281Remember it was not the mind that created itself, cosmic consciousness was its creator and what it created it can correct and have it function perfectly when the sense mind blends with it. Even old age can be wiped away for that is a concept of the sense mind. We could say that as age came by man, so must youth come by man. The Bible states that as death came by man so, must life come by man, the sense mind. And this can be done when he becomes one with cosmic consciousness for it knows no age, nor time or place. It is always in the prime state of life and all inclusive.
281 覚えておいて欲しいのは自分自身を創ったのは心ではなく、宇宙意識がその創造主だということ、そして創造し生み出したものは正すことが出来、感覚心がそれ(訳注:宇宙意識)と混ざり合う時にはそれ(訳注:自分自身)を完全に機能させることが出来ることです。老化でさえ吹き飛ばすことが出来ます。何故ならそれは感覚心の一つの概念だからです。私達は老齢が人によってもたらされた以上は、若さも人間によってもたらされる筈だと言えるでしょう。聖書は人によって死がもたらされたからには、命も人即ち感覚心によってもたらされる筈だと述べています。そしてこのことは人が宇宙意識とひとつになる時になされ得るのです。何故なら宇宙意識は年令を知らず、時間も場所も知らないからです。それは命とすべてを含む中にあってその原始の状態にあり続けているのです。



【解説】
 ここで留意すべきポイントは、私達自身、自分の心も含めて宇宙の生命の本源によって創られたということでしょう。私達は自分で自分を作り上げたのではないのです。被創造物であることを常に頭に入れて置くべきということです。
 赤ん坊で生まれて以来、学習を続ける内にいつの間にか知識も技(わざ)も得る中で私達は全て自分が作り上げて来たと思うようになり、全てを支配下に置こうとして来ました。しかしその結果、不要な軋轢を生み、ストレスを抱える中で、多くは病や老いの中、生命の深遠な分野を学ばないまま人生を閉じようとしているのです。
 私達の内側の支配者となっている私達の心自体、自分が創造されたものであると気付くことは、そもそも創造主の期待やビジョンに基づいて創られたことを自覚することでもあります。またその目的を探究し、期待に応える中で生命本来の永続する若さ、生命力を表現する者に私達自身も変貌を遂げることが出来るという訳です。