2016年05月

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第17章-段落180

180 Among many religious groups, and particularly those of an occult nature, we hear much about the great wisdom of the ancients. "If you expect to evolve to a state of masterful action," we are told, "you must go back and study the teachings of the old." It sounds a little twisted, doesn't it? To evolve we must go back! But why? Evolution is an expansion, a growth. Does the tree in its process of attaining maturity grow backwards into the roots? If it did I am sure we would never taste its fruits.   I suppose no man ever appreciates the thing that he has in his hand, and while it is right that he should reach out for something new let it be an advancement, not a retrogression. Why dig up the peaceful past - it has served its purpose. It brought us to the present day - let it rest. The works of the past cannot serve us now and so far as the laws of the past are concerned we are now using them, for there is in the whole cosmos only one principle of action. It is used in the billions of varying manifestations but itself never changes. The only way in which we can prove the principle is by the effects produced and surely we are producing effects on a much vaster scale than did the ancients. In those days if a man discovered something of use to humanity he was considered divine and his revelation a miracle. Today we have a new invention almost daily and think nothing of it.
180 多くの宗教グループの中で、とりわけ魔術的性質を持つものの中にあって、私達は古代人達の偉大な知恵について多くを聞かされます。「もしマスターの行動状態にまで進歩したいと思うなら、立ち戻って昔の教えを学ばなければならない」と教えられます。しかし、それは少しねじれた考えではないでしょうか。進歩する為に立ち戻る必要があるなどということがです。しかし何故でしょう。進化は拡大であり成長です。成熟を達成する過程にある樹木が根の中に向かって下に伸びるでしょうか。もし、そうなれが私達はその果実を味わうことは出来なくなることは確かです。私は誰も自分が手にしているものを享受していないのではないか、また何か新しいことに手を伸ばすことが正しい時には進歩があるべきで、退化することはありません。何故平穏になっている過去を掘り起こすのでしょうか。それはその目的を務め終わっているのです。それは私達を今日にもたらしたのであり、休ませましょう。過去の業は今日の私達に仕えることは出来ず、過去の法則に限って、私達はそれらを用います。何故なら全宇宙の中には唯一つの行動原理しか存在し得ないからです。何十億もの異なる創造物に用いられていますが、それ自体は決して変化しません。私達がその法則を証明できる唯一の方法は、作り出された結果によってであり、確かに私達は古代人が成したより、はるかに広いスケールで結果を作り上げています。当時、もし人が人類に有用な何物かを発見したとすれば、その者は聖なる者であり、その者の発見は奇跡と見なされました。今日、私達は毎日のように新しい発見をしますが、それについては何ほども考えはしません。




【解説】
 歴史から学ぶことは大切ですが、それはあくまで"反省"の一環として取り組むべきであり、過去を美化すべきではありません。本項では、とかく私達が陥りやすい懐古的姿勢が現代の私達に役に立たないことを諭しています。
 その理由は客観的に見れば明らかなように、私達は昔の人達より進化した社会の中に暮らしており、水や電気も自由に手に入る生活の中に居る訳で、古代人より優れた生活レベルにあります。もちろんそれこそが進化の道であり、紆余曲折をしながらも私達はこれまで進んで来たのです。
 その上で、私達は自らの取り組むべき課題を少しずつであっても解決し、未来に訪れる人達に提供した上で、この世を去る必要があります。内村鑑三の『後世への最大遺物』はそうした人間の生き方を説いたものです。
 本章では特に、当時米国西海岸で多く湧き出ていたと思われる、太古の文明を起源とする新興宗教に対して警告しているように思われます。物質主義の当時の米国の中にあって、新たな精神主義の芽が出始める頃に、著者がその精神性に目覚めかけた人々に対して贈った重要なメッセージであったように思われます。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第17章-段落179

17 ANCIENT WISDOM OR MODERN PROGRESS?
179 There is some strange characteristic of the human mind that seems to find a great satisfaction in glorifying the past. The Oriental has expressed this characteristic in his ancestor worship; the Occidental has always had its hero-worship for deceased greatness; the patriarch of all nationalities sits back in his easy chair and reminisces on "the good old days." Perhaps it is that time assuages the actual realities of the past and leaves only the colorful pictures of self-created images. Perhaps it is that distant fields look greener on which ever side of us they lie, but, in any case, we find so many people living in the past that we wonder what good the present is doing at the present time.
第17章 古代の知恵か現代の進歩か
179 人間の心には過去を賛美することに非常に満足を覚えるような何か奇妙な性質があります。東洋では自分の祖先を崇拝することにこの特徴が表わされていますし、西洋では死去した偉人に対し常に英雄崇拝があります。全ての国の民族において長老はその安楽椅子に背を寄りかけて「古き良き時代」の思い出にふけっています。おそらくは時間が過去の実際の現実を和らげ、自ら作り上げた華やかな映像のみを残しているということでしょう。おそらくは何処にあろうと、遠くの畑は緑がより深く見えるでしょう。しかし、いずれの場合も私達はあまりに多くの人々が過去に生きている為、私達は現代が何か良いことを成していないか不思議に思ってしまう程です。
 

【解説】
 様々な側面や問題があるにせよ、全体として私達、地球の現代人は進化していると言えることでしょう。もちろん世情は悪化し、悪人達も巧妙化していますが、それでも全体としては様々な機械や都市施設、ネットワークは進化を遂げており、確実に私達の生活の質は向上して来ています。
 唯一、劣っていると懸念される事項は、あまりにも物質や金銭に価値を置き、精神面についての進化は滞っていることではないかと思われます。万物に神性を見出すような繊細な感受性、言葉に依存せず、印象による日々の行動選択等において、私達は未発達であり、古代人より劣ってしまったのではないかと思われます。
 確かに地球には、支援・救済の為に多くの優れた教師が来訪し、私達を指導して来た訳ですが、その教えを私達は自ら応用、活用することなくただ、恩恵・ご利益を求めて、その面影を慕っているのかも知れません。私達は今となっては不確かな過去の教えを鵜呑みにすることなく、自らの科学的な探究を基礎として、これら精神作用の真理を学んで行く必要があるのです。

