生命の科学 第7課

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落287

287 In the next lesson we will explain this more thoroughly.
287 次の課ではこのことを更に徹底的に説明しましょう。


【解説】
 誰しも幼年期の記憶の幾つかは鮮やかに覚えているものです。それが何処に起因して記憶に保たれるかについては、その体験が意識レベルまで深まったものであったことが原因と思われます。
 前々項(285)の船と船長の話についても、両者が一心同体のような意識の融合状態にあったためのものですが、諸々のものに自分と区別なく一体化する所に、本学習のポイントがあるように思われます。
 これは芸術の分野では特にそうで、絵画を描く画家が描きつつある一枚の絵の中に自分の意識を没入させるように、意識を自在に移行させ、対象物との自他の区別を無くすことが対象を理解することに繋がるというものです。
 そういう意味からは、私達は自らの身体や自然界を通じて、最も知るべきは創造主ということになります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落286

286 This is comparable to all form life in relationship to conscious intelligence once man lives the oneness of life. And this is the way that I felt when I was on the ship.
286 これは一度、人が生命の一体性を生きるようになれば全ての形有るものの生命と意識の知性との関係は同様になります。そしてこれが私がその宇宙船にいた時に感じた状況です。


【解説】
 結局、私達が目指す宇宙生命との一体性は決して難しいものではないのです。全ての生きとし生けるもの達とは同じ「意識」で繋がっている訳で、それを中心に据えて生きていれば、全てが自と他の区別なく、互いの奉仕の中で各々の生命を全う出来るということでしょう。
 時、まさに春爛漫の季節を迎えようとしていますが、櫻や木蓮その他様々な花は皆、その種毎に連動して花を咲かせ、周囲を楽しませています。多くの草木が新芽を出し、花を咲かせるこの季節はまさに生命の絶えざる再生を表します。またその姿を通じて私達に生命の価値を教えるものでもあります。これら多くの生きとし生けるもの達と同じ世界に生きていることに私達は感謝しなければなりません。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落285

285 When I succeeded in doing this my mind felt that a vast door has been opened to an unlimited vision. And I experienced a full comprehension of things that my mind had never heard before. It was a feeling of no limitation, and everyone, including the ship, seemed to be a part of me. The ship seemed to become a living thing and for the first time I understood how a Captain of an ocean liner feels when his ship is sinking. In many cases he sends the crew away but he stays with the ship. And should he leave the ship he keeps looking back until it is seen no more, and he feels that a part of him went down with the ship. And a part of him did go down with it which he can never forget, for its impressions were so intense. You see the ship's life was also the captains life as they had lived together so much that they became like two persons, each sharing the others feelings. One was the intelligence of the captain, the ship was the servant, and through this they became as one.
285 私がこのことに成功した時、私の心は何か巨大な扉が無限に続く視野へと開かれているように感じました。そして私はかつて私の心が聞いたことのない、ある完全な物事の理解というものを経験したのです。それは無限の感じであり、誰もが、その宇宙船も含めて私の一部のように思えました。宇宙船は生きているもののように見えましたし、はじめて私は大洋を渡る客船の船長がその船が沈む時にどのように感じるかを理解しました。多くの場合、船長はその船員を退避させますが、彼は船に留まります。また彼が船から退去するにしても、彼は見えなくなるまでその船を振り返って見ていることでしょう。そして、自分の一部が船といっしょに沈んだと感じます。そして彼の一部は実際、それと共に沈んで行き、彼はそれを忘れることは出来ません。その印象がそれほど強烈だったからです。お分かりのように、その船の生命はまたその船長の命でもありました。両者はそれほどに長い間共に暮らした為、二人の人物のようになり、互いに他が抱く印象を分かち合っていたからです。その二人とは一人は船長の知性であり、船はその召し使いでした。そしてこれを通じて二人は一体になっていたのです。


【解説】
 意識を中心に生活する際の究極の状況が本項で言う一体感なのだと思われます。互いが意識レベルで融合する時、両者は一体となり想念も自由に交流でき、互いが感じることを分かち合えることになります。
 本項では船と船長の例が語られましたが、これは人と人なら尚のこと互いが一体となって同じ感動を得られることになります。詳しいことは分かりませんが、映画「アバター」では他惑星で住人達が生命の木を前に揃って祈りをする場面がありました。映画の中では何百という人々が一斉に同じ動作となって表現されています。一人一人が一つの細胞の役割を果たし、集団全体が一つの生命体を構成するようなイメージを伝えていました。
 意識レベルで互いに融合することの中には、新時代に相応しいより高次な人間の生き方に通じる要素が備わっているように思います。土星旅行の場合、そのような高速度で宇宙空間を移動する為には、おそらく乗員の全てが意識レベルにおいても一体化する必要があったものと思われます。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落284

284 At this point my feelings were mixed between mental curiosity and the cosmic purpose of the trip. So it was my duty as a mentalist to control myself and know that I meant nothing, but what I was about to learn meant everything. In other words I had to lend myself to my better self which was the conscious teacher, knowing that my personal toys would be there when I needed them.
284 この時点で私の印象は心の好奇心とその旅行の宇宙的目的との間に融合されました。そこでは心主義者として私の為すべきことは自分自身を制御し、私が示すものは何らの意味はなく、私がこれから学ぼうとすることが全てであることを知ることだったのです。言い換えれば、私は意識の教師であるより良い自分自身に自分を委ねなければならなかったのであり、それは必要になった時、私の個人的なおもちゃ(訳注:個人的な興味の対象物)は現れることを知っていたからです。


【解説】
 自分自身との付き合い方は容易ではありません。与えられた折角の機会でも、単なる浮ついた好奇心に支配されて大事なものを失うことも多いものです。アダムスキー氏にとっても、類似した傾向を持ったことを本項で明かしている訳です。
 その場合、舞い上がる心を諭して、より本質的な課題を目指すよう心を指導する意志があれば、後は意識がその後の支援をして呉れるというものです。この意識による支援を頼りに生きることが、重要なポイントということになります。
 多くの場合、これらが自動的に行われるようになると、その成果も増すことから、益々意識への信頼も高まり、印象を重視した本来の生き方が実現することになります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落283

283 When leaving California I walked into a small scout ship. It took me to a mother ship that was a different type from any I had been in before. There were many things to distract my mind from the purpose of the trip and I was interested, from the mental side of my nature, in all the strange looking instruments. But soon I realized my distraction and organized my faculties, remembering the purpose. This was not easy to do, for the mind is very selfish and wants to eat more than it can digest and by so doing it scatters itself in various directions. But my consciousness told me that on the return trip I would have time to observe all of these things and in the meantime I was to place my mind in unison with my consciousness that I might absorb the important lessons that were to be given.
283 私はカリフォルニアを離れるに際して、1機のスカウトシップに乗り込みました。それで母船まで行ったのですが、その母船はそれまで乗ったものとは異なるタイプのものでした。その旅行の目的から私の気をそらす多くの事物があり、私の心の側からすれば興味がある奇妙な形をした装置類がありました。しかし、直ぐに私は自分が気を散らしていることに気付き、旅行の目的を思い出しながら私の果たすべき機能について整理しました。これは容易なことではありませんでした。何故なら、心は大変自己中心的で消化できる以上のものを食べようとしますし、そうすることによって様々な方向に自分自身を分散させてしまうからです。しかし、私の意識は私に帰還の際にこれらすべての物事を観察する時間があることを教え、そうする内に私はこれから私に与えられる筈のその重要な教科を吸収出来る様、私の意識と調和させることとなったのです。


