space is a sea of activated attracting and repelling force, always in motion.
149 通常の人は一般的に宇宙空間の構成にはほとんど関心がありません。何故なら宇宙空間は現存する惑星の間にある膨大な空(カラ)の空間だと考えているからです。太陽や惑星それに小惑星を形あるものと認識していますが、それら天体の間の空間は何も無いように見えているのです。しかしながら、私達の科学者は宇宙空間は活性化された吸引と反発の力から成る海であり、常に活動状態にあることを知っています。




【解説】
 よくある言い伝えに、"空中から何かを出現させた"等々の話があります。普通考えれば"有り得ない"とするところですが、中にはあながち嘘ではないと思われるような事例もあるようです。
 実は私達を取り囲む空間には、様々な分子・原子が詰まっているといえば驚かれる方も多いのではないでしょうか。しかし、1辺1mの立体の中には質量1キログラムの物質が詰まっていることはよく知られているところですし、空間に分子・原子が詰まっていなければ、飛行機の翼で揚力を得ることも出来ないのです。
 さて惑星を生み出す宇宙空間については、更に多様な分子・原子が詰まっていると考えるべきでしょう。むしろ、宇宙空間の圧力によって天体が球形に形成されているのかも知れません。
 このように肉眼では何も無いように見える所にも、多くの分子・原子があり、創造の命令に従っているということです。各自の放つ想念・印象に対して、これら空間で待機している分子・原子が呼応することは十分考えられる訳です。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落148

148 Before going further, I believe it would be well to discuss the importance cell impressions play in our lives. To do this, we should have some understanding of the physical composition of both tangible and intangible manifestation.
148 先に進む前に、私は私達の生活の中で細胞の印象が果たす役割の重要性について論議した方が良いと考えています。そうする為には私達は有形及び無形の創造の現れに関する物理的な構成について幾分かの理解を得ている必要があります。




【解説】
 私達自身の生命維持が、これら微小な肉体細胞や腸内に生きる多くの細菌によって遂行されています。細胞にしても細菌にしても直接目で見ることは出来ず、観察する為には高性能の顕微鏡を用いる他ありません。
 これら目に見えない存在ですが、この微小な生きもの達は、整然とした一連の活動を行いながら私達の生命を支えて呉れています。食物が口から摂取されてから排泄されるまで、体内で行われている諸反応は皆、これによりますし、それらの活動が無ければ私達は1日たりとも生きて行けないのです。
 このように微小な生命体が私達を支えている訳ですが、私達はその存在にほとんど気付いておりません。自分が毎日生活していることを当たり前のことと思っています。しかし本項で説くように、全てのものはそれが現れる為には、目に見えない段階の世界における積極的な活動があり、それらが結実した結果として、目に見える大きさの創造が達成されることに私達は気付かなくてはなりません。全ての結果は、より微小な存在の働きかけが継続してはじめて生まれ出るのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落147

147 Though the person is not aware of using telepathy in this instance, the inanimate manifestations of the plant world definitely respond to the love pouring out from the mind of the individual. This phase of telepathy is little understood and almost never used consciously by Earthlings, for its application calls for a thorough knowledge of man's unity with nature. It is just as easy to exchange mental impressions with plants, vegetables, trees, minerals, etc., as it is with another human being.
147 その人物はこの場合、テレパシーを用いていることに気付いていませんが、植物世界の無生物的造形物はその個人の心から注がれる愛情には断固として応えるのです。この側面のテレパシーは地球人にはほとんど理解されておらず、これまでもほとんど意識的には用いられて来ませんでした。何故なら、その応用には自然との人間の一体性についての完全なる知識が必要となるからです。植物や野菜、木々や鉱物と心の印象を交換することは、他の人間の場合と同様に簡単なことだからです。




【解説】
 古来の人々は自然界の全てのものに自分と同等の人格を認め、親しんでいたように思います。米国のインディアン、豪州のアボリジニー、更には北海道のアイヌ等、数多くの民族がその伝統を伝えているところです。
 "山川草木、皆神宿る"とするように、私達の祖先もまた、自然界に人格を見出し、敬っていたと言えるでしょう。
 これらはいずれも、本項では原子・分子に遡る微小な存在が各々知性を持ち、意思を有すると教えています。私達の愛でる想念に対して植物達はそれに呼応し、ますまずその美しさを表現して呉れることになるという訳です。
 各自の感じ取る想念と同期してその者を取り囲む環境が呼応した変化を遂げるということにもなります。従って自分が正しい本来の道を歩んでいるかどうかは、本人が一番良く分かることになります。精進が進むにつれて、良い環境が否応なしに出現することになるからです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落146