ご連絡

いつもご覧戴きありがとうございます。
都合により、明日の更新はお休みします。

5月26日
竹島 正

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落178

178 Even our thoughts are of chemical composition. We are well aware that our bodies are composed of numerous chemicals; we are also aware that our bodies will not act except when permeated with a conscious thought. When a man is in a state of unconsciousness his body is inactive. It is true that the organs of the body continue to function due to the slight chemical reaction which takes place between the composing cells of the structure but even this will not continue indefinitely. The movement of any body will not take place without a chemical reaction of the elements composing the body, for it takes chemical reaction to produce energy. Potential force exists as the Father-Mother Chemical within each atom of matter but it is the reaction of these elements that produces what is known as kinetic energy which is necessary to the service of any form-action. Only another chemical will produce chemical reaction and the fact that thought is necessary to the action of the body means, then, that thought itself is chemical. For instance, when a person is in a peaceful state of mind he can partake of food and his body will assimilate the minerals without the least opposing reaction, but eat a good meal and then take into the body a highly concentrated thought of hatred or fear - the reaction of the chemicals will very soon demand either the doctor or a good dose of bicarbonate of soda. Fear, hate, selfishness, envy, etc., are elements which produce violent reactions when incorporated with the chemical contents of the body. A fit of anger, which is nothing more or less than a chemical combustion, will tear down the body structure to a surprising degree and produce what is known as pain. If the scientist in his laboratory combines certain elements according to the law of affinity and produces a harmonious result he is rewarded, but if he mixes the wrong chemicals he may blow himself to bits. Just as logs placed upon a fire serve their purpose and their elements are changed but not destroyed, the original elements of any form are eternal. A place where water has been may become dry but the hydrogen and oxygen which compose the liquid go on forever and may at any time return into form. It is the action and reaction of chemicals that produce the personality which consequently must be ever changing, but the soul which is the sum total of the original elements remains forever the same - indestructible and eternal.
178 私達の想念さえも化学的組成物です。私達は私達の身体が無数の化学物質から構成されていることを良く知っていますし、私達の身体が意識的想念で染み込まない限り、行動しようとしないことにも気付いています。人が無意識の状態にある時、その身体は不活発です。それでも身体の諸器官は構造を構成する細胞間で生じるわずかな化学反応により機能を継続することは確かですが、これさえも無期限に続くことはありません。如何なる身体の運動も身体を構成する諸元素の化学反応抜きに起こることはありません。何故ならエネルギーを作り出す為には化学反応が必要だからです。各物質の原子の中には父母性の化学としての潜在力が存在しますが、如何なる形式の活動奉仕にせよ必要な動的エネルギーとして知られるものを作り出すのはこれら諸元素の反応なのです。唯一、別の化学物質が化学反応を作り出し、身体の行動に想念が必要だという事実は、想念自体が化学物質であることを意味します。例えば、人が平安な心の状態に在る時、人は食物を摂取し、その身体はわずかの反対する反応もないまま鉱物を同化するでしょうが、良質な料理を食べ、その後、憎悪或いは恐怖で高濃度に集中した想念に身体を置いた場合、化学物質の反応は直ちに医者やかなりな量の重曹を必要とさせることでしょう。恐れ、憎しみ、我がまま、妬みその他は身体の化学成分に一体化した暴力的反応を作り出します。怒りの発作は化学的燃焼以外の何物でもなく、身体の構造を驚く程、引き裂きますし、痛みとして知られるものを作り出します。もし、実験室内の科学者が親和の法則に従ってある種の元素を組み合わせ、調和的成果を作り出せば報われますが、誤った化学物質を混ぜれば、自分自身を粉々に吹き飛ばすことになるかも知れません。火に置かれた丸太がその目的を果たすように、それらの元素は変化を受けますが、破壊はされず、如何なるものも元の元素は永遠です。水が有った所は乾くかも知れませんが、水を構成する水素や酸素は永遠に継続し、いつかは再び形あるものに戻って来ることでしょう。常に変化し続けることになる個性を作り出すのは化学物質の作用であり、反応ですが、元来の元素の全体合計である魂は永遠に同じまま、破壊されることなく、永続するのです。



【解説】
 私達が未だ知らない多くの要素が想念・印象更には意識という精神作用の中にもありますし、自然界の物質世界の中にも存在するということでしょう。
 本項は詳細な事例を説きながら、如何にこれら精神作用と物質世界の活動が互いに連動して動いているかを私達に解説しています。日頃私達は自身を研究材料とする中で自らの心の状態が自身その他の肉体に影響を及ぼしていることを知っています。これらの「事実」を見れば、生命体を基本的にコントロールしているのが、意識その他の精神作用であることがよく分かります。
 私達は未だそれらの真相について全てを知る者ではありませんが、そのメカニズムを自ら探究する過程で、様々な真理、中でも想念・印象に呼応する物質の動きを学ぶことが出来るという訳です。植物と会話が出来たルーサー・バーバンクや身近な昆虫の世界を描いた熊田千佳慕等、素晴らしい先人の業績にも出会う機会が得られることでしょう。
 究極的な表現をすれば、想念も化学物質だと言える程、私達の精神作用は物質と同等、あるいはそれ以上の影響力を有しているのです。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落177

