ご連絡

いつもご覧戴き、ありがとうございます。

都合により、明日の更新はお休みします。


2017年5月25日
竹島 正

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落172

172 You can see that the mind is seldom aware of the conscious intelligent operation within the form. For when we sleep the consciousness operates the form while the mind knows nothing. Thus proving that there is a form of intelligence which never rests. And the mind must unite with this intelligence in order to be the knower. Once this is done man will eliminate all the unpleasant ways of life he now endures. And he will know what goes on in every form known, and its purpose. And divisions will no longer cause mysteries.
172 あなたには心は身体の中の意識的知性活動についてまれにしか気付かないことが分かるでしょう。何故なら、私達が寝ている時も意識は心が何も知らない間にその身体を運営しているからです。このことは決して休むことのないある知性体が存在していることを示しています。そして心が知る者となる為にはこの知性と結びつかなければなりません。ひとたび、これが為されると、人は現在耐えているあらゆる不愉快な人生を取り去ることでしょう。そして全ての形有るものの中で起っていることやその目的を知るでしょう。そうなればもはや分裂が神秘をもたらすようなことはなくなります。


【解説】
 私達の心は決して私達自身の支配者ではありません。眠ってしまっていても身体内の活動は何一つ変わらず続きますし、肉体の維持活動は心とは別な英知の下、着実に実行されているからです。全ての肉体の活動は心とは別の所で行われている訳であり、私達の心はその英知を探究し、その教えを乞う必要があるのです。
 自分の中に英知を司る存在があり、物質に膨大な知識・経験が蓄積されているにも拘わらず、肝心な自身の主人公が何も知ることなく不安定な状態を続けていて良い筈もありません。
 内部にこのような立派な仕組みを与えられている以上、他に求めるものは何もない訳で、心はそれを自覚すれば自ずと落ち着いた穏やかな状態となる筈です。その中で身体の中で起こっている事柄を学び、自ら探究する中で、心自体をより素直で感受性のある、これら英知と同期出来るような高次な存在に仕上げなければなりません。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落171

171 We all must admit that as mentalists we know little about what is going on in our bodies. But we do know that a certain kind of knowledge is operating through the body that knows what to do when the mind does not. So the mind has been accepting this on blind faith as an established fact. Yet it is the duty and privilege of the mind to learn all that takes place within the form if it is ever to have a peaceful existence. And thus fulfill the purpose for which it was created and eliminate the conditions brought on by confusion and fear caused by uncertainties. Then the mind would not repeat mistakes as it does today.
171 私達は皆、心至上主義者の私達は自分の身体で何が起っているのかほとんど知らないでいることを認めなければなりません。しかし、私達は心が知らなくても身体を通して何を為すべきかを知っているある種の知識が作用していることは分っているのです。ですから、心はこのことを確立された事実として盲目的信仰の上に受け入れて来たのです。しかし、心が平安な存在であり続けたいのであれば、形有るものの中で起っているすべてを心が学ぶことが心の義務でもあり、また特権でもあるのです。そしてこのようにすることが、その形有るものが創造された目的を成就させ、不安状態による混乱や恐怖によってもたらされた状態を取り除くことになるのです。そうなれば、心は今日のように誤りを繰り返すことはなくなるでしょう。



【解説】
 本項は、そもそも私達の心と肉体の関係はどうあるべきかを説いているように思います。
 中でも私達は自らの意思、即ち心こそが自分の本体であり、肉体の支配者であるとして来ましたが、果たしてそうなのでしょうか。現代の生命科学や本講座のこれまでの記述から、あらゆる生きものが等しく構成する細胞というシステムには共通する遺伝分子があり、それらが分化して各々の身体を部位を造り上げていることが分かっています。
 更にはその遺伝物質が記憶をも運んでいると、これまで本講座で説かれて来た訳です。つまりは肉体の側の中に英知があり、私達の心は無知な暴君でしかなかったのです。
 このように考えれば、全ての知識は私達自身が持っていることになり、それらの存在にどのように気付くかが次の課題になります。もちろん時間は十分にありますし、何処に行くにせよ自身の膨大な図書館とも言える肉体と一緒である訳で、こんなに頼りになることはありません。私達各自が生まれて来た目的はこれら知識の宝庫から適切なものを取り出して、各自実践活用し、行動することで他者ともそれらの知見を分かち合うサービス(奉仕)に従事することでしょう。”汝自身を知れ”とは、このように深い意味があったのです。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落170

170 This is the reason that the Will of man must will itself to the Will of this process if it is to know what it has been and its reason for being. We bring this to you in relation to our present science which is only on the brink of this knowledge. And as stated before, the space people have known and used it for thousands of years. And if man is ever to know his true self, this knowledge is very essential. For within it lies the absolute certainty of life.
170 これが人間が過去どうであったか、またその存在の理由を知りたいとするならば、人間の意志は自らをこの過程の意志に従わせようとしなければなりません。私達はこのことをこの知識のふちにいるだけの私達の現在の科学に関連してあなた方に授けているのです。そして以前述べたように、宇宙人達はこのことを何千年も以前から知っており、活用しています。そしてもし、人間が自分の真の自己を知るというのであれば、この知識はとても必須なものです。何故ならその中に生命の絶対的な確実性があるからです。



【解説】
 自身の肉体の各細胞が記憶を運ぶこと、そしてそれら細胞の経験を紐解くことで宇宙開闢以来の歴史や知識、経験を学ぶことが出来ることを、既に