CHAPTER IV
Other World Impressions and Thought Habits of Earth
208 Now let us return to a fuller explanation of the blending and interblending of the Cosmos. As a planet moves through space, traveling at awe-inspiring speeds both on its axis and in the orbit it follows around the sun, it is eternally depositing portions of its body in space as dust, gases, etc. The atoms forming these particles are all impregnated with thought frequencies from that planet - just as were the cells of the dwellings mentioned earlier impregnated with the thought vibrations of the occupants.
第4章
他の世界の印象と地球の思考習慣
208 さて、ここで宇宙における融合と混和のより完全な説明に戻りましょう。惑星は宇宙空間をその自転軸及び太陽の周囲を付き従う公転軌道の両方で荘厳なスピードで運行していますので、その天体の幾分かを宇宙空間の中にチリやガスとして永久的に放出し続けています。これら粒子を形成する原子は丁度、以前お話した家の細胞が住人の想念振動を染み込んでいるように、皆その惑星からの想念振動を染み込ませているのです。



【解説】
 第4章においては、これら想念波動を宇宙空間との関係において説かれています。
 私達の暮らす惑星、地球は普段、日の出や日の入りを見ているように、宇宙空間を高速度で移動、運行しています。その過程で本項に述べられているように宇宙空間にチリやガス等を残すと同様に、隕石のように宇宙に漂う物体を取り込むことも多いのです。
 即ち、惑星は絶えず宇宙空間と物質のやり取りを行っており、それらの物質が保有する想念波動も相互に行き来しているという訳です。
 太古の昔に何らかの事情で放たれた物体と接することで、それら物体が帯びていた想念波動とも接する機会もあることでしょう。私達が自らの理解の幅を広げればこれら宇宙の起源にまで遡る想念・印象ともアクセスできることになるのです。