177 The Cosmos is ever active, constantly changing, and regardless of how little interest the average layman has in scientific subjects there is not one individual in the world who is not conscious of that ceaseless activity which is going on about him every moment. The growth of flowers and trees, the falling of rain and snow, the evaporation of liquids, the expansion of metals under the influence of heat and their contraction under cold, the fermentation of vegetable matter, the oxidation of minerals, the perpetual construction and disintegration of forms cannot possibly escape the attention of even the least observant of men. If we were to carefully gather all the gases that rise from a burning log and the ashes that were left after the fire had done its work we would find that nothing had been lost in the process of transmutation. There is no such thing as total destruction. The religionist looks more or less indifferently upon all of this changing phenomena, labels it the "work of God" and accepts at its surface value but the men of science have gone beyond the surface and uncovered the interesting and illuminating fact that life as a whole is the effect of an eternal process of chemicalization and that in the knowledge of Cause chemistry lies the victory over life and death, creation and recreation, joy and pain. The universe is nothing more or less than an immense chemical laboratory in which elements are combining constantly to produce the innumerable forms of expression or manifestation. The water, fire, earth, air, and the inconceivably fine ethers above the atmosphere of the earth are all chemical compositions. Light and darkness, love and fear are all chemical reactions.
177 宇宙は永久に活動的であり、常に変化し、平均的な通常人が科学的課題に対して如何にわずかしか関心を持たなかったとしても、自分について毎瞬起こっている休むことのない活動について意識しない者は、この世界に誰一人居ません。花々や木々の生長、雨や雪の落下、液体の蒸発、熱の影響下の金属の膨張や寒さの中でのそれらの収縮、植物性物質の発酵、形あるものの永久的な形成と分解は皆、どんな鈍感な観察者の注目をも見逃されることはあり得ません。もし、私達が燃える丸太から立ち上る気体を全て集め、火がその仕事を終えた後に残った灰を注意深く集まるなら、私達はその変質過程において何一つ失われたものが無いことに気付くでしょう。完全な破壊というようなものは存在しないのです。宗教家はこの変化の現象の全てを多少とも無関心に眺め、それを「神の御業」とレッテルを貼り、表層的な価値を受け入れますが、科学に根ざす人はその表層を越えて、全体としての生命は化学作用の永遠なる過程の結果であることや宇宙的化学の知識の中に生死や創造と再生、喜びと苦痛を超えた勝利があるという興味深く啓発的な事実を発見して来ました。宇宙空間とは諸元素が無数の表現の形あるものや現出物を常に結合させている巨大な化学実験室以外の何物でもありません。水、火、土、空気そして地上の大気の上部にある思いもよらない微細はエーテル体等、全ては化学的化合物です。光と闇、愛と恐怖も皆、化学反応なのです。



【解説】
 私達自身の身体も含め、あらゆる自然界の活動、即ち世の中の全てのものが常に元素の間の反応から成り、”静止”ということは一瞬たりとも無く、皆変化の途中にあるということです。
 私達はこれら常に動く世界の中に居る訳で、この状況に気付かない人は居ない筈です。問題はそれらの変化に関心を持ち、その仕組みや存在を探究することによって、宇宙における創造作用を学ぶことが出来るかどうかです。
 本項ではその探究の必要性を特に説いている訳で、単に”神の御業”とラベルを貼って済ませることには発展性は無いと指摘しています。
 更にこのような活動要素は私達自身の身体内部はもちろん、感情の作用も化学物質が関連していると指摘しています。今日では精神医学でよく知られているセロトニン等の精神作用のある物質が人間の気分に関係していることを既に著者は以前から説いていたことになります。
 私達を取り巻く世界、仏国土はかくも豊かな諸活動によって埋め尽くされており、常にある状態に留まっている訳ではありません。その活動に気付き、共鳴・同調することが出来れば、私達の進化の歩みも一層早まることでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第16章-段落176

16 THE CHEMICAL UNIVERSE
176 There is nothing in this world that does not speak the universal language and reveal the secrets of the Cosmos if we are alerted to the frequency of that which we observe. It is through this small world of ours that we can gain our understanding of the cosmos, and such knowledge can come through unceasing research regarding the elements which compose our earth, atmosphere, and the various forms upon the earth.
第16章 化学的な宇宙
176 私達が観察するものの周波数に私達が鋭敏であれば、この世界で宇宙普遍の言語を語り、宇宙の神秘を明かさないものは何一つありません。私達が宇宙の理解を得ることが出来るのはこの私達の極微の世界を通じてであり、こうした知識は私達の大地や大気、そして地上における様々な形あるものを構成する元素に関して絶え間ない研究を通じてもたらされることが出来るのです。



【解説】
 本項で注目すべきは、”極微の世界”を通じて全宇宙を理解できると説かれていることです。端的に言えば、身近な自然の生きもの達への観察や自身の身体の働きを考察することによって宇宙を貫く原理・法則を知ることだということです。
 もちろん、その奥には極微な原子の持つ知性と接し、それらから発せられる宇宙普遍の言語である想念・印象を知覚することで、自らもその宇宙の真の構成員となることが出来るという極意があることでしょう。
 その為には、先ず、本文にあるように、私達が接するあらゆる”波動”に対し、それが含有するメッセージを同時に感受することが必要になります。優れた感性こそがその者の進化を導く源という訳です。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落175

175 The Great Ones who have performed so-called miracles in the controlling of elements could not have done those things if they had not understood the language of feeling and realized that every living thing also possessed the same awareness. Intuition in man, instinct in animal, affinity and attraction of atoms in matter are all evidence of the cosmic language. Every smallest frequency in the whole system is a word spoken by the voice of consciousness and when man has alerted his mortal sense mind to the place where it becomes aware of even the slightest motion of energy he will have torn away the veil of mystery that separates himself from the Cosmic Halls of Wisdom.
175 元素群を制御する中でいわゆる奇跡を演じた偉大なる者達は、もしフィーリングの言葉を理解せず、あらゆる生けるものもまた同じ知覚を有していることを自覚していなければ、そのようなことを成し遂げられはしなかったでしょう。人間における直観、動物における本能、物質における原子の親和性と引力は全て宇宙的な言語の存在の証です。全体体系の個々の最小の周波数は意識の声によって語られた言葉であり、人が自らの死すべき感覚心をほんのわずかな動きのエネルギーにも気付ける場所に注意を喚起する時、人は自分自身を宇宙的な智恵の感覚から切り離して来た神秘のベールを引き裂いていることでしょう。