146 Another good example of telepathic exchange between human and inanimate nature, can be found in people who possess what we call a green thumb. Everything grows abundantly for them, for while they are planting they unconsciously commune with the soil and the seedlings. You will notice these people know each plant intimately, pointing with pride to those which are thriving, and feeling concern for the plight of the sickly.
146 人間と無生物との間のテレパシー的交流のもう一つの良い例は、いわゆる園芸の達人とされる人々に見い出すことが出来ます。それらの人々の為に全てが豊かに育ちますし、彼らが植えている間も、彼らは無意識に土や種と会話します。皆さんはこの人々が親しく個々の植物を知っており、すくすく育つもの達を誇らしく指差し、また、病いの苦境にあるものに対しては気に掛けていることに気付くことでしょう。



【解説】
 本項に関連して思い出すのは、ルーサー・バーバンクのことです。エジソンと同時代の育種家バーバンクの業績については、日本でもトゲ無しサボテンは有名ですし、他にもアイダホポテトやシャスタデイジー等々が知られているところです。
 植物と話が出来ると称されたこの育種家の著作は、日本でも戦前であったかと思いますが、"Training of Human Plant"(現在では"ヒト科植物の育て方"として発刊されています)が出版される程、注目されたときもありました。そのバーバンクは無数の植物の苗から最も適したものを瞬時に選び出し、交配させて次々に新しい品種を造り上げて行ったとされています。おそらく、その行動は本項で説くように、生物・無生物に係らず、相手と意思疎通が出来た人であった筈です。
 同様に実は私達自身も幼年期はこれら植物達と意思疎通を行っているように思えてなりません。何処の幼稚園や小学校を見ても、皆、元気に花を咲かせる植物達が立派な姿を見せているのには、不思議な感じがしていたからです。
 幼稚園その他の脇を通るたびに、例外なく豊かな花をつけている木々を見ることが出来るのは、園児達の素直な心と植物達が共鳴している姿のように思うからです。こうした高品位の想念のある所には、自ずと高品位に植物が育つということでしょう。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落145

145 Ninety-nine people out of every hundred consider thought only in relation to the human brain. They would be amazed to learn that every cell in their body, as well as every cell constituting any other form, is a thought-producing unit; for all manifestation is composed of atoms. We receive the illusion of divisions because of the different vibratory rates of the atoms; but in actual fact, the basic atoms making up the human body, and those manifesting as minerals, are the same. Thus, when we have an understanding of our true relationship to, and oneness with, all creation, we will be able to commune consciously with all phases.
145 毎100人の内、99人が想念というものを人体の脳とだけに関連して考えています。しかし、彼らは自分達の身体の一つ一つの細胞が他の形あるものを構成している個々の細胞ともども、想念を作り出す単位であることを知れば驚くことでしょう。私達は原子群の振動の違いの為に分裂の幻影を受け入れていますが、人体を構成している基本的な原子と鉱物を現出させている原子は同じものです。従って、私達が全創造物との真の関係と一体性の理解を得れば、私達は全ての段階のものと意識的に交流することが可能となることでしょう。




【解説】
 私達が対象に親しみを感じるのは相手と意見や印象を交わしあい、互いに意見や経験を分かち合うことにあるのですが、それはいわば相手と互いに想念を行き来することでもあります。
 即ち、想念・印象を交流出来ることが親しみの由来であるとすれば、本項に描かれているように、万物を構成する分子・原子に想念・印象を与え、更にはそれら微細な粒子の中にこれまで得た想念波動が蓄えられ、それらを交わることが出来るとすれば、大変大きな世界が広がっていることに気付きます。
 一握りの砂の中に、宇宙に匹敵する膨大な記録が蓄えられていることになり、私達は無尽蔵の知識の海の中に生きていることが分かります。従って重要なのは、これら各分子・原子に膨大な知識が詰まっており、テレパシー能力を高めることは、これらの中から湧き起こって来るインスピレーションにより多く気付くことを意味します。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落144