【解説】
 既に多くの読者が知っている「土星旅行」(1962年3月27日から30日)がどのように為されたかが、本項以降に記述されています。この土星旅行なるものは、アダムスキー氏の他の宇宙船同乗の場合と異なり、土星で開催された惑星間会議という特別な意義を持っていた訳です。
 また、この時の宇宙船のスピードに関しては、当時の協力者の間でも物議をかもしたことも有名な話です。なお、ちなみにその点に関して、アダムスキー氏は全くの意識による旅行をしたのではないかという疑問に対し、前回の解説欄(282)で、私が会ったエマ・マーチネリ女史から与えられた逸話として、エマがアダムスキー氏にその件を問いただした所、氏は髭剃り用の安全かみそりを持参したと話され、通常の肉体のままの旅行であったことを紹介済です。
 さて、この宇宙船は高速で飛行する為の特殊なものであったようです。詳しくは語られませんが、確か「土星旅行記」の中では宇宙船から出た時に、一同の身体が光っていたという記述があったように記憶しています。それ程にその宇宙船の内部は特殊な機能に溢れていたものと思われます。そうした光景が目に浮かぶようになれば、少なくても私達は自らの意識を浸透させて、著者と同じ状況を垣間見ていることになります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落282

282 Here I will endeavor to give a short experience that I had on my Saturn trip. And you can see how well you can place yourself in consciousness with me, and in this way you can see if the trip is as real to you as it was to me when I made it.
282 ここに私は私の土星旅行の際に得た短い体験を伝えようと努力したいと思います。そうすれば貴方は私といっしょに貴方自身を意識の中に上手く置けるかどうかが分かるでしょうし、このようにして貴方はその旅行が私がそれを実行した時、私にそうであったように貴方にとっても実際のことであるかが分かることでしょう。


【解説】
 本項以降で著者は私達にいわゆる「土星旅行」の際に著者が見た光景と得た体験を「意識的に一体になる」手法で、追体験するよう求めています。
 よく物語に引き込まれ、その世界に浸ることがありますが、それは意識的に融合した結果、生まれる感覚のように考えます。即ち、書物に書かれた物語であれば、それは著者が執筆時に意識していた世界と同じ状況に読者の意識状態が同調することを意味しているものと思われます。
 従って、もし意識を自由に動かして様々な世界に移行することが出来れば、居ながらにして遠隔地の出来事や過去や未来についてもある程度、把握することが出来ることでしょう。
 一見、何気なく例示されている「土星旅行」ですが、著者アダムスキー氏にとっては、これまでにない大きな意味のある宇宙旅行であったことが分かります。「生命の科学」の学習においても自らの意識の作用を理解する上でも、著者がここで何を伝えようとしているのか、注意深く次項以降を読み解く必要があります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落281

281 Remember it was not the mind that created itself, cosmic consciousness was its creator and what it created it can correct and have it function perfectly when the sense mind blends with it. Even old age can be wiped away for that is a concept of the sense mind. We could say that as age came by man, so must youth come by man. The Bible states that as death came by man so, must life come by man, the sense mind. And this can be done when he becomes one with cosmic consciousness for it knows no age, nor time or place. It is always in the prime state of life and all inclusive.
281 覚えておいて欲しいのは自分自身を創ったのは心ではなく、宇宙意識がその創造主だということ、そして創造し生み出したものは正すことが出来、感覚心がそれ(訳注:宇宙意識)と混ざり合う時にはそれ(訳注:自分自身)を完全に機能させることが出来ることです。老化でさえ吹き飛ばすことが出来ます。何故ならそれは感覚心の一つの概念だからです。私達は老齢が人によってもたらされた以上は、若さも人間によってもたらされる筈だと言えるでしょう。聖書は人によって死がもたらされたからには、命も人即ち感覚心によってもたらされる筈だと述べています。そしてこのことは人が宇宙意識とひとつになる時になされ得るのです。何故なら宇宙意識は年令を知らず、時間も場所も知らないからです。それは命とすべてを含む中にあってその原始の状態にあり続けているのです。


【解説】
 前項(280)では花に対する意識の交流についての話がありましたが、更に身近な例は私達自身の身体に対する場合でしょう。即ち、私達の意識が作用する最も身近な対象です。またその作用結果を直ちに見られるのも良いところです。通常、私達は様々な心の誤用によって肉体を痛めつけていますが、その被害を受けているもの私達自身であり、まさに自業自得の法則の中に生きています。
 しかし、一端、これを善い方向に活用すれば、苦しみは消滅し、心身は本来の健やかさを取り戻すことは間違いありません。元来、肉体はそのように創られ、維持されるよう意識によって統制されているからです。
 このような仕組みに対し、私達はあまりにも無知であり、正しい肉体の使用方法を学んで来なかったという訳です。その結果、病気や老化が進行してしまう訳で、私達はまず、宇宙意識の作用について学ぶこと、その精妙な指導の声に耳を絶えず傾けていることです。各自の生命の終りは未熟な心によってもたらされるからには、その心の変革によってそれらを永遠の生命に立ち戻させることが出来るという訳です。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落280

280 So one could begin to practice on the flower first, but do not be disappointed on the first tries, just be more determined to master the art. Remember the old habits will be in your way until you absorb them into better ones. Wherever you go and whatever you see or do make sure that your mind is aware of the cosmic life and intelligence that is back of all creation. And nothing is free of that life and intelligence any more than you are. For the smallest molecule in the cosmos is just as intelligent and alive as any other form and it serves its purpose. Yet your physical sight does not see the molecule, but your conscious sight can. And once you have made this a part of your life, ills that you may have had, of any nature, will vanish when you correct your mental life.
280 そこで最初は花で練習を始めても良いでしょう。しかし、最初の試みでがっかりせず、只、その技能をマスターすることをより深く決心して下さい。古い習慣は貴方がそれらをより良いものに吸収するまでは進路に居続けることを憶えておいて下さい。貴方が何処に行こうとも、貴方が何を見て、何を為そうとも、貴方の心は全ての創造物の背後にある宇宙の生命と知性に気付いていることを確認することです。そして貴方がそうでないように、如何なるものもその生命と知性から離れていないのです。何故なら宇宙の最小の分子でさえ、他のどのような形有るものと同様に知性があり生きていて、その目的に奉仕しているからです。しかしそれでも貴方の肉体の視覚はその分子を見ることはありません。しかし、貴方の意識の視覚はそれが出来ます。そして一度、貴方が貴方の生活でこの部分を達成すれば、貴方が持っていたかも知れない病気というものは、どのような性質のものであれ、貴方の精神生活を修正する時、消滅することでしょう。


