351 We have shown earlier how emotions affect not only the brain, but the body as a whole. Every cell composing it reacts to the thought. So in the case of the above mentioned mental picture, the thoughts of deception in the mind of the man produced certain chemical changes in the cells of his body; and impressions from his body cells alone could have been received. However, in this particular instance, the thought actually passed through the brain-amplifier, and therefore created more forceful waves in the mind-element of space. These waves exerted definite pressures around innumerable people, yet they were ignored. One person-myself, in this case-being in a state of receptivity, became aware of this pressure acting upon my body, and allowed the transmission of it to register upon my brain without interruption.
351 私達は以前、どのようにして感情が頭脳だけでなく身体全体に影響を与えるかについてお示ししました。身体を構成しているあらゆる細胞が想念に反応するのです。ですから、上述した心の映像の場合、その男の心の中の策略の想念は彼の身体の細胞に何らかの化学変化をもたらしました。ですから彼の肉体細胞からの印象だけでも受信は可能だったのです。しかし、この事例の場合には、その想念は実際に頭脳増幅器を通った為、宇宙空間の心の要素の中により強力な波動を創り出しました。これらの波動は無数の人々の周囲に明らかなる圧力をもたらしましたが、人々は無視したのです。この場合、私一人が感受出来る状態であったため、私の身体に加わるこの圧力に気付き、その圧力を妨害することなく、私の頭脳へ伝え、登録させたのです。



【解説】
 本項は前述来の紹介事例において、その企ての想念波がどのようにアダムスキー氏によって把握されたか、具体的に解説しています。
 もちろん、波の伝搬には波を伝える媒体が必要なのですが、ここでアダムスキー氏は空間にある媒体を”空間の心の要素”と表現し、宇宙空間は人間の心のようなものだと示唆するのと同時に、私達の想念がこれら空間を伝搬し、遠隔地にも伝わっていることを説いています。
 これら空間を多くの想念が伝搬している訳ですが、多くの人々はそれらに無頓着であり、無視しているという訳です。今回の事例は、詐欺の発見でしたが、その他重要な科学の発見もある訳で、私達は互いにこれら発する想念によって相互に影響を受けていることになります。互いに正しい想念を維持することが如何に大事であるかが良く分かります。