144 Those who receive these impressions are often referred to as "sensitives," but when properly understood, this is nothing more than an automatic reaction to the world of effect In other words, the effect of the strong emotions absorbed by the cells of the buildings, affected the individual. This is one phase of telepathy where the "feeling" within us is altered to, or communicates with, so-called inanimate substance.
144 これらの印象類を受信する者はしばしば「敏感な人」と評せられますが、適切に理解すれば、このことは結果の世界への自動的な反応以上のものではないのです。言い替えれば、建物の細胞によって吸収された強い感情の影響がその個人に作用をもたらしたのです。これは私達の内側の「フィーリング」がいわゆる無生物の物体によって変えられたり、それらと意思疎通を行うというテレパシーの側面の一つです。




【解説】
 前述までの事例は人が暮らす家自体に住人の放つ想念・印象が残留することを示していました。人が暮らすことから言えば、各自の身体こそ、その住人が放つ想念・印象をより以上に反映することになる筈です。即ち、身体の状態は各自が造り上げているものだとも言えるのです。
 当然、本人の想念レベルが向上すれば、肉体もそれと呼応して進化を遂げることでしょう。そう考えれば、本来、肉体の老化は本人の想念レベルの劣化が主な原因となっていることが分かります。日常の想念レベルの結果として、身体状況が存在するということです。
 従って、同乗記等で出て来る他惑星人達は衰えを知らず、楽しく充実した毎日を送っている訳で、彼らの高次な想念レベルが調和のとれた若々しい肉体として反映されているのです。各自の身体は日々の生きた教材であり、各自の精進を実証するものでもあるのです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落143

143 These impressions are known as cell impressions. The cells (or atoms) of the structure have absorbed the destructive or constructive emotions of the occupants, and have communicated these impressions to the cells (or atoms) of our body; causing either a feeling of depression or tranquility.
143 これらの印象は細胞印象として知られています。構造物の細胞(原子)が居住者の破壊的あるいは建設的な感情を吸収し、これらの印象類を私達の肉体の細胞(原子)に伝え、憂鬱なあるいは穏やかなフィーリングをもたらしていたのです。




【解説】
 本項は前述までの事例は想念が染みこんだ物体の原子が直接、私達の身体の細胞・原子に働きかけた結果であると解説しています。つまり、私達が想念・印象を感じるということは、私達の身体の各細胞を通して行われることを意味しています。言い替えれば、既存の四感覚は全く関与せず、一つ一つの細胞或いはそれを構成する原子・分子が想念・印象に反応することが、想念伝達の仕組みであるのです。
 このことはより柔軟で開放的な態度を保つことで、私達は身体各部の細胞、更には原子・分子に至るまで、その姿勢を調整し、その成果として自らの細胞を通じて、想念・印象を感じ取ることが出来ることになります。
 自身の姿勢・態度をそのような方向に統制・維持することによって、身体そのものがそうした高次の機能も発揮できるようになるものと考えています。想念は実現力を持つ中で、ご自身の健康管理にもこれら精神状態の訓練は役立つことになります。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落142

142 So we have proof that bricks and mortar do not make a house a home -- for a home is made from the harmonious thoughts of the people living in it. If at all possible, we will avoid the first house after our initial visit, for we will never feel at ease there; but we will revisit the second house as often as the opportunity presents itself.
142 ですから、レンガやモルタルが家屋を家庭に築く訳ではないという立証がある訳です。何故なら家庭というものはその中に暮らす人々の調和ある想念から作られるからです。もし出来ることなら、私達は訪問の後、最初の家は避けようとするでしょう。何故なら私達はそこでは決して落ち着かないからです。しかし、二番目の家は機会があれば何度も再来したいと思うことでしょう。




【解説】
 本項が示すように、各家庭の雰囲気はその家庭の構成員が放つ想念が造り出すと言えるでしょう。私達は毎日、どのような想念状態で送るかが家の雰囲気、即ちその家に染み付いた想念波動を決定しているのです。
 当然、私達は良い環境、良い精神状態を空間に残さなければなりませんし、それこそが家庭に影響を及ぼす重要な要素になっている訳です。昔の言葉に"修身斉家治国平天下"という言葉がありますが、想念レベルの及ぼす順として、自分自身の次に家庭があり、国があるということです。
 そもそも私達が何故、テレパシーを学び身に付けようとしているかは、私達自身が抱く想念がこのように周囲に大きな影響を及ぼすことにあり、より高次な想念・印象に親しむことによって、社会にも良い影響を及ぼす程の存在になり得るからに他なりません。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落141