【解説】
 私達にとって大事なことは、一度や二度の試みがうまく行かなかったからと言って、本質への努力を諦めてはいけないということでしょう。もとより、何十年、あるいは何百、何千年と続けてきた心の週間は一朝一夕に打ち破れる訳ではないからです。
 しかし、私達が何処に居ようと、何を見ようとも、そこには物質を超えた宇宙生命活動があり、そのことに気付く意識的な目が私達に備わっていることを忘れてはなりません。肉眼が明らかに出来ない分子の世界もこの意識の目は見ることが出来、因の世界における目覚しい生命活動を明かしてくれる筈です。
 そうした新しい世界を自在に目にすることが出来れば、もはや私達は病をもたらすような肉体内の不調和な状況は消滅し、生命本来の姿に浄化されることは間違いありません。
 宇宙を流れる生命波動をご自身の中に導き入れることで、あらゆる物事がうまく回り始めることになる訳で、これは自然がありのままで美しさを表現しているのと同様、極当然のことだと考えます。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落279

279 We know that animals do not talk our language, yet the one who trains them to do the things that they do must have full confidence in himself as well as the animal. The trainer knows that the animal will do what he commands and this is done through a feeling of his expression. In other words they feel each other. And what can be done by a trainer with an animal can be done by you with any form, providing you have the same feeling that the trainer has towards the animals. Once you develop this part of you, you can be sure that you are making the blend with cosmic consciousness, without limitations or divisions of any nature for you are dealing in the Cosmic Sea Of Life. Intelligently you are the master over the elements. This is your birthright for the Bible says that man was given dominion over all things including death, for then man is born into a new life. But you cannot have these things without practice, and practice means living them daily as much as you can.
279 私達は動物達が私達の言語を話さないことは知っていますが、それでも動物をすべきことをするように訓練する者はその動物にと同様に自分自身にも最大限の確信を持たねばなりません。訓練士は自分が命じる事柄をその動物が行うようになることを知っていますし、これは訓練士の表現する際の印象を通じて行われます。言い換えれば、彼らは互いに感じ合えるのです。そして動物に対する訓練士によって為され得ることは、貴方が訓練士が動物達に抱くのと同じ印象を持つならば、貴方は如何なる形在るものに対しても全く同じことができるのです。一度、貴方が貴方のこの部分を発達させれば、貴方は何らの制限や何らの仕切りも無く宇宙意識と融合し始めていることを確信できるでしょう。何故なら貴方は宇宙の生命の海の中を取扱っているからです。知性的に貴方は各元素に対する主人です。これは貴方の生まれながらの権利です。何故なら聖書は人は死をも含む全ての物事に対する支配権を与えられていると述べているからですし、そうなれば人は新しい人生に生まれることになります。しかし、貴方はこれらの事を練習無くしては得ることは出来ませんし、練習とは貴方が力の限りそれらを毎日の生活に活かすことを意味しています。


【解説】
 言葉に頼らず相手に自分の意思を伝えようとすることは、実は大きな意味を持っていると本項では説いています。身近にはペットとの交流もあるでしょうし、大事にしている植木との関係もあると思われます。それらは言葉によるコミュニケーションでなく、印象による交流であり、相手に印象によって自分の意思を伝えることで、相手が印象でそれに応えるという構図になっています。
 大事な点は、このように言語によらないコミュニケーションを中心に据えることが、実は私達が因なる世界に繋がることを意味していて、自分自身をその領域にまで拡大することになると説いていることです。
 長らく私達は結果の世界にのみ生きて来ましたが、この印象や想念をベースにしたコミュニケーション能力を育成することが、因にまで自分を拡げ、本来の生命活動を享受出来るということになります。自然界における様々なもの達と交流を深めることが如何に大切かが分かります。自然に生きる草木の声を聞きに野原を散策することは楽しみであると同時に、心の訓練の場にもなる筈です。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落278

278 Your acts should be, regardless of the type of form, as definite as when you are dealing with man. And no doubt should be present in your feeling or act. Feeling in the form of revelations should be definite for feeling is a conscious state of alertness.
278 その際の貴方の行動は、対象の形有るものの類型に関わらず、貴方が他の人間に対する時と同様に明確なものである必要があります。そして如何なる疑いも貴方の印象感覚や行動に在ってはいけません。印象感覚は意識的な警戒状態であるが故に啓示における印象感覚は明確なものでなければならないのです。


【解説】
 万物に対峙する時、私達はその対象物が私達の言う「生きもの」であると「無生物」であるとに関せず、あたかも他の人間に対するのと同様に具体的に立ち居振る舞いをせよと、本項は述べています。そしてそこには、相手に対して一切の疑いを差し挟んではいけないとし、その行動の基礎となる「印象」は「意識」に繋がるものであり、様々な物質が現出する時と同じ、「警戒の状態」になっていると述べられています。
 つまりは私達の身の回りのあらゆる事物に対し、あたかもそれらが人間であるかのように接し、会話する中に眞の意識状態が発現するということを説いている訳です。
 このように印象を中心に生活を進めると、あらゆるものと会話し、意思の交流を図ることになる訳で、形あるもの全てと会話する状況になれるということです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落277

277 Once you have accomplished this, you are not only blending your sense mind with consciousness, but also cultivating a memory. And from here you keep on expanding and include all forms of life by recognizing the cosmic consciousness in each. And you will experience the other half of life which you have not known until this time. As every act is recorded in the cosmic library you will have access to it at any time you will have need for it, the same as the Creator has. This awakened part of you has always been and always will be. The mysteries of life will be replaced by knowledge of life.
277 いったん貴方がこれを達成すれば、貴方は貴方の感覚心を意識に融合させているのみならず、記憶をも育んでいることになるのです。そしてここからは貴方は広がり続け、各々に宇宙意識を認識することによって全ての生き物をも包括するようになります。そしてこれまで知らなかったもう半分の生活を体験することでしょう。あらゆる行為が宇宙の図書館に記録されており、貴方は創造主がなさるのと同様に、必要な時に何時でもそれを利用することができることでしょう。貴方のこの覚醒した部分はこれまでいつも、そしてこれからも常にそうあることでしょう。生命の神秘はこうして生命の知識に置き換えられるのです。


【解説】
 どうやらこの部分が一連のこの講座の中で最も肝心な所のように思われます。つまりは、私達が向き合う様々な対象物の中にある「意識的」な存在に気付くようになることで、私達自身の意識的部分が育成され、永遠に繋がる人生を歩むことになると説かれているからです。
 この「意識」に気付く生活は当初は大変デリケートで精妙なものです。わずかの従来型の想念が混じっても妨害されますし、本来の方向と外れてしまうことも度々です。しかし、そうした中でも自らの心を万物への感謝や自然の美しさに気付く等によって自らの心を理想の方向に保ち、新しい体験を通じて本項が言う「もう半分の自分」を開拓することです。
 進歩は少しずつしか現れませんが、今日掴んだ内容をよく覚えて置き、明日からはその記憶を踏まえて更に前進することが大切だと思います。結果(成果)は後からついて来る訳で、私達は結果を求めて精進する訳ではありません。自らに託された本来の歩むべき道が創造主から用意されており、私達はその道を自らの意思で歩むことが大切な訳です。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落276

276 We have used the flower for everyone loves beautiful flowers. And if the love for it is equal to the love that one has for himself and he acknowledges its intelligence as firmly as he would of another person, with the same feeling, the flower will respond. And this can be observed if it is asked to turn its face from one side to the other. For it will follow your instructions as it follows the Sun. But you must remember at all times that you are consciously talking to an intelligent form.
276 私達は花を誰もが美しい花を愛することから用いて来ました。そしてもし、花に対する愛情が自分自身への愛情と等しければ、そして花の知性を他の人物に抱く感じと同じくらい確信し認めるなら、その花は応答することでしょう。そしてこのことは、片側からもう一方へ花の向きを変えるように求められれば、そのように観察されるでしょう。その花はそれが太陽に従うように貴方の指図に従うようになるからです。しかし、常に憶えておかなければならないのは、貴方は意識を用いて知性ある形に話し掛けているということです。