【解説】
 実に世界は波動に満ちており、その波動の各々が意識の声を伴っているという訳です。
 以前にも、私達は宇宙を構成している原子の一つ一つが知性を持っていることを学びましたが、それら原子が印象を波動で伝え合い、互いに一体化しているのです。
 もし、そのことに私達が気付けば、その効果は比類ない大きなものとなる筈です。悠久の昔から存在し、記憶を蓄積している原子から、その問題の解決策を学び、また遠隔地の存在からも素敵な情報を得られるからです。
 このように私達が自らの心を解放し、身の回りに溢れる波動を感受し、あらゆる生きものと親しくなることが出来れば、もはや何ものも必要とせず、満ち足りたそして充実した人生を歩むことが出来るというものでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落174

174 When the Christ, made the statement, "I and the Father are one" He was professing absolute knowledge of the cosmic language, for the Father is All and how could the Christ be one with all unless he was able to enter into communion with it and acknowledge his relationship to it.
174 キリストが「私と父とは一つだ」と述べた時、キリストは宇宙的言語についての絶対的な知識を持っていることを明かしたのです。何故なら父は全てであり、キリストはその中に一体化して入って行き、自分とそれとの関係を自覚していなければ、どうして全てと一体になることが出来ることになるのでしょう。



【解説】
 イエスも仏陀も同じ心境に達していたことでしょう。本項では私達のゴールの目的地を明確に示しています。本章のテーマである”宇宙の言語”とは、その源泉には創造主・父とも言うべき存在があり、その存在と如何に密接な関係で居られるかが、鍵(カギ)ということになるでしょう。
 この場合、イエスは「私と父とは一つだ」と言い切っているのです。それほどに宇宙の源泉を理解し、身近に感じられる状態に至っていたという訳です。
 私達は日頃、この父に助けを求めながら、父の元に心を寄せて、人生を歩んで行くべきで、単なる一時的な能力開発を目指してこの精進の道を歩むべきではありません。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落173

173 It has been said that such form of communication cannot be relied upon but that is untrue. We are being guided constantly by the voice of conscious thought, whether projected from a cosmic source or through a personal channel. There is no man who is not to some extent aware of his power of intuition which is nothing more or less than the voice of consciousness.
173 このようなコミュニケーションの形成は信頼できないとされて来ましたが、それは真実ではありません。私達は宇宙的源泉から投影されたものにせよ、個人的な経路からにせよ意識的想念の声によって常に導かれています。意識の声以外の何物でもない自らの直観力について幾分かも気付いていない者は誰一人居ないのです。

【解説】
 昔、この道の先輩から、”直感に従って間違ったことはない”というお話を伺ったことがあります。多くの発見や多数の芸術作品がこの瞬時に訪れ、最終形を直接私達に授ける直感から生まれました。この”直感”こそが本項で説かれている宇宙的な源泉から来る想念であり、意識作用を持つものです。
 また、これらの要素は実は日常的にわずかではあるものの、私達自身が既に活用しているという訳です。
 とかく心は理屈を求める為、一つ一つの根拠を探し回る訳ですが、それでは検討するケースの数が増えるだけで、効率的ではありません。しかし、直感として私達が認識する想念・印象は直接、最終的な答えのみを私達に授けるように思います。その為、直感に従えば私達は無駄な努力せずに済むという訳です。
 もちろんその為には、先ずは直感を授ける源泉を信頼出来ることが条件となり、何一つ疑いなく直感に従えるかがポイントになります。その際、いろいろ失敗も得るでしょうが、その時の誤りについてどのような心境が原因であったかを学習して行けば良くいのです。常に心を解放し、精妙で素早い印象の流れに鋭敏な存在になる必要があります。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落172

172 We have spoken about this language as it expresses through the medium of sound, which is one of the lower voices of consciousness, but let us now consider thought. Here we have taken a step higher for through this form of communication we have eliminated time and space. Through the medium of thought we are able to speak to another although we are thousands of miles away and the contact is made almost instantaneously. Through this means of transmitting a message we can contact another person even though their body is in the state of sleep. Conscious thought is a messenger that works unhampered by time, space or conditions.
172 私達はこの言語というものについて、意識の低次な声の一つである音の媒体を通じて表現されるものとして語って来ましたが、更に想念を考えて見ましょう。ここでは私達は一段高いステップに立っています。何故ならこのコミュニケーションの形態を通じて私達は時間と空間を取り払っているからです。想念の媒体を通じて私達は何千マイル離れていても他者と話すことができますし、その接触はほとんど瞬間的に行われます。このメッセージを発信する手法を通じて私達は相手の肉体が睡眠状態にあっても相手と接触することが出来ます。意識的想念は時間や空間、あるいは状態に妨げられることなく働くメッセンジャーなのです。



【解説】
 宇宙普遍の言語とは、音声言語ではなく、更に高位な位置づけにある想念・印象であると本項は説いています。注目すべきはこれら想念について、本項では実に優しく解説されていることです。
 つまりは、著者は私達が想念・印象を従来の声に代わって用いる”言語”にすれば、その作用ははるかに容易に相手と意思疎通が図れるものとなると説いているのです。距離は関係なく、瞬時に相手に伝わりますし、仮に相手が寝ていても想念・印象は相手に伝達されます。”夢のお告げ”や”まさゆめ”等がそれです。
 重要なことは、これら想念・印象を取り扱う機能は生きもの全てに最初から授けられているということです。従来の自分達が作り出した音声言語より、はるかに使い易い想念・印象のコミュニケーションが、私達にもたらす恩恵は計り知れません。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落171