141 Now, let us take an example of how equally strong, constructive emotions impregnate a dwelling. When we enter another house, a warm feeling of friendliness greets us at the door. In contrast to the first, the rooms may be small, the carpet thread-bare, and the view from the windows confined to shabby cottages across a narrow street; but the cells of this dwelling have been impressed with harmonious thoughts of love and laughter; and we instinctively respond to these emotions. We will find ourselves smiling unconsciously, and will settle back to absorb this feeling of peace.
141 今度は、如何に同様なる強い建設的な感情が住居に染み込むかの例を取り上げましょう。私達がもう一軒の家に入ると、暖かい友好的なフィーリングが玄関口で私達を迎えます。最初の事例の家とは対照的に、部屋は狭く、カーペットは擦り切れ、窓からの眺めは狭い通りの向かいの古びた田舎屋が見えるだけです。しかし、この住居の細胞達は愛と笑いの調和ある想念によって印象付けられていますし、私達は本能的にこれらの感情に反応します。私達自身、無意識に微笑んでいることに気付きますし、この平和なフィーリングを吸収する為、ゆったり椅子に座ろうとすることでしょう。




【解説】
 重要なのは想念・印象であり、物質・物体ではないということでしょう。私達が大切にしなければならないものは、外見や物質ではなく、それらに浸透している想念・印象であり、決して見かけでは決められないということがポイントです。
 日常的にも私達は自分の受ける印象を第一に行動しなければなりません。私のささやかな体験でも、自分が感じ取った印象に先ずは従って行動することで、自分が正しい方向に進んでいることが分かるというものです。自分の体験を積み重ねることで、その印象が正しいことを確かめられるからです。
 アダムスキー氏もよくインスピレーションを活用していたとされており、同乗記にも記されているように、他惑星人との会見にも活用されていました。彼ら他惑星人はもちろん、テレパシーの達人者達であり、互いの印象のやり取りに道具は必要ないのです。おそらく地球の野生動物、更には植物達もこれら印象の交流を行っていることでしょう。そうなれば、世界は素晴らしいものに見えて来る筈です。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落140

140 If we trace this feeling to its source, we will find one of two things. Either a tragic or terrible incident, involving the destructive emotions of intense fear and vehement hatred, occurred here, which impinged these emotions upon the cells (or atoms) of the house; or the thought-patterns of former occupants, or of those now living here, have filled the atmosphere with hatred, greed, selfishness and animosity. In either case, if people live continually surrounded by these strong emotions they will be affected adversely by them. It can, and usually does, bring dissension into their lives.
140 もし私達がその源泉に向かってこのフィーリングを辿るなら、以下の二つの事柄のいずれかを見い出すことになるでしょう。強烈な怖れと激しい憎悪の破壊的感情が含まれた悲劇的あるいはひどい事件がここで起き、それがこれらの感情をその家の細胞(あるいは原子)にぶつけたか、あるいは以前の居住者、または現在ここに住んでいる者達の想念パターンが辺りの雰囲気を憎しみや貪欲、わがままや恨みで満たしているのです。いずれの場合も、もし人々がこれら強い感情に囲まれて継続的に暮らしていると、それらによって悪影響を受けることになるでしょう。それは人々の生活に不和をもたらす可能性がありますし、通常は実際、そのような影響を及ぼしているのです。




【解説】
 この例から考えても私達は絶えず自分の周囲の残留想念からも人知れず影響を受けていることが分かります。また、同様に私達自身が過去に発した想念も物体に染み付いてその周囲の人々に影響を与えている訳です。
 よく知られているように地球には苛酷な歴史があり、近年だけでも大きな戦争が続いています。そのような環境からは決して良質な想念は生まれず、憎しみや怒り、悲しみや苦しみという生命本来の波長とは異なる低次な想念しか生まれません。こうした惑星の中にあっても本来の想念波動を発する人は闇の中の松明のような存在、人々を導く光となるべき人達です。
 「宇宙哲学」の本の表紙はこの松明が表現されており、これらアダムスキー氏の書籍が人々を導く光となることを暗示しています。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落139

