159 The people on Venus live this law and thereby do not have to endure the unpleasant conditions that we must contend with on earth
159 金星の人々はこの法則に生きており、それ故、地球で私達が向き合わなければならないような、不愉快な状態を耐え忍ばなければならないということはありません。



【解説】
 いわゆるアダムスキー哲学というものが単に真理の教え、ある種の思想・哲学の一つとして打ち出されていたとすれば、もっと大衆に受け入れられ易く、その信徒も多くなったのかも知れません。
 しかし大切なことは、その教えの内容は単にある優れた人物が見出したセオリーというものではなく、現実に他惑星社会で生かされ、実践されているということでしょう。特にアダムスキー氏自身の体験として金星や土星の人々と交流して得た知識が基礎となっている点は見逃せません。
 現時点においても、金星や土星に生命があることすら地球上ではタブー視され、隠ぺいされていますが、いつかはその現実に向き合う時も来ることでしょう。同じ人間が何故かくも異なるのか、アダムスキー氏の著作を見て、他惑星社会と地球との差異を嘆く者も多い訳ですが、その差異の最大の要因が本項にあるように、他惑星ではこれら生命の科学とも言うべき諸法則を身をもって行動している点にあるということです。