171 Man's greatest power lies in his recognition of this cosmic language, for when he realizes that every tiniest atom is able to comprehend the language he speaks he will impersonally command with greater certainty and all lesser forms of life will obey him. Man, himself, will rise to vaster heights of accomplishment for he will know the greatest and the smallest and can guide them into united action.
171 人の最大の能力はこの宇宙的言語の理解の中にあります。何故なら人があらゆる最小の原子は人が話す言葉を理解することを理解するや、人はより大いなる確かさで非個人的に命令を下すことでしょうし、人より下位の全ての生きものは人に従うだろうからです。その結果、人は自分自身、達成のはるかの高みに昇ることでしょう。人は大いなるものも小なるものも合わせて知り、それらを結束した行動に導くことが出来るからです。



【解説】
 最近は仕事上、ラオスに行く機会が多くなっており、現地では休日に仏教寺院を訪れることを楽しみにしています。その中で目にしたものに本項で説かれた内容に近いことがあります。
 多くの寺の建物の壁や天井には、いわゆる仏陀の一生や逸話を表現した色鮮やかな絵画が描かれています。その絵を見れば文字が読めなくても仏陀を巡るその逸話の内容が良く分かるようになっているのです。
 その中に仏陀があらゆる生きものを従えさせる能力を有していたことも大きなテーマになっています。大蛇や象を従えさせたり、歩く足跡から次々に花が咲いた等々の事柄が描かれています。
 実はこうした事柄は、これまで仏陀の持つ奇跡と思われて来たのですが、本項を読めばそうではなく、私達自身、宇宙普遍の言語を理解すれば、各原子達もそれに従い、私達の指令に従うという訳です。互いに理解し合えることになれば、協力出来ることは普遍的な原理なのです。
 かつて仏陀が自らやって見せた事柄の意味を後世ようやく理解する段階に至ったということでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落170

170 The language of the cosmos is the vibration or frequency of sound, of light and of thought. It is all one voice - the great voice of feeling. It speaks with deep reverberation in the thunder and it speaks in the silence of our deepest repose.
170 宇宙の言語は音、光そして想念の振動ないし周波数です。それら全ては一つの声、フィーリングの大いなる声です。それは雷鳴の深い反響と共に、また私達の深い安らぎの沈黙の中でも語っています。



【解説】
 宇宙普遍の言語とは波動であると本項は説いています。人の発言や動物の鳴き声、その他想念も含めあらゆる意思の表現の背景には波動があり、その波動こそが基本的な意識伝達機能を持っているという訳です。
 よく若者が音楽プレーヤーを片時も離さず聞いている姿を目にしますが、音楽に惹かれる原因はそれが伝えたい意思に共鳴するからかも知れません。音楽は聞く者の心を同調させる力があるように思われます。
 一方、多くの方は同乗記の中に宇宙船内でアダムスキー氏が様々な変動するグラフィックスを見たことを覚えていると思いますが、他惑星の人々はこれら波動を計器で検出し、応用する装置を既に有しているということでしょう。
 私達が自らの意見を言葉で相手に伝えようとする時、その発生と同時に想念も発せられ、それら全てが波動となって相手に伝達されます。それら波動を受け止め同調して理解出来るか否かが宇宙普遍の言語の取扱い能力になります。日本には「言霊(ことだま)」という概念がありますが、言葉を発すると同時にこれらの波動が空間を伝搬し、様々な作用をもたらすこと、言葉にはこうした実現力があることを古くから戒め、自らの想念を正すよう教えていることにも通じる内容です。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落169

169 If it were not true that a universal language exists how is it possible to train animals to act according to man's command? Even a little insect like the flea can be trained to perform perfectly. It is certainly not the human voice or the words spoken in French, English, Spanish or any other tongue that guides their actions; it is the voice of conscious feeling which speaks more clearly than any audible word.
169 もし、宇宙普遍の言語が存在するということが真実でなかったとしたら、どうやって動物達を人間の命令に従って行動するよう訓練することが可能となるのでしょうか。ノミのような小さな昆虫でさえ、完璧に演技するよう訓練され得るのです。彼らの行動を導いているのは人間の声、或いはフランス語、英語、スペイン語その他の言語で話された言葉ではないことは確かです。それは耳に聞こえる言葉よりも更にはっきり話される意識の声なのです。



【解説】
 分かりやすく言えば、”気持ちは伝わりやすい”ということでしょう。個別の音声言語は習得に多くの努力を要しますが、”気持ち”(想念・印象)は実に容易に相手に伝わるものです。本項に例が掲げられている動物の調教の場合などは、如何に種を超えて意思交流が行われるかと示すものです。
 実際はむしろ人間以外の動物の方がこうした想念・印象を察知できるものと思われます。相手の心情を鋭敏に感じ取る能力は、私達がペットに癒される等の実例からも良く分かります。
 こうした想念・印象への心の解放こそが、これからの私達の努力の目標であり、心の解放が進むにつれて、多くの印象が心に湧き上がることとなります。従来は途中で挫折していたであろう状況においても、心は余裕を持って次なる打開策の提案を印象から得ることが出来るからです。多くの発見が生まれるでしょうし、その結果、無用な心配事は消え失せ、宇宙への信頼が増すことになります。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落168

168 Why is one very joyful in the springtime and vibrant with life? Why does the feeling of quiet releasement come with the fall of the year? Because nature speaks the cosmic language and man, though he realizes it or not, understands that language and is affected by it.
168 何故、春に人はとても楽しく生気に溢れるのでしょう。何故、秋とともに、落ち着いた解放感がやって来るのでしょうか。それは自然がその宇宙的言語を語っており、人は認識するしないにかかわらず、その言語を理解し、それに影響を受けているからです。