139 From the outside the house may appear very attractive. Upon entering we may find ourselves in a spacious, well-furnished room, with large windows offering a wide view of a peaceful countryside. But with the crossing of the threshold a strong revulsion, a deep depression, or in some cases an almost tangible feeling of hatred seems to fill the air around us. This disquieting effect will disturb us as long as we remain in the house.
139 その家の外側からは大変魅力的に見えるかも知れません。中に入ると私達は広々して上等な家具に彩られた部屋があり、大きな窓が平和な田園風景を見せています。しかし敷居を跨ぐや、強い反感と深い憂鬱、またある場合には肌で感じるような憎しみの感も私達の周囲に満ちているように思えます。この胸騒ぎの影響は私達がその家に留まる間中、私達を掻き乱すことでしょう。




【解説】
 家というものは住人の放つ想念が染み込んでいると言えるでしょう。人が家の中に入って感じる雰囲気は物体である家の各部に染み込み、残留している住人の想念波動を感じ取っているという訳です。これについてはアダムスキー氏が英国を訪れた際、著名な城や教会を案内された時、中に入るのを断ったという逸話が伝えられています。それ程にアダムスキー氏は残留想念にも鋭敏であったということです。
 同様に私達の周囲にも様々な歴史的な遺物もありますが、昔の戦いで残虐な殺戮があったところ等、あえて立ち入る必要もありません。むしろ大自然の調和の中でリラックスした方が遥かに健康的と言えるものです。
 この地球の歴史は争いや殺戮が多く詰まっており、私達はこうした過去から反省することはあっても学ぶべきものはないと言えるかも知れません。それに代わって、未来や宇宙に目を向けて生命活動を探求することが有意義な道と言えるようです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落138

138 While this combination of thought vibrations bombarding us at all times staggers the imagination, if we take one vibration at a time it becomes understandable. A common example of how thought, or violent emotion-bear in mind that emotion is the expression of strong thought-will impregnate itself upon matter, can be found in the atmosphere of a dwelling.
138 この想念波動の組み合わせが常に私達に衝突して来るということは想像力をも驚かす一方、私達は一度に一つの想念を捉えるようにすれば、その想念は理解できるものとなります。想念ないしは激しい感情、即ち感情とは強い想念の表れであことを覚えていて欲しいのですが、よくある例として如何にしてそれらが物体にしみ込むかは、住居の雰囲気の中に見い出すことが出来ます。




【解説】
 おそらく想念は釣鐘の音のようにその帯びたものに長らくその振動は留まるものと思われます。そしてまた、それが振動している間は周囲のものに少なからず影響を与えるということでしょう。私達は感受する想念についてもそれが同調すべきものか避けるべきものかを注意して、受け入れるべきもののみに着目する必要もあるのです。
 同時に私達自身が発する想念はまた、他人にも大きな影響を与えることをよくよく自覚することが必要です。もちろん、自分自身の細胞が最も影響を受ける訳ですが、それは自業自得としても、他の者に悪い影響を及ぼすことは厳に慎まねばなりません。一方、優れた上質な想念は広く拡散することで多くの生きものの為になりますし、これら良質な想念を発することが善行でもあるのです。
 このように想念は物体に残留する為、私達は物体からも影響を受けることは十分に有り得るのです。そういう意味では私達の感受力が高まるにつれて、高次なものより、低次元の残留想念についても感受し易くなる為、より一層の精進が必要だということになります。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」第2部第1章-段落137

PART Ⅱ
Chapter 1 Cell to Cell Impressions
Chapter 2 Impressions From the Body Cells
Chapter 3 Effect of Emotions on the Body Cells
Chapter 4 Other World Impressions and Thought Habits of Earth
Summary - Part Ⅱ
Suggested Exercises

CHAPTER  I
Cell to Cell Impressions
137 Since there are over two-and-a-half billion people living in the world today-all of them thinking to some degree-we can readily see that we live in a veritable sea of thought. Not only do we receive thoughts from human minds, but since the cell structures of their bodies and all the cells that make up nature, are constantly broadcasting, we also receive impressions from these sources. To augment our conception of the immensity of this truth, we must realize that there is a perpetual blending and an interblending throughout the whole of the Cosmos. Therefore, it naturally follows that there is an intermingling of thought frequencies between the worlds. We will discuss this phase more fully in a later chapter.
第2部
第1章 細胞から細胞への印象
第2章 肉体細胞からの印象
第3章 肉体細胞に及ぼす感情の影響
第4章 他の世界の印象と地球の思考習慣
第2部要約
推奨される練習法