【解説】
 昔、何処かで、仏陀が悟りに至った時、周囲の草木や動物達が喜んで仏陀を取り囲み、花びらを広げて祝意を表したこと、また仏陀の歩いた跡には点々と花が咲いたというような物語を読んだ記憶があります。私達の身の回りの動植物は自分達の真の知性に私達が気付いてくれたことを歓迎して、喜び迎え入れてくれるという訳です。
 この例は花ばかりではありません。一端、私達が対面する対象物の単に物体として見ることなく、その内部に息づく生命を私達と同様なものとして認識する時、周囲のあらゆるものが、私達に呼応してくれると本項は説いています。まさに天国の光景と言えるでしょう。
 私達はこれまで、孤独に思って来ましたが、実際には私達の周囲は互いに意思を交流できる間柄の生き物達で溢れています。園中に暮らせることは歓び以外の何ものでもありません。幼児が楽しげに周囲のあらゆるものを自らと同等な目で見て語らうことの仲に、本項でいう真実も含まれています。また、各地の原住民、インディアン、更には日本人に伝わる、万物に神宿るの思考も、本項と類似した内容を示しているのです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落275

275 Do not become too absorbed with labels as they may confuse you. Do not expect the same kind of reaction as you have been accustomed to from the mental side. For when you become aware of the life of a flower you will also be aware of the intelligence that produced the effect. The flower will not speak to you in sounds you are accustomed to but it will react to you as intelligence speaking to intelligence. And all forms can be addressed in the same manner, for you will not be recognizing the form alone, but the intelligence manifesting through the form.
275 レッテルにはあまり没頭しないようにして下さい。それらは貴方を混乱させるかも知れないからです。また、感覚心からの反応に馴れて来たのと同じ種類の反応を期待してはいけません。何故なら貴方が一つの花の生命に気付く時、貴方はまた、その結果(訳注:花)を造り出した知性について気付くようになるからです。その花は貴方に貴方が馴れ親しんだ音で話し掛けることはないでしょうが、知性が知性に話し掛けるように貴方に反応することでしょう。そしてすべての形有るものはこれと同様なやり方で呼び掛けることができます。何故なら貴方は形のみを認識しているのではなく、その形を通して具現している知性を認識しているからです。


【解説】
 意識に従った生活では何が異なって来るのか、本項は示唆しています。
 つまり、意識から来る印象が主役になると、従来のような目や耳で知覚するような反応は少なくなり、静かな印象が行き来する世界になるという訳です。
 その世界は私達がこれまで体験したことのない種類のものですが、それは静かな中にも落ち着いたしっとりした感じがあるように思います。これらの印象は丁度、雨上がりの朝のように心地よい静かな空気というようなもので、その中に本来の落ち着いた世界が広がっているものと思います。
 私達はこれまで粗雑で喧騒に満ちた世界に生きて来ましたが、これからは物体の中から湧き出る生命力を垣間見ることが出来るようになることでしょう。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落274

274 And how is this done? It is no different than memorizing things while in school or elsewhere, and is done with repetition until you are sure that it is well impressed upon the sense mind. When this is done you will never forget. But this should be done in the Cosmic Allness, and can be done by seeing with Cosmic Sight or God's eyes.
274 そしてこれはどのようにして成されるのでしょうか?それは物事を学校かその他で覚えるのと何ら変わるものではなく、貴方が感覚心に十分印象づけたと確信するまで繰り返すことで果たされます。これが実行された後、貴方は決して忘れることはないでしょう。しかし、これは宇宙的調和の中で成されるべきであり、宇宙の目、神の目で見ることによって成され得るのです。


【解説】
 意識に近づくためには日頃から繰り返し心を訓練して少しずつ気付かせるより方法はありません。即ち、一挙に理想の状態に移行するようなことはなく、自らの心を鍛錬する他はないという訳です。
 しかし、一端、この方向で心を訓練して行くと、自然に印象に従った行動を執れるようになりますし、受ける印象も良質なものになります。類は類を呼ぶとあるように、どのような印象に同調するかは本人の波長に関連すると思われるからです。
 どのような心の持ち方が良い結果を導いたか、あるいはその逆であったかを心に毎回、十分に自覚させ、記憶させて、良い結果をもたらした時の心の持ち方を大切に覚えて置くことです。その心の姿勢を維持すること、記憶することで更に新たな段階に進むことが出来るからです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落273

273 You may say here, but I am conscious. That is partially true for if you were not you would not be alive. But are you conscious of cosmic consciousness as the Creator whom we call God is ? For this conscious intelligence is aware not only of the cosmos but all the created effects. In other words its records consist of cause and effects. And if we are to fulfill the purpose of our creation we must cultivate the other half of our life which is cosmic consciousness. For this in turn brings life eternal with all of its records.
273 貴方は自分には意識があると言うかも知れません。それは部分的には真実です。何故なら意識が無ければ生きてはいないからです。しかし、私達が神と呼ぶ創造主が意識している程に宇宙意識を意識していますか?何故ならこの意識の知性は宇宙のみならず全ての創造された結果物を知覚しているからです。別の言葉で言えば、その諸記録は因と結果物を含んでいるのです。そしてもし私達が創造された目的を満たそうとするなら、宇宙意識である私達のもう一方の半身を育まねばなりません。こうすることがひいてはそのすべての記録を携えた永遠の生命をもたらすことになるのです。


【解説】
 少なくとも私達は自分の身体の各部は意識して日常生活を送ることは出来ます。実はその延長線上として更に深い因の領域、肉眼では見えない諸活動についても自ら認識し状況を把握出来る訳で、その意味からも私達は意識という概念について多少は理解しています。
 人間、意識が無くなると、本人は死を迎えたのと同様な状況になりますが、それほどに私達が生きて行く中で意識作用は重要であるという訳です。
 その意識について、私達は更に深遠なる領域にまで拡大し、深化させる必要があるのです。何故なら、その意識作用は宇宙の生命力や英知の源であり、私達は自らの意識を開拓することで、宇宙的な広がりや永遠の記憶を持つことが出来るからです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落272

272 Some may feel I use the word consciousness too often, yet it is this consciousness that is the real you. It is also back of all creation - the primal force - the most important part in a mental life. For the sense mind must remember its experiences if life is to continue, as consciousness is the recorder of all actions in life. If the sense mind does not associate itself with the consciousness its memory is short for it is not eternal. But as we have said before, it can become eternal by blending with consciousness.
272 中には私が意識という言葉をあまりに多く用いていると感じている人もあるかも知れませんが、真実の貴方はこの意識なのです。それはまた全ての創造の背後にあるもの、原動力であり、精神生活において最も重要な部分です。何故なら、感覚心は生命を継続するつもりならその体験を記憶して置かねばなりませんが、意識は生命の全ての行動の記録者なのです。もし、感覚心が意識と仲良くならなければ、その記憶は永続しない為、短いものとなるでしょう。しかし、私達がこれまで申し上げたように、心は意識と混じりあうことで永遠のものになり得るのです。