【解説】
 私達も知らない間に、この宇宙普遍の言語に多少は気づき、影響を受けているということでしょう。自らの心が自我の束縛から解放され、広く受け入れる態勢になった時、私達には更に多くの宇宙的印象が湧きだし、宇宙を理解することが出来ることでしょう。
 人間以外の生きもの達は日常的にこれらの知覚作用を活用しており、本項にあるように春の芽吹きや秋の落ち着いた雰囲気を直に感じ取り、必要な準備を進めるのです。彼らは十二分に季節の恵みを享受しているという訳です。
 しかし、一方地球の人間達はどうでしょうか。自らの主義・主張との些細な違いから相手と殺し合いの戦いに明け暮れたり、文化財を破壊したり、凡そ宇宙的調和と反対する行為を続けています。結局は自我の行き着く先はそうした争いでしかないのです。まさに自滅の道という訳です。
 これに対し、宇宙普遍の言語は永続する調和を象徴するものです。今日的にはsustainable(持続可能)な要素が溢れています。過度な努力を不要とし、適宜適切な行動を起こすよう呼びかける印象の声という訳です。私達はインスピレーションを絶えず受けることによってのみ、進化を遂げることが出来ます。”野のユリ”はこうした姿を象徴するものでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落167

167 Why is one affected by music, for instance? It does not speak words as a human speaks and still one melody will produce a feeling of great joy, another of sadness, and still another will carry one into a state of exaltation. It effects a person who has never studied the science of harmony just as it affects the one who is a musical master. Music is a universal language for it is interpreted through the Cardinal Sense of Feeling.
167 例えば何故、人は音楽によって影響を受けるのでしょうか。音楽は人間が話すような言葉を語ることはありませんが、それでも一つのメロディーは至福感を作り上げ、他のメロディーは悲しみを、そして更に別のものは聞く者を高揚感の中に導きます。それは和声学を学んだことのない者も、音楽の巨匠である人に作用するのと同様に影響を受けるのです。音楽とはフィーリングの中枢感覚を通して翻訳されるが故に、一つの宇宙普遍の言語と言えるのです。



【解説】
 宇宙普遍の言語について、私達は既に知らず知らずの内に少しは活用しているのだと思います。本項に説かれているように、音楽は誰でも共通に理解することが出来ますし、絵画、その他も同様でしょう。実は私達の生活のかなりな部分が音声言語以外の意思疎通、相互理解が行われているのです。
 そのメカニズムについて、著者は音楽を聴いた際に自身の中のフィーリングという中枢感覚を通じて音楽波動が解釈されるのだと説いています。つまり重要な点は、確かに耳(鼓膜)を経由して音が伝わる訳ですが、それらの「音」を「音楽」として解釈するにはフィーリングという本質的な感覚による解釈が必要だという訳です。
 感覚器官から伝達される単なる信号を如何に解釈するかは、このフィーリングの機能だということです。一方、私達は元来知らない内にこの機能を用いている訳で、いわば誰でも生まれながらにこの機能を有していることになり、それこそが宇宙普遍、万物共通の意思疎通の源となっているということでしょう。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落166

166 You are related to everything in the cosmos. The language of consciousness is spoken by all, and if you will be continuously aware of this fact the time will come when you will understand every living thing. The leaves upon the trees, the chirp of the birds, the croak of the frog, the hum of the bees - all will speak to you and you will understand life as it manifests through each individual channel. Every slightest sound will become a voice no different than the voice of another human and you shall partake of the consciousness of each thing that lives.
166 貴方は宇宙の中のあらゆるものと関連しています。意識の言語は全てのものによって話されており、貴方がこの事実に絶え間なく気付いていれば、貴方があらゆる生きものを理解する時が来ることでしょう。木々の葉、鳥達のさえずり、カエルの鳴き声、ミツバチの羽音、これら全てが貴方に話し掛けるようになり、貴方は各々の経路を通じて生命が現れることにより生命を理解するようになるでしょう。一つ一つのわずかな音が他の人間の声と何ら変わらない声になることでしょうし、貴方は生きるものの意識を分かち合うことになる筈です。



【解説】
 既に本シリーズを学んで来た多くの皆様は、本項で著者が説く”意識状態”について、何らかのイメージを掴んでいるものと思います。とかく”意識”という場合、難しい哲学概念のように思われますが、実は違います。赤ちゃんでも分かる程、シンプルなものと言えるものです。日常、私達自身の中にあるもので、もちろん形は無く、自由自在に自ら望む場所に移動でき、相手と容易に融和出来るような存在かと思います。
 その意識こそが実は生命を根本的に支えるという大きな力を持っている訳で、本項で言えば、鳥のさえずりに私達が気付けば、それと同時に意識がその声を発するものと融和し、互いに理解出来るという具合です。
 今までは自らの心が頑なで、自分の関心事以外には無頓着であった私達がより広い自然の中にも大切なもの、美しい存在があることに気付き、それらに心を開く時、同時に私達の意識もそのものと一体、融和することが出来、互いの理解が深まるようになるのです。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落165