第1章 細胞から細胞への印象
137 今日、世界には25億人を超える人々が住んでおり、それらの全てが何らかの程度に思考していることから、私達は容易に私達が紛れも無い想念の海の中で生活していることが分かります。私達は人間の心が発する想念ばかりでなく、人間の細胞組織や自然を作り上げている全ての細胞が常に想念を発していることから、私達はまたそれらの源泉から出た印象も受信しています。この真実の広大さに関する私達の概念をさらに増大させる為に、私達は全宇宙を通じて永続的なる融合と混合が行われていることを実感しなければなりません。それ故、当然に世界の間での想念周波数の混ざりあいが起ることになります。私達はこの側面については章の後半でより詳細に述べることとしましょう。



【解説】
 本項からテレパシー講座第2部に入ります。ここでは地球で暮らす私達には他の人間から膨大な想念、また他の生きもの達の細胞それぞれからの無数の想念にも晒されていると説かれています。つまり、知覚しているいないに係らず、私達は膨大な数の想念の中で生きているのです。それは海の中に生きる魚と同じく、私達は想念の海の中で生きていると言えるのです。
 こうした中でどれが受け入れるべき想念で、どれを私達が避けなければならないかを知覚することは重要で、私達の進化に役立つ高品位な想念にこそアンテナを向けるべきです。
 とかく類は類を呼ぶというように、類似したレベルの想念に同調し易い為に、最初の段階は努めて良質なものを取り入れるよう努力することが肝要です。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落160

160 The Living Soul, given to man when the Creator breathed the breath of Life into his nostrils, does carry the True Book of Remembrance; but few who have lived, or are now living on earth, have as yet evolved in understanding to the place where they may read. True, on rare occasions we may be given a glimpse of a word here and there, and with understanding can interpret these correctly. But since most Earthlings have not yet learned sufficient control over the sense-mind, more than a brief glance cannot be vouchsafed them.
160 創造主が人の鼻の孔の中に生命の息を吹き込んだ時、人に与えられた生ける魂こそが真実の記憶の書を運んでいます。しかし、地球にこれまで生きて来た、あるいは現在生きている者で、その者達がそれを読み取る場所まで理解力を発展させた者は極くわずかです。真実の所は私達はまれにそこここで記載されている言葉の一瞥を与えられ、理解力により、これらを正しく解釈することが出来るかも知れません。しかし、ほとんどの地球人が感覚心に対する十分な支配を学び取っていない為に、わずかの一瞥以上のことを与えられることはないのです。


【解説】
 そもそも私達が生きものとなった瞬間に私達自身の中に記憶の書とも言うべきあらゆる知識が与えられたという訳です。同様なことは私達が母体から生まれて初めてこの世で呼吸した時点にも当てはまるのかも知れません。
 いずれにせよ、私達自身の中に本項で言う記憶の書が入れ込まれており、本来は各自が必要な時それらを調べ知識を得ることが出来る仕組みになっています。
 「記憶」については現在の私達の科学レベルでは頭脳の中に記憶場所があることになっています。一部の脳細胞がその内側に記憶を取り扱う役割を担っていることも確かでしょう。しかし、それがどのような形式で行われているのか私達は未だ知りませんし、その記憶がどのように活用されるかも分かりません。
 しかし、人体のユーザーである私達は実際の使用方法、活用手法について学んで行く必要があるのです。丁度、自動車のメカニズムは熟知していなくても、自動車を安全快適に運転することと同じです。大切なのはこれら記憶の書を如何に自分のものとして親しむかということでしょう。
 優れた講演者は原稿も見ず、長時間聴衆に向けて貴重な講話を行いますが、彼らは次々に語るべき内容をどのようにして得ているか不思議に思うことがありました。この時、講演者は自身の内側の記憶の書に長年蓄積して来た話題を状況に合わせて引き出し、聴衆の求めに応じて披露していると言うことが出来ます。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落159

