7. CONSCIOUS AND SUB-CONSCIOUS MIND
079  There has been, and is, widespread misunderstanding regarding the status and function of the subconscious mind. This lack of knowledge has caused many people to get lost in mysteries which are of no value to humankind. There are books and teachings regarding the subject, which we find by research to be wrong. We know that the so-called conscious mind, which is the intellect that we use daily to govern our normal activities, is very fickle and weak. This mind receives impressions from the senses and formulates its own opinions and is subject to uncertainties, fear, or any emotional change that comes its way. This mind gives credit to a sub-conscious mind which it feels possesses memory of past events and a greater knowledge of things unknown to itself.
第7章 意識的心と潜在意識的心
079 潜在意識的心の状態と機能については、広範囲に拡がった誤解があります。この知識の欠如の為、多くの人々は人類にとって何らの価値のない神秘の中に迷っています。このテーマに関して書物や教えがありますが、私達は調査の結果、それらが誤りであることを見出しています。私達は、日常、私達が普通の行動を支配するために用いている知性である、いわゆる意識的心は、大変移り気であり、弱いことを知っています。この心は諸感覚から印象を受け取り、自分の意見を作り上げ、やって来る不安定さや恐れ、あるいはその他感情への変化に従属しています。この心は過去の出来事に関する記憶や自分自身には分からないより偉大な知識を有していると感じている潜在意識の心に信任を与えているのです。




【解説】
 よく言われる潜在意識とは何か、あるいは通常私達が言ういわゆる顕在意識とは何かについて、本章で私達は改めて学ぶことになります。
 著者はこれらこれまでの意識についての分類には誤りがあり、そのように分類することに意味は無いと語っています。重要な点は私達が通常、意識或は顕在意識や意識的心と言うべきものは、もっぱら各自の感覚(視覚、聴覚、味覚、嗅覚)の意見に従っているだけで極めて不安定なものだと説いています。つまり、唯一の拠り所はこれら感覚器官の反応とこれまで記憶に残っている経験のみで、真理に基づくものではないのです。
 一方、潜在意識は人間にではなく宇宙的知性に基づいており、はるかに優れた知性を有しています。この潜在意識との交流こそ私達に必要であり、各自はもっと親しむことが求められているのです。