165 We have conceived the idea of a universal language among men because we are aware of being able to understand the human voice and have developed the habit of expecting the voice of man to interpret for our benefit the thought which passes through his mind, but we have not included in our efforts of unification any but the man kingdom. Why should this be so, for are the sounds which make up the various languages so different than those of nature itself? As the different races of men speak with various sounds and combination of sounds; each form of life in this world does the same, yet we do not seek to understand them. Man has limited himself to one phase of life and has closed the door upon the vastness of the Cosmos. This is due to the fact that he has given recognition only to the mortal senses which gain their impressions from outer things. He expects to hear only those sounds that are coarse enough to affect the physical organ of hearing and so he loses the ability to interpret the cosmic language as a whole. And what is this cosmic language? It is conscious feeling - the voice that speaks through every form and which, therefore, unites All into an inseparable unit. There is nothing in the cosmos that cannot speak to man with the voice of conscious feeling and there is not one thing that cannot understand that language. It speaks as clearly through the smallest thing as it does through the greatest.
165 私達は人間の間にある宇宙普遍の言語についてのアイデアを思い付いて来ました。何故なら私達は人間の声を理解出来、自分の心を通過する想念を私達のためになるよう翻訳しようとする習慣を発達させて来たからです。しかし私達は私達の統合化の努力を人間界のみに留めて来ました。何故そうなってしまったのでしょう。様々な言語を作り上げる音は自然自体の音とは違い過ぎるからでしょうか。様々な異なる人間は異なる音や音の組み合わせで話しますし、この世界の各々の生きものも同じことをしますが、私達は彼らを理解しようとはしません。人は自分自身を生命の一つの側面に限定させており、宇宙の広大さのドアを閉めているのです。これは印象を外部のものから得る死すべき感覚のみに認知を与えて来た事実によるものです。人は肉体の聴覚に影響を与える程の粗い音声のみを聞き分けることを期待しており、その結果、全体としての宇宙的言語を翻訳する能力を失っています。そしてこの宇宙的言語とは何でしょうか。それは意識的フィーリング、あらゆる形あるものを通じて語られる声であり、それ故、全てを離れられない単位に結びつけるものです。それは、最も大きなものを通じるのと同様に、最も小さなものを通しても明確に話し掛けています。



【解説】
 宇宙普遍の言語は音声によるものではありません。また、あらゆる生きものが自身の音声による表現の他に想念・印象の相互交流を行っており、私達地球人もその印象によるコミュニケーション能力を発達させることが出来れば、人間通し互いにその意思を理解出来るのみならず、他の動植物とも同じ生きもの同志共通の一体感や意思疎通を図れるものということでしょう。
 このことは、もし皆様のご自宅に犬や猫を飼っている方があれば、それらは家族の一員として、用いる言語は異なっても互いに理解し合えることはお分かりだと思います。相手が何を感じているかが分かる程、想念・印象は生きもの同志、容易に感じ合えるものだと思われます。
 問題は私達の側にあって、そもそも宇宙普遍の言語を新たな音声言語を造り出そうとすることに無理があるということでもあるのです。私達の既存の四感覚に頼らず、本来の印象への感受性に目標を置いた取組が重要だということです。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落164

164 Although few men are aware of its existence there is a universal language - a language which includes not only the expressions of man but that of every living thing; a language so simple that even a new-born babe can understand
164 ほんのわずかの人しか、その存在に気付いていませんが、宇宙普遍の言語は存在するのです。人間による諸々の表現のみならず、あらゆる生きものの表現を含んだ言語で、あまりに簡単なため、生まれたばかりの赤ん坊さえ理解することが出来ます。



【解説】
 実は宇宙には全ての生きものが分かりあえる共通言語があるという訳です。その存在に気付いていないのは、音声言語にのみ依存している人間だけかも知れません。
 既に私達はこの一連の講座で、想念・印象による意思の交流について学んで来ました。本章では、更にその持つ意義を学ぶことになります。
 想念・印象の感受には何らの知識は不要です。生まれたばかりの赤ちゃんですら自在にその能力を発揮できるのです。言葉を未だ学んでいない赤ちゃんは相手がどのような気持ちを持っているか、大人以上に鋭敏に感じ取れます。それ程にテレパシーは簡素な基本能力ということでしょう。
 あらゆる生きものには共通にこれらの能力が備わっており、私達が素直になり、自らの心を本来の素朴無垢な状況に解放すれば、自ずとその能力も現れて来るというものです。自然界で遊ぶ生きもの達は、この印象感受、宇宙の言語を活用することによって、厳しい環境の中でも実に楽しく毎日を送っているのではないでしょうか。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第15章-段落163

15 THE LANGUAGE OF THE COSMOS
163 In recent years there has been a greater trend towards the brotherhood of man than ever before in the history of this civilization. The advent of radio, television, etc., have united the world into a common relationship. There has been much discussion among the learned men of every nation regarding the possibility of formulating a common language so that intercourse between peoples of different nations may be facilitated.
第15章 宇宙の言語
163 近年、この文明の歴史の中でこれまで以上に人間の兄弟愛に向けてのより大きな傾向が生まれています。ラジオやテレビその他の到来は世界を共通の関係に結びつけて来ました。異なる国々の人々の間での交流を促進できるよう、共通の言語を形成する可能性に関し、あらゆる国の学者達の間で沢山の議論がなされました。


【解説】
 移動手段や情報連絡手段が限られていた昔は山一つ離れた村とも互いの行き来は少なく、ましてや海を越えた国々とは全く異なる世界であり、異民族、異文化の世界とみなして来ました。
 しかし、昨今では容易に諸外国にも出かけられ、ビジネスでも相互依存が急速に進行しています。
 以前にも書いたことですが、アダムスキー氏は生前、これからの世界共通語はアメリカ英語になると言明していたことがありました。当時、私はある高校でドイツ語か英語を選択する時期だったのですが、この言葉を受けてその学校の特色(ドイツ語)をやめて、英語を選択したことを覚えています。
 果たして、半世紀後の今日の世界、ほとんどの場面では英語によるコミュニk-ションが一般的となっており、アダムスキー氏の指摘が証明されたことになります。
 さて、このような延長線上にあるもの、即ち人々の交流が進むと必然的に共通語が必要だとする認識が生じることは、今後も高まるものと思われます。更に人間のみならず、植物や動物達など身近な生き物達との交流、他惑星との交流等においては、印象による交流、テレパシーへと道は続いています。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第14章-段落162

162 It is not the exertion of the personal will but the releasement of the personal to the impersonal will which brings increased energy and wisdom into our lives. We need only to remove the barrier of "self"-ishness and a tide of understanding will flow in and through our being until we become immersed in its activity
162 エネルギーの増加と知恵を私達の生活にもたらすのは、個人的意志の行使などではなく、個人的意志の非個人的意志への解放によって行われます。私達は只、自己中心的障壁を取り除くだけでよく、そうすれば理解の潮流が流れ込むようになり、遂には私達を通じてその活動の中に没入することになります。