【解説】
 自己の内側にある「意識」を知らないまま心がさまよい歩く様を見て、宇宙兄弟達は私達をどう導くか、苦心の末にまとめたのがこの「生命の科学」という通信講座だと見るべきでしょう。実はその内容のほとんどが「意識」と心の関係、更には「意識」が宇宙に広がる生命の基本要素であることを伝えています。
 日常、私達は形になったものしか認識できない既存の感覚に頼りながら生活していますが、本項に書かれているように、現象の背後にある「意識」に気付かなければ真実の姿は理解出来ません。
 この意識については、他の生きものは皆、理解しており、各々生活をエンジョイしている一方、地球では人間だけばあくせく働き、本来臨まれた道を歩むことが出来ないでいるのです。それに対し、著者は私達に繰り返し「意識」の存在を語り、私達に自ら気付くよう促しています。自らの体験を通じて、この基本的な存在である「意識」をひとたび理解することが出来れば、意識から寄せられる印象への感性も増し、生活をよりよいものにすることが出来ます。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落271

271 The sense of sight is reflecting the effects, but not the life of the effects. It is like the window or mirror. But to have a reflection there must be a cause. So in a way we are half dead, or living only half a life. And Jesus said, let the dead bury the dead. Meaning that the pallbearers bearing the corpse are as dead the corpse. The form within the coffin lies unconscious of life and the ones carrying it are equally unconscious of life in full, or cosmic life. For the corpse lived a mental life as the ones who bear it do and once the consciousness withdraws, the mental is silenced. For it never knew itself as the real part which is the consciousness
271 視覚は結果物を反映していますが、その結果物の持つ生命は反映していません。それは窓や鏡のようなものです。しかし、映像を得るには因がなくてはなりません。ですからある意味、私達は半分死んでいる、或いは生命の内、半分しか生きていないと言えます。また、イエスはこう言いました。死者をして死者を葬らせよと。死体を担いでいる者も死体と同様に死んでいるという意味です。棺の中の肉体は生命の意識は無くなり横たわっていますし、それを運んでいる者達も等しく満ちた生命、宇宙の生命について意識していません。何故なら、その死体はそれを担ぐ者達同様に心による生活を送って来ましたので、ひとたびその意識が退くと、その心は沈黙させられます。何故なら、心は意識である真実の部分に関する自分自身について知らないで来てしまったからです。


【解説】
 私達はいずれ死を迎えます。しかし、本項で述べるように「生命(Life)」というものは死を迎える肉体とは別の存在であると示しているのが、ここで言うイエスの言葉の真意ではないかと思っております。
 つまりは、日常生きている私達も、実際には死人と同じであり、本来の生命を生きていない存在になっているという訳です。以前、別の所でアダムスキー氏は「ゾンビ」という表現をしていましたが、それも同様な意味合いかと思います。
 逆に言えば、ひとたび「意識」に頼る生活に入ることが出来れば、今までに味わったことのない、生き生きした生活に変貌するということでもあります。結果物に頼る感覚の心を学ばせ、より深遠なる存在を万物の背後に洞察させることの持つ意義は私達が想像する以上のものになるということです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落270

270 Jesus made the statement, ye have eyes yet see not, and also, the blind lead the blind. Yes, we do have eyes, as your home has windows. And the windows would say if they could speak, through me the forest is pictured. And if I became a mirror I would reflect the forest, but not its life.
270 イエスは、汝は目を持っているが見ていない、また盲人が盲人を導くようなものだと発言(訳注:マタイ15:14)しています。確かに、私達は皆さんの家に窓があるように目を持っています。そして、その窓がもし話すことができたとしたら、私を通してその森が見えるのだと言うことでしょう。そして、もし、私が鏡になったとすれば、私はその森を映すでしょうが、その生命までは映すことはありません。


【解説】
 私達は本当の姿は何一つ見ていないのではないでしょうか。日常暮らしている中で、心は自分が得たイメージで判断し、深い部分の洞察を行なうことはほとんどしていません。その結果、うわべだけの自分の判断で事を済ませているふしがあります。
 同じ対象物を一瞥しても、その把握内容は人によって大きく異なります。深い感銘を受ける人もあれば、全く気付かず通り過ぎてしまう人も居るのです。その違いは何処にあるのか。目には同じ光景が映っているのですが、本人に関心がない限り、光景を認識することすらない訳です。
 見ていても真実を見えていないという意味では、私達は盲人ということになる訳で、多くの自称指導者が人々を導く姿を見て、イエスはこう嘆いたということでしょう。私達は一日も早く真の覚醒を遂げて、支援を待つ多くの人々の手助けとなる必要があります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落269

269 THE EYES OF GOD, OR CONSCIOUSNESS
We have been taught in our religious faiths that God sees all acts, yet we know that the sense mind does not see the invisible cause back of every effect. This means that we see less than half of what is to be seen. But we as an effect of God have the potential of seeing what God sees. The reason that we do not see as He does is because we do not understand life.
269 神の目、即ち意識
 私達は宗教の教義の中で、神は全ての行為を見ておられると教えられて来ましたし、私達は感覚心はあらゆる結果の背後にある見えざる因を見ていないことを知っています。このことは、私達が見るべきものの半分も見ていないことを意味します。しかし、神のひとつの結果である私達は、神が見ていることを見る潜在力を有しています。私達が神が見ておられるように見ない理由は、私達が生命を理解していないからです。


【解説】
 折角、本来は美しく調和した世界に住んでいる私達なのですが、その世界(惑星)を支える精妙な因の部分についての見識や洞察力が衰えているため、見るべきものや知るべき事柄の内、半分しか見ていないと本項は説いています。
 また、その原因は、私達の心が生命というものについて理解がなっていないからだと指摘しています。
 分かり易く言えば、私達は物体を自分の目で見える波長や光量の範囲で形として見、自分の耳で聞こえる波長と強度の範囲内で音を聞き、自分の好みの味であるかどうかを舌で判断し、自分の好みの香りであるか否かで臭いを判定しています。その内容は実際の姿の半分も把握出来ていないという訳です。
 実はその結果すら正当に評価せず、従来の嗜好の延長上にあるものを良しとし、他を受け入れ難いものとして分類する傾向にあるのです。しかし、本来の姿はこのような感覚が把握する以上の内容が生命体には詰まっており、その実像は印象を感知することで初めて把握されます。
 あらゆるものに対する心構えとして、自分の心の反応と同時に、その存在の理解について自分の身近に居られる「意識」の助けを借りること、その存在を支えるより深い内容を感知できるよう、少しずつ自らを訓練する必要があるということです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落267

267 To cultivate eternal memory and become the likeness of God or The Supreme Consciousness, one will have to live it and with it as he does with his life mate or partner. Not thinking of self alone but the other as well, thus blending the two to create a harmonious union. For this is what must be done to blend the sense mind with consciousness. And when it is done the individual will represent God as he was meant to do, in the first place. As a man and wife represent each other, and the memory of their first meeting and all acts from there on are quite permanent and they enjoy life together.
267 永遠の記憶を培い、そして神、即ち至上なる意識の似姿になる為には、人は生涯の友人やパートナーに対するようにそのことを生き、それと共に生きなければなりません。自分のことのみを考えるのではなく、もう一つの存在を考え、この2者を融合して調和的な融合体を造り上げることです。何故なら、これは感覚心を意識に融合させる為に成さねばならないことだからです。そしてこれが成された時には、各人ははじめに意図されたように、神を表現するようになるでしょう。男と妻が互いを表わすように、また彼らの最初の出会いとそれからの全ての行動の記憶が完全に永遠となり、二人が生活をいっしょに楽しむのです。