159 But to return to the true cell memory; because all manifestation consists of atoms, which, through creation and recreation are used and reused to make forms, the interrelationship between all things is self-evident. The atoms which now make up your physical body, previously contributed to the construction of innumerable other bodies and forms. And like the cells of the dwellings mentioned earlier which were impregnated with the vibrations received from the occupants, the cells of the body will carry memories received from each manifestation.
159 しかし、真実の細胞の記憶に戻れば、全ての創造物は原子から構成されており、それら原子は創造につぐ創造に何度も再活用されている為、万物の間に相互関係があるのは自明のことです。今や貴方の肉体を作り上げている原子達はかつては無数の他の肉体や形有るものの建造に貢献して来ました。そして以前述べた住居の細胞のように、占有者から受け取った振動を染み込ませており、肉体の細胞も個々の創造物から受け取った記憶を運ぶのです。



【解説】
 これら私達の肉体を構成する原子は各々過去様々な生き物を形成し、いろいろな体験を経て来たもの達です。そうした様々な歴史を持つ膨大な数の原子群と私達は身近に暮らしているという訳です。
 そういう意味から、私達の第一の義務はこれら未来に続く者達に一刻一刻素晴らしい体験をさせ、それらを記憶させることではないかと考えます。こうした良質の体験をさせることがその後の世の中の進歩に役立つことにつながる筈です。
 私達は丁度、人体という惑星を任されている者と言えるかも知れません。60億の人間が住む星をどのように運営し、良好な状態に保つかについて常に心掛けることが大切です。また一つ一つの細胞や原子の持つ潜在力や経験も吸い上げて共に学んで行くことも必要でしょう。
 「全ては自分自身の中にある」という言葉は、こうした私達自身の中に本来広がっている知識の海について示唆したものでもあります。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落158

158 Over the years I have made an interesting observation regarding these "memories." It is indeed rare to find an individual who claims to remember being just plain Mr. Average Citizen. These memories-which in many instances can seem very real-usually involve illustrious persons; everyone from the high priests who officiated at the initiation ceremonies in the Great Pyramid, to more recent characters of history familiar to us all. The vast majority of these are not even cell memories . . . they are simply man exalting his ego.
158 何年にもわたって、私はこれら「前世の記憶」に関して興味深い観察を続けて来ました。全くのところ、自分が只普通の一般市民であったことを覚えていると言う個人は珍しいのです。多くの場合に大変リアルに見え得るこれらの記憶には、通常著明な人物が含まれており、偉大なピラミッドの開始儀式を司祭した高位の僧侶から、新しくは私達全員が良く知っている歴史上の人物までが含まれています。これらの大多数は細胞の記憶どころではありません。それらは人を増長させる自分のエゴの為せるものです。



【解説】
 本項はある意味、このような細胞の記憶、原子の経験について取扱いを注意すべきことを示しています。とかく私達は印象・インスピレーションを素晴らしいものとして自分自身を高揚させる傾向にありますが、その知識から学ぶ姿勢は大切ですが、それを根拠に自我を増長させるようなことはあってはならないのです。
 各人は自分は過去生において偉人であったと思いたい訳ですが、各々の人生を振り返れば、私も含めて大部分の者は今期の人生だけでも目を覆うばかりの未熟な者であった筈です。そういう意味でも到底他人に自分の過去生を自慢出来るような例は少ない筈です。
 しかし一方では、今期の人生においてそのような振り返りが出来ること自体、これまでと比べて格段の進歩をしているということでもあるのです。大切な点は、私達が少しずつこれら目に見えない微小な実体から贈られる印象に対して心を開き、それらと同期し様々な事柄を学びながら生活するということです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落157

157 This accounts for most of the so-called memories of previous lives. A person may receive an impression that he once lived on earth as Julius Caesar, and his ego will be inflated. But in reality, a few cells of his body may be composed of atoms which were once present in the body of Caesar.
157 このことはいわゆる前世の記憶と呼ばれるものほとんどに当てはまります。ある人は自分がかつてジュリアス・シーザーとして地球に生きていたという印象を受けるかも知れませんし、そのことでその者のエゴは増長させることでしょう。しかし、実態はその者の身体の細胞のわずかがかつてシーザーの肉体に有った原子から構成されていたに過ぎないのかも知れないのです。



