103 The Divine Will always expresses in perfect harmony and causes no distortion in any manifestation. That is why the human form under this will manifests so well. And yet it is abused more than any other form known, by the free-will or will of the ego. i.e. When one eats a meal, the mind or the will of man knows not what is to happen to the food in the body. And if the ego is in a happy harmonious state the food will be beneficial to the body. On the other hand, if the ego is disturbed, confused or tensed and out of harmony with the law, or consciousness, indigestion is bound to follow causing gas around the heart and constipation. Proving the Divine Will, will not lend itself to the distorted will of man. So man pays the price for the distortion through pain and suffering. And this is the only way that some people can learn.
103 聖なる意志はどの創造物においても常に完全な調和をもって表現し、如何なる歪みも生じさせません。それがこの下にある人体がかくも申し分無く現出している理由です。それに加えて人体はエゴの自由意志、つまりは意志によって他の如何なるものよりも酷使されています。即ち、人が食事を摂る時、心や人の意志は肉体の中で食物がどのようになるか知りません。もし、エゴが幸せな調和ある状態にあれば、食物は肉体にとって有益なものになるでしょう。他方、もしエゴが掻き乱され、混乱しあるいは緊張して法則や意識と調和出来なくなっている場合には、消化不良になり、心臓の周囲にガスを発生させたり、便秘を引き起こします。聖なる意志は人間のねじれた心にはご自身をお委ねにはならないとしましょう。そうであれば、人は痛みや苦痛を通じてこのねじれに対して代償を支払うことになります。そしてこれこそが、ある種の人々が学べる唯一の方法なのです。



【解説】
 唯一、私達各人の心だけが宇宙全体の調和を乱し、問題行動を起こしているという訳です。よく”心を無にして”という表現をしますが、心を無にした結果、何も無くなるということではなく、代わってこの宇宙くまなく存在する聖なる意志が顕在化し、私達を助けるということに繋がるのです。
 心の驕りを戒め、常に謙虚に保つことで、私達は自らこの宇宙の英知とも言える普遍的な知性に親しみ、支援を受ける立場を堅持しなければなりません。このことはイエスが「幼子のようにならなければ」と言われたこととも通じるものです。やって来る宇宙的な印象に対して率直に受容し、その主旨に沿って行動する姿勢が大切です。
 また、本文ではこれら創造主の意志は人間のねじれた心には関与しないとも記されています。つまり、私達の心に左右されることなく、物事を指導している訳で、たとえ私達の心が法則を受け入れず、その結果、不愉快な結果を得たとしても、それらから影響を受けることなないということです。それらの好ましからざる結果を通して私達は自らの行動や取り入れた想念レベルを反省する必要があるだけです。