【解説】
 「生命の科学」の学習に取り組む多くの方が一様に口にする言葉に、「意識と一体になる」というフレーズがあります。しかし、その意味合いをどのように考えてお話されているかについて理解の深さはまちまちではないでしょうか。実は、本項は具定例を引いて、その取るべき姿勢について私達に示しています。
 それは夫婦のように常に傍らに「意識」が居ることを知覚し、「意識」と相談しながら生活することだということです。そのように「意識」と親しく生活することで私達は「意識」と似たものとなり、より充実した人生を歩むことが出来るという訳です。
 互いに意識することで両者の関係は近しくなるということがポイントで、「同行二人」の真意もそこにあると思います。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落266

266 One should not be in a hurry to cultivate cosmic memory, for impatience will cause a misapplication of the law. Always remember that consciousness is eternal. Therefore it is not going anywhere, so it is not in a hurry, for in itself it is all inclusive. And by remembering this one will avoid many mistakes.
266 人は宇宙的記憶を培うのに急いではいけません。何故なら、短気は法則の誤用をもたらすからです。常に意識は永遠であることを思い出して下さい。ですから、それは何処に行ってしまうことはなく、急いではいません。何故なら、それ自身の中に全てが含まれているからです。そしてこのことを覚えていることによって、人は多くの過ちを避けることが出来ます。


【解説】
 本項では、著者は私達にやさしく語りかけています。他人を教える立場の者は多くの場合、「これほど教えているのに何故出来ないのか」と思いがちなのですが、こと生命の科学においては、遠大な目標に向かって進んでいる訳で、少しぐらいの遅い歩みでも問題にはなりません。むしろ、その時点での自分の理解が十分でない場合やあせって結果(成果)を急ぐことが問題だということです。
 過去生も含めてこれまでの長い歩みに比べれば、今、私達が取り組んでいる状況は格段に素晴らしい状況だという訳です。決して急がず、また歩みを止めずに少しずつ進んで行くことがポイントです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落265

265 Consciousness is the father and the mother of all form creation which conceives and gives birth to the various forms. And within it is the blue print or memory which is ever present that can be reviewed for conformation at any time when the need may arise. But the sense mind cannot do this alone, there must be the combination of the two. For as we know, the sense mind learns from effects and now it must understand the cause producing the effect. The effect is the fulfillment of a cause and the sense mind might not execute it exactly as the cause mind intended it to be, so through misinterpretation a mistake could take place. And this is where the Law Of Grace enters and through this law the sense mind has a chance to realize and correct its mistake. And corrected it must be before progress can be made. And it must be made in behalf of consciousness and not the sense mind. In this way the sense mind is made to do what the better self wants it to do. If this is not done a slight memory might remain but it will be distorted.
265 意識は受胎し様々な形有るものに誕生を授ける全ての形有るものの創造の父であり母です。そしてその中には必要が生じた時に何時でも一致するか吟味できるよう常に出して置かれる青写真もしくは記憶が入っています。しかし、感覚心はこれを一人では出来ません。二者の組合せが必要なのです。何故なら、ご存知のように感覚心は結果から学ぶ者ですが、今や、その結果をつくり出している因を理解しなければならないからです。結果は一つの因の成就です。感覚心は因の心が意図したようには実行しないかも知れません。そこに誤った解釈を通じて間違いが生じるのです。そしてそこに恩寵の法則が入り、この法則を通じて感覚心はその誤りに気付いて改める機会を得るのです。そして進化を遂げるにはその修正を終えていなければなりません。また、その修正は意識の為に行われなければならず、感覚心の為に成されるべきではありません。このようにして感覚心はそのより良い自己が願うことを為すように仕向けられるのです。これがなされなければ、わずかな記憶が残ったにしてもいずれは歪められて行くことでしょう。


【解説】
 具体的な意識の機能の内容について本項は明かしています。つまり「意識」の中には全ての生けるもの達の完全な設計図が備わっており、必要とする際に授けられるという訳です。広大な宇宙の中にある全てのものに対して等しく与えてくれる存在だということです。
 しかし、私達はこれまで何一つ「意識」の存在を考慮せず、過ごして来ました。アダムとイブの時代から自由意志を与えれた心がこの惜しみなく与えて呉れる「意識」の存在を良いことに、勝手な行動をとってきたということでしょう。
 そして当然のことながら、心は時に挫折する訳ですが、そこにも「意識」による恩寵の法則(「Law of Grace」)が働くという訳です。Amazing Graceという曲がありますが、その作曲者ジョン・ニュートンは18世紀に奴隷を買い付ける事業をしていた人物であったと伝えられています。その彼が、嵐に遭遇した船の中で神に祈った結果、奇跡的に危機を脱し、自ら行なって来た罪深い行為を反省し、創造主の恩寵について感銘した時に生まれたのがその曲であったとされています。「意識」の温かみが伝わる一曲と言えるでしょう。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落264

264 While we have used two individuals in close association with each other, this can take place where many are represented by one when using the same pattern. This shows that the consciousness whom we call God, is the all inclusive. And as two people are able to become as one through association and even resemble each other, just so, an individual can become one with, and resemble God, when he thinks in terms of God instead of the ego. Yet he retains his individuality, the difference is that his sense mind has blended with conscious consciousness that we call God. The sense mind is able to perform its normal duty as it did in the past but it is aware of the consciousness that gives it power and intelligence to act wisely in the world of effects. The mind will then feel as Jesus felt when He said, I of Myself do nothing, but the Father that worketh through Me does all of the work. This is cosmic consciousness.
264 私達は互いに親密な二人を例にしていましたが、このことは多人数が同じパターンを使用する場合についても一人に代表されるところに起り得ます。これは私達が神と呼ぶ意識は全てを包含することを意味しています。そして二人の人間が交際を通じて一体となり、互いに似て来るまでになるように、丁度そのように各自も自我への代わりに神について考えていれば神と一体になり、神に似て来るのです。しかしそれでもなお、自分の個性を保持しており、違いは自分の感覚心が私達が神と呼ぶ意識的な意識と融合しているということです。感覚心はこれまで同様、通常の任務を実行できますが、その者に結果の世界で賢く行動する為のパワーと知性を与える意識について気付いています。心はその後イエスがこう言った時のように感じることでしょう。私自身は何も成していない、父が私を通じて全ての仕事を成したもうのだ。これが意識的な意識です。