【解説】
 他人から命じられたり、自分の意志を失って自我が消滅した上での自我の放出ではなく、自分の意志として、自ら進んで自我を大海の中に融和浸透させることが重要だということでしょう。リラクセイションという心境はその為に無くてはならない条件という訳です。
 今まで私達は自分の力で努力し頑張れば物事は達成出来ると励まされて来た訳ですが、本章を学んで見るとどうもそれは真実ではないようです。もちろん習慣に流され怠惰な生活を勧めるものではなく、日々努力すべきは自身の心の頑迷さを削り取り、より多くの印象を感受出来るような態勢に自分自身をもって行くことです。
 因からの印象の流入が盛んになれば、日々の進歩は間違いありません。”他力本願”の真意もそこにあるものと思われます。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第14章-段落161

161 The idea that one must become strenuous in outward action or must display an appearance of great personal effort in order to accomplish outstanding things is a false belief. The person who reaches the greatest heights of accomplishment is he who holds all of his actions in a serene and peaceful state, recognizing the fact that he is not the instigator or projector of intelligence but only the form through which it flows into manifestation; and the more fully the recipient is cleared for action the greater the action will be.
161 人は顕著な物事を達成する為には、外に向かっての行動に奮闘し、或いは大いなる個人的な努力をしている姿を示さなければならないとする考えは誤った信念です。最高位の達成に行き着いた人は、自らの行動を澄んで平安な状態に維持し、自らを英知の扇動者や計画者としてではなく、自分が創造物に流れ込む形あるものでしかないという事実認識をしている者です。そして受容者が行動の為、より完全に空になればなる程、より大いなる行動が起こることになります。



【解説】
 ここでの教え、即ち何故リラクセイションが必要かについて説かれた部分は、浅学の身ですが、何か般若心経等、仏陀の教えの「空」を想起させます。私達は自らの、即ち自我の力量で成し得る事柄は実に大したものではありません。より大切な物事の達成には内なる因から湧き起る印象を体現、実践することによって初めて成されるという訳です。
 その為にも、絶えず自分というものを落ち着かせ、印象の到達に気付くことが出来るよう、監視・警戒しておく必要があります。自分の意見で心を満たしてしまっては、それらを受け入れる余裕も無くなるのです。
 私達はやって来る印象の表現者であり、楽器のようなものでしょう。楽器自体で音楽を奏でることは出来ませんが、優れた音楽家があやつれば、絶妙な調べが奏でられることになります。
 その為には、楽器自体の整備はもちろん必要ですし、いつ演奏家が来ても良いように普段から備えておく必要がある訳です。
 「空」という仏教の概念は本章で言うリラクセイションに繋がるように思われます。

ジョージ・アダムスキー「宇宙哲学」第14章-段落160

160 Man is capable of expressing the fullness of life but he must become non-resistant to cosmic energy if he would have it express through him. He has lost the true course of action by exalting the personal ego; he has created the habit of believing that all accomplishment is brought about through the exertion of personal effort. He fatigues himself unnecessarily by trying to force conditions which will come about perfectly in a natural way if allowed to do so. Much energy is wasted because of personal dominance. It is difficult for the mortal to understand that impersonal non-resistance allows a free flow of energy, that in peace there is more intense activity than in friction. Man has become so aware of the coarser frequencies that he cannot realize action in its finer, more quiet and peaceful state. One who does live the non-resistant, receptive attitude has found the highway of true happiness, for he knows no fatigue, no pain, no disappointment.
160 人は生命の完全さを表現できる能力を有していますが、それを自分を通じて表現するには、宇宙エネルギーに対して無抵抗にならねばなりません。人は各自のエゴを高ぶらせた結果、真に歩むべき行動の道を見失ってしまいました。人は全ての達成物は各自の努力の行使を通じてもたらされると信じる習慣を作り出してしまいました。人はもしそうすることが許されれば自然と完璧に訪れるような状況に対して、無理強いすることで、不必要に自身を疲労させています。より多くのエネルギーが個人の優位のために浪費されています。死すべき者にとって、非個人的な無抵抗がエネルギーの自由な流れを与え、平穏の中には摩擦状態よりはるかに強烈な行動があることを理解するのが難しくなっています。人はより粗雑な振動に対してあまりにも敏感になってしまったため、より精緻でより静かな平穏な状況における行動を知覚することが出来ないのです。こうした中、無抵抗で受容的な態度で断固生きる者は真の幸福の王道を見つけています。何故なら、その者は疲れや痛み、失望を知ることはないからです。




【解説】
 同じ肉体構造を持つ他惑星人が何故私達地球人より豊かに、また驚異的に高いレベルの生活を営んでいるか、本項ではその理由を指摘しています。
 即ち、肉体である以上、様々な限界もある訳で、その点は私達地球人とも同じ訳です。唯一の違いは彼らはある意味疲れることなく、活動を行うことが出来ることです。私達はガムシャラに働き、苦労を重ねる訳ですが、その結果多くの場合には、うまく事が進まずに挫折したり、心身共に疲れ切ってしまうものです。
 しかし、彼ら他惑星人はもっと自由、伸び伸びとした心境で、心配や無用の努力をすることなく、因からの印象による指示に従って適切な時、適切な状況の下、ベストタイミングで事を成すことで、最小限のエネルギーで物事を達成してしまうということでしょう。
 それを可能とする為には、決して自我の視点からでなく、全ては因の指示、即ち宇宙を貫く創造主の意思を印象を介して察知し、それらに従うことが必要です。テレパシー能力により先を見越すこと、繊細は印象世界に気付いていることがある訳です。
 既にお分かりの通り、一度これらの存在を悟ったからと言って、その瞬時の体験で留まっていてはならないのです。その後、その心境を自らの実生活に活かし、周囲の者にも感化影響を及ぼすことが望まれています。

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