189 Science has progressed very rapidly in the last few years. Now, with the aid of fine instruments, the I.G.Y. research and the satellites, the scientists are able to delve deeper and deeper into the realms of Cause. They are beginning to understand and use Nature's Creative Mathematics; which is, one and one equals three. Old accepted theories are being replaced with more factual knowledge as the field of research broadens.
189 過去数年の間に科学は急速に発展しました。今や精密な装置やI.G.Y.(訳注:国際地球観測年)での研究、そして人工衛星のお蔭で、科学者達は宇宙の領域の奥深くまで掘り下げることが出来るようになりました。彼らは自然の創造的数学を学び始めています。その創造的数学とは1+1=3というものです。古くから容認されて来た諸理論は研究分野が広がるにつれて、より事実に基づく知識に置き換えられています。




【解説】
 実際のところ、まだ著者が本項で言う「1+1=3」の真意は計りかねますが、既に宇宙空間を取り扱う際には、平面上の座標をもってしては取り扱うことは出来ず、地上の座標についても既に球座標の値がGPS等で用いられているようです、従来の平面的な概念で宇宙空間を取り扱うことは出来ないようです。
 現実に飛行機の航路についても空間座標を元に最短飛行ルートが決定されるように、従来の座標系とは異なる概念が必要となっています。また、これらの基礎情報は私達が知らない間にも、GPSに接続したカーナビや携帯電話等、身近なところで既に実用化され、私達は気付かず利用しているという訳です。宇宙に関する情報は、日々の天気予報に観測衛星からの画像が用いられるなど、宇宙空間の情報は私達の生活と直結している時代を迎えています。
 更に私達はこれら宇宙に流れる法則性について探求を深める必要があることは間違いありません。宇宙の活動には「1+1=3」の効果があるとされています。互いの努力が新たな成果を生む等、その意味するところは更に深遠と観るべきでしょう。私達は万物の活動の中にその実像を観るように努力しなければなりません。