【解説】
 前項から述べられているように、私達はどのように生活したら良いのかを示しているのが本項です。
 即ち、日々「意識」を意識すること、創造主を意識して生きて行くことにより、私達は自然に創造主と近い関係になれるということです。その場合、何かの「行(ギョウ)」によって一時的に特異な状況になった際に掴んだだけでは心自体が理解した訳ではない為、長続きせず、結局は進歩はないのですが、少しずつ日常的に心が理解しながら進む場合には、二度と後戻りしないしっかりした進化の礎を築くことが出来ます。
 想いは通じる訳で、「意識」を意識出来るよう日常のあらゆる場面で意識からの印象を探査するよう心を訓練することによって、「意識」から来る新鮮なる印象、アイデアを得ることが出来ます。自然の中の様々な生きもの達との交流や大自然が織りなす悠久の営みの姿を垣間見る中で、この地球の歩みについてもより深く実感出来るものと思われます。
 そのような心の状態が行き着く先には、イエスが示されたように、自らの行動が創造主の意図、意識の意図通りになっているという訳です。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落263

263 A good example of this can be found in two people who decide to join together for life. Each is an individual with habits in his or her way of life, yet after years of life together they not only take on each others habits but they start to look alike. All because they have become aware of one another as though they were one. Even pets, such as dogs and cats etc., oftimes take on the personality of the master. So we can see that a constant reminder or association becomes an automatic manifestation of the other, where effort is no longer required for the form operates on memory pattern. The most important thing to realize is that the pattern remodeled the personality of the form in likeness of itself. It could be said that the original person is no more as he was, but another has taken his place. For one has absorbed the other and the two become as one.
263 この良い例は生活を共にしようと決意した二人に見ることが出来ます。二人は各々自分の生活の習慣を持った人物でしたが、何年も生活を共にした後は、彼らは互いの習慣を身につけるばかりでなく、似始めるのです。彼らが互いを一体のものとして意識していたからに他なりません。犬や猫等のペットでさえ、しばしば飼い主の個性を身につけます。ですから、私達は、絶えざる思い出や交際はやがて(訳注:自分自身へ)自動的に他者を現出させることになるのです。形有るものは記憶パターンによって働くため、もはや努力は必要とされないのです。私達が認識すべき最も重要なことはパターンが自身の似姿に沿って人格を再形成させたということです。それは、元々の人間はもはやかつての者でなく、他の者がその位置をとって代わったと言うことも出来るでしょう。一方が他を吸収して両者が一体となったからです。


【解説】
 「似たもの夫婦」という言葉があるように、長年生活を共にすると類似した性格になるという訳です。
 即ち、私達についても、心が「意識」を常に意識して、日々生活することで、心が「意識」の影響を受けて進化するということです。「同行二人」の言葉のように、創造主と「意識」を信頼して毎日を送ることで、私達も本来の神の似姿になれると言うことでしょう。
 そしてその心の変容については、驚く程に大きなものになると本項では指摘しています。
 もし、本来の「意識」に心が融合して行くと、もはや過去の自分とは全く異なる人格にもなり得る訳で、本当はそれこそ真の進化なのでしょう。もし、何年年を重ねても、衰えることなく常に新鮮な感性を保ち、新しい課題に取り組んで行けることになれば、心がもはや昔の心で無くなった印です。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落262

262 This particular phase of life is a major part to be learned and it should not be very hard when the sense mind begins to live with the consciousness instead of acting on its own as it has been doing. And results will be outstanding when the two live as one. This may seem to be a repetition of what has been said before, but repetition becomes a memory.
262 特にこの段階の生活は学習する上での主要な部分であり、感覚の心がこれまでして来たように自分自身が確保しているものを前提として行動する代わりに、意識と共に生き始める時には、過度に行うべきではありません。そしてその両者(訳注:意識と心)が一体となって生活する時、効果は傑出したものになるでしょう。このことはこれまで述べられたことの繰り返しのように見えるかも知れませんが、繰り返すことが記憶になるのです。



【解説】
 最も大事な点は、私達は自分一人で生きて行くことではなく、常に「意識」を頼りとして行くことだと、本項は説いています。それは心自体が自らの意思をより柔軟なもの、よりオープンで広がったものに解き放つ中で、「意識」を受け入れ、そこから湧き出す印象に従った生活に転換することだとしています。
 このように心と意識が一体となって生活を送ることで、格段に人生が変貌するという訳です。決してそれらの成果を求めての精進ではないのですが、結果としてそのような状況になるということでしょう。「生命の科学」の題名の「生命(Life)」には日本語で言う「生活」の意味も含まれており、このような日々の積み重ねが、永続する記憶にもなると説かれています。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落261

261 In order to obtain a cosmic concept of life all that is necessary is an expansion of the mental conscious awareness. And in this way you become more alert to your actions in both fields. It could be compared to being in a plane or on a high building, for then you become aware of things below as well as above you. You are using the same sense mind, only your field of awareness has expanded. When you are able to do this regardless of where you may be there is no limit to how far you can go in connecting with conscious memories that could reveal many past experiences. And in this way find your true self and live in the sea of eternity.
261 生命の宇宙的概念を得る為に必要となるもの全ては心による意識的な知覚の拡大です。そしてこの方法によって貴方は両者(訳注:因と結果)の分野における貴方の行動についてより多く気付くようになります。それは平原や高い建物の上に居る場合と対比することができます。何故ならその時、貴方は貴方の上空でのものと同時に眼下の物事をも気付くようになるからです。貴方は只、貴方の知覚範囲が広がっただけで、同じ感覚心を用いているのです。貴方がこのことをどこに居るかに関わらず出来るようになれば、多くの過去の体験を呼び起こすことができる意識的記憶に接続する為、如何に遠くに貴方が行こうとも制限はなくなります。そしてこのようにして、貴方の真の自己を見つけて、永遠の海の中で生きて欲しいのです。


【解説】
 目指す状態は、このような心の状態を指すのだと本項は極めて明確に示しています。
 実際、私達は目先の物事のみに束縛されやすいのですが、そのような結果の世界に囚われている心を解き放って、因にも及ぶ知覚の範囲を拡げるよう求めています。つまり、私自身をも客観的に観察することも必要で、こうした広い視野の中で生活することが重要という訳です。
 このように日々生活する中で、私達の感受範囲を広げることは私達の意識を拡大させることでもある訳で、アダムスキー氏が「意識」という言葉を選定したもの、その背景があったからであることが分かります。即ち、宇宙には私達の意識に呼応する「意識」と呼べる存在があり、その絶大なる英知の力を認識し、そこから学ぶことが重要ということになります。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落260

260 We must train the mind to daily recognize a certain amount of cosmic life and this can be done through two phases. One, by someone who is very good at reading Cosmic Records. And the other, by allowing your consciousness to give the revelation to your own sense mind. But to do this your mind must have trust in consciousness. You will know when you have blended the two, for then you will be living in full awareness of cosmic cause and the related effects. i.e. Since I have had the experiences with the Brothers I have been living in two phases of life. One, as I used to live performing my daily duties in a normal manner, but enjoying life more than I did before. While at the same time consciously aware of my experiences and of the individuals that I have met from other worlds. The experiences are as indelible upon my memory as my daily activities.
260 私達は毎日、心を宇宙的生活を幾分でも知覚するように訓練しなければなりませんし、これは2つの面から成すことができます。一つは宇宙的記録を読み取ることがとても上手い人物による方法。他は貴方の意識に貴方自身の感覚の心に啓示を与えることを許すことです。しかし、これを行うには貴方の心が意識を信頼しなければなりません。貴方はその2者が何時融合したかは分かるでしょう。何故ならその時、貴方は宇宙の因とそれに関連した結果の完全な知覚の元に生きているからです。即ち、宇宙の兄弟達との体験を持ってからは、私は二つの生命の面で生きています。一つは私がこれまで生きて来たもので普段通りに私の日常の義務を行い、しかも以前より以上に生活を楽しんでいます。一方、同時に、私自身の体験や私が会った他の世界から来た人物達について意識的に気付いているというものです。その体験は私の日常活動と同様、私の記憶に消えることはありません。


