097 We can use the television set again, as a good example. The set in itself has no power or intelligence. But there are instruments in it equivalent to the brain or mind of man which cannot act until the power is turned on. When this is done, intelligent expression follows. Let us say that the intelligence is inhaled into the set through the ether or radio waves which carry the message. And as they come into the set the expression takes place, and not only the message comes through, but the individuals are shown as a living image on the screen. As I understand it, there are 80 different frequency channels in this nation over which programs are carried. Each channel is separated from all the others, yet some are so close that they encroach upon another. This calls for a very fine instrument to keep them separated. All channels use the same power and the same law, but there are sets that can only pick up a few channels. Yet all must depend upon the power and the ether waves to be of service. And they must inhale and exhale the waves to have the continuence of the program.
097 テレビ受像機を再び好例として述べましょう。テレビ自体には電力も知性もありません。しかしその中には電力が入れられない限り行動出来ない人間の脳や心に相当する装置があります。それが為されると、知性的な表現が続いて起るのです。メッセージを運ぶエーテルもしくは電波を通じて知性がその受像機に吸込まれると言うことにしましょう。そしてそれらが受像機に入るや、表現が起りますし、スクリーンに個人が生きているイメージで映し出されます。私の知る限り国内には番組を放送している80の異なる周波数チャンネルがあります。各々のチャンネルは他と分離されています。この為、それらを分離し続けるにはとても繊細な装置が必要になります。全てのチャンネルは同一の電力と同一の法則を用いていますが、中には数チャンネルしか受信できないテレビもあります。しかし、全ては機能を発揮する為電力とエーテル波に依存しているのです。そしてそれらは番組を継続する為にはこれらの波を吸込み、吐き出す必要があります。



【解説】
 とかく私達は自分(エゴ)が自らの身体をコントロールし、これまでの知識からあらゆる事柄を自由に推し進められるし、そのようにして来たと考えています。しかし、よく考えれば、このテレビのたとえのように、私達は電波に乗せられた情報・知識を再現するテレビ受像機に過ぎないことが分かります。
 即ち、本文にあるようにテレビ受像機自体に番組のコンテンツがあるのではなく、それは単に電波を体内に取り入れて、その電波が刻々に示す知性を表現しているのに過ぎません。知性の内容は送り手の側にあるのです。
 そういう意味では、私達は英知の表現者であり、仲介者ということになります。時々刻々湧き上がる想念・印象を如何に損なうことなく、体現するか、現実世界に表現するかがそのテレビ受像機の価値となる訳です。高性能のテレビになる為に、私達は心身共に精進する必要があるのです。