【解説】
 私達は知らない内にこれら自身の肉体細胞の原子群から様々な印象を受け取り、また原子の記憶に触れているのかも知れません。実に広大無辺の知識の宝庫です。
 しかし、一方ではその記憶を自我のものだと勘違いすることもある訳です。自身が体験した訳でもないのに、それを自分の体験だと言い張る場合も考えられます。私達はこれら極微な粒子が持つ記憶を大切に取扱い、それに触れることが出来たことに祝福を感じなければなりません。それらを自我を高める目的で使用してはいけないのです。
 とかく前世の記憶とかいう話が出ますが、それはこれら細胞や原子の記憶とは別に自分自身の本体について明確に見えた後に明らかとなる意識レベルの記憶が理解出来てからの話であり、先ずは現在の自我・心の訓練こそ重要なところです。極微な存在である原子が記憶を持つ以上に人間には更に優れた記憶の場所があるに違いありません。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落156

156 So it is with Man. The atoms of his physical body-made from the "dust," or atoms of matter-have been used and reused throughout eternity. Thus, these miniature universes carry an indelible memory of the experiences they have participated in during each manifestation.
156 ですから、それは人間についても同じです。「チリ」、即ち物質の原子から作られた人間の身体の原子達は永遠の時を通じて、利用され、再利用され続けます。こうしてこれらミニチュアの宇宙(訳注:原子を指す)はそれらが各々の創造物での間、参画した諸体験について消し去ることのできない記憶を運ぶのです。



【解説】
 何事も体験により学び成長して行くものですが、原子についてもそれが取り込まれた身体を通じて経験したものが記憶されるという訳です。原子達は万物創生の時から様々な時代を経ている訳で、その経験と知識は私達の想像を超える内容を持つものと思われます。また、原子自身が宇宙の法則とも言える英知から逐次発せられる指示に呼応する能力を有していることはおよそあらゆる知識を持っている可能性があります。
 実質上、私達の肉体には細胞数だけでも60兆個あり、更にその細胞を造り出す原子の数となれば想像も出来ません。仏典には膨大な数の話が出てくる場面がありますが、実はそれほど多くの「師」が身近に寄り添っていることに私達は気づく必要があります。
 要は如何にしてそれら身近な「師」と会話し、自らの生涯と社会を豊かにするかが大切なところです。

ジョージ・アダムスキー「テレパシー」 第2部第1章-段落155

155 Let us now sow a totally different species in the bed. These new seeds will draw their sustenance from the soil enriched by the decomposition of the first plant, and in so doing they will use the very atoms that once made up that plant. Therefore, these same atoms are now bringing a new form into manifestation, yet basically, they have in no way been changed.
155 今度は苗床に全く異なる種のタネを播いてみましょう。これらの新しいタネは最初の植物の分解物によって豊かになった土壌から自分達の滋養分を取り込むことでしょう。また、そうする中で、それらは以前の植物をかつて作り上げた同じ原子を用いることになるのです。それ故、今やこれら同じ原子が新たな形あるものを現出させており、しかも原子は基本的に何ら変わっていないのです。



【解説】
 既に私達は植物や地中の微生物が大気中の炭酸ガスや窒素ガスを原料にして豊かな有機物を合成し、植物の根や茎葉、そして果実として実らせることを学んで知っています。
 低栄養の土壌はこれらの作用により、次第に豊かな土への変貌して行く訳です。まさに無(機物)から有(機物)を造り出す創造の作用が目の前で繰り広げられているのです。
 一方、人間もこの循環の経路の中に居ます。人間は植物とは異なり、直接的に地球を豊かにする機能はありませんが、その知識と行動力によって自然の活動をコントロールし、災害を防いだり、新しいエネルギーを取り出したり、地球規模で大きな効果や影響を与える存在になりました。
 しかし、その結果、一人勝手な展望から資源の無駄遣いや環境汚染を引き起こすに至っています。他の生き物はある意味、自分を犠牲にして環境全体の維持に奉仕している訳ですが、人間は自分のみ、自分の身内だけの幸福を前提にせせこましく生きているように思います。
 各人の肉体はいずれ土に還らなければなりませんが、自身が生きている間にどのような恩恵を他者に残したか、どれほど社会という土壌を豊かに出来たかが問われることになります。

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ganetworkjapan

アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