【解説】
 本項で述べられているように、本来は前段にあるように良い教師に付くことが早道かも知れませんが、現実には残念ながら多くの偽者がいる以上、堅実な方法は各自、後段にあるように自分で一歩ずつ確かめながら前進することでしょう。
 その場合、重要と思われる点は、「毎日」何らかの宇宙的な生き方を取り入れて、自らの心を少しずつ訓練することです。
 私達は大変ストレスの多い生活を余儀なくされがちですが、その中でも私の経験上、心を不安から鎮めて、宇宙から来る問題解決のヒントを受け入れることで、意外に早く問題が解決するように思っています。しかし、これは私達が問題を先送りして、漫然と過ごすことでは全くありません。常に問題解決を目指して模索する中で、心がやって来る印象を逃さず、実行することを意味します。
 こうする内にも私達は早晩、今まで気付かなかった地球の美しさや働く人々との交流等、よりオープンで感性の増した、決して忘れることのない豊かな人生を歩むことが出来るように思います。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落259

259 To do this one must make the sense mind trust consciousness like trusting God. And this in turn calls for faith, oftimes called blind faith. To clarify blind faith a little further, we have eyes with which to see but they do not see any more than a window pane can see what is seen through it. It is you who sees through the window, so it is the consciousness of you that sees through the eyes. For when you become unconscious the sense of sight is still there but you no longer can see. The other senses follow the same pattern. So one should realize the importance of conscious seeing, or sense mind cooperation with consciousness if he is to have a cosmic memory of life. For then he can recognize himself through eternity from the pages of memory. This is an important phase if individual life if life eternal is to be earned. And that is what Jesus meant when He said, he who loses his life shall find life eternal.
259 これを成す為には、人は感覚の心を、神を信頼するように、意識を信頼させなければなりません。そしてこのことは次には信頼、即ち、しばしば盲目的信頼と呼ばれるものを必要とします。盲目的信頼というものを少しより明確にする為に見るのに用いる目について述べますが、目は自分が見ているものは窓枠がそれ自身を通じて見ている以上のものを見ている訳ではないのです。窓を通して見ているのは貴方であり、それ故、目を通じて見ているのは貴方の意識なのです。何故なら、貴方が無意識になってしまえば、視覚感覚はそこに未だあっても、貴方はもはや見ることはできません。他の感覚も同じパターンを辿ります。ですから、もし人生における宇宙的記憶を持とうとするなら、人は意識的に見ること、感覚の心が意識と協力することの重要性を理解すべきなのです。何故なら、そうすることで人は記憶のページの中から永遠を通じて自分自身を思い出すことが出来るからです。これは各自の人生が永遠の生命を得ようとするなら、重要な段階となります。また、これはイエスが自分の命を失うものは永遠の命を見い出すだろうと言った時にイエスが意味していたことです。


【解説】
 本項はある意味、私達にとって大事なポイントを著者が示しているように思います。
 その第一は、「意識」の存在についてです。ここではまず、「意識」という存在を信じることから、その存在に気付くようになれるということが述べられています。信頼が第一歩という訳で、信頼(faith)は信仰という意味でもあります。
 また第二は、私達自身と心の関係です。ここでは心を家の窓のような存在であるとしています。私達の本体は家の中、あるいは因の中に居る訳ですが、窓はあくまで外界の世界を中に住む者に正しく伝える意義があります。もちろん窓自体が余計な意見を付け加えるべきではありません。その窓自体は「見る能力」は無く、外の景色を内部に伝える為の役割であるのです。
 私達はこのようなパターンを自分の中に当てはめて見て、真実の姿に気づく必要があるということです。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落258

258 Jesus blended His sense mind with consciousness and thus He was able to say, I am in the world but not of it, and many other statements that He made in reference to His past. And He could not have maintained these memories had He not blended with consciousness which carries the memories and contains the book of records.
258 イエスは自らの感覚の心を意識と融合させました。それ故にイエスは、私はこの世に居るがこの世の者ではないと言ったり、自身の過去に関連して他の多くの声明を述べることが出来たのです。そしてイエスは記憶を持ち運び、記録の書を内包する意識に融合しなかったら、これらの記憶を維持することは出来なかったでしょう。


【解説】
 自身の拠って立つ所を何処に置いているかがポイントであり、過去、多くの聖人がかくも大きな苦痛や困難に対して平穏な心境を保てたのも、自分の本来の場所、即ち宇宙の因とも言える世界をしっかり持っていたからに他なりません。しかし、読者の中には、それ故に因の世界にのみ憧れてしまうことにも問題があり、イエスの言われたように、肉体は結果の世界にあることも十分に認識しておく必要があります。二つのバランス融合が重要なところです。
 しかし、こと記憶になると、肉体の部分は本来、あまり得意ではないのかも知れません。私達は確かに脳細胞に記憶する場所があるとされており、記憶力が損なわれると脳が萎縮していることも確かです。しかし、本来的には本項で著者が示しているように、「記憶の書」とも言えるような膨大な知識が意識の中に蓄えられており、そこにアクセスする中で、個別肉体に依存しない記憶を運ぶことが出来るように思われます。

ジョージ・アダムスキー「生命の科学」 第7課-段落257

257 Let us consider the meaning of this. Man has two souls, the soul of the sense mind, and the soul of consciousness. It is the sense mind that can be slain by lack of memory caused by adhering only to the so-called concrete effects. We can now see that memory is essential in order to have life eternal.
257 この持つ意味を考えて見ましょう。人には二つの魂があります。感覚の心の魂と意識のそれです。いわゆる具体的な結果にのみ追従することで記憶の喪失により滅ぼされ得るのはその感覚の心です。私達は今や記憶が生活を永遠に保つ為に不可欠であることは分っています。


【解説】
 私達はこれまで、紙に書かれたもの、物体に表現された作品その他の結果物を永続するものとして自分の拠り所として来ました。しかし、それらは実はたまたまその時点で結果の世界に現された創造の結果物であり、変化する世界の中では容易に失われてしまうことに気付く必要があります。
 この結果物に依存している心は記憶を蓄えることが出来ず、やがては自分自身を見失ってしまうと本項及び前項は警告しています。むしろ私達は土地や財産その他、成果物(結果)をあまりに大切にして来た結果、本来着目しなければいけない「原因」、即ち「意識」が伝える、形がまだ出来ていない純粋は知識に目が行かなくなってしまったということではないでしょうか。
 先日も出張の途中、飛行機の窓から外を眺めていたところ、眼下に無数の雲の塊が広がっていました。もちろん、これらは結果物であり、現状は形あるものなのですが、未来永劫そこに存在することはありません。雲は付近の気流の流れから一時的に形成されたもので、遠からず、元の大気に戻って行く筈です。私達も自らが拠り所としている結果物の中身を良く知って、それら変遷する存在ではなく、それらを現出させている「因」の働きに自らを従わせるよう努めるべきだということです。
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