328 In order for anyone to be hypnotized, he must voluntarily give up his will to the will of the hypnotist. This can be extremely dangerous if repeated too often, for the will of the individual is weakened. The sense-mind is stilled by hypnotism, and thereby opened to suggestions from the operator. The sensory reactions are so subdued that you can suggest to a hypnotized person that ammonia smells like essence of roses, actually holding a bottle of it close enough for him to take deep breaths. Under hypnosis the person will insist the aroma is pleasing, yet you will find that it is impossible not to recoil from the pungency of ammonia fumes while in a natural state.
328 誰でも催眠術にかかる為には、その者は自らの意思を催眠術者の意思に委ねなければなりません。これは頻繁に繰返された場合、極めて危険になり得ます。何故なら、その個人の意思は弱められるからです。感覚心が催眠術によって鎮められ、それによって操作者からの提案に心を開きます。感覚の反応があまりに抑制されている為、催眠術にかけられている人物に実際にビンを手に持って鼻に深呼吸させる程近付けて、アンモニアの臭いをバラの精油だと暗示することも出来ます。催眠術下では、その人はその香りは心地よいと主張するでしょうが、自然の状態ではアンモニア蒸気の刺激からは尻込みしないでは居られないのです。




【解説】
 催眠術が何故危険かについて、本文の冒頭の一文で断言しています。
 即ち、催眠術は被験者が自らの意志で自分の意志を施術者に委ねるところに問題がある訳です。また、その目的も問題です。即ち、自らの過去生その他、自らが関心を持った神秘的事項について知りたい為に、全てを捨てる心境が危険という訳です。興味本位の知識欲の為に自己を捨てることは本末転倒と言えるでしょう。
 偽の施術者が多く居る中で、仮にその施術能力がある者であっても、その施術者に自分の意志を委ねるべきではありません。自らの進化は自らの精進により達成すべきで、いたずらに知識のみを追いかけては成就出来ないものです。何より自らの自由意志を担保する中、自ら進んで”父”の下に戻る必要があるのです。即ち委ねるべきは”創造主”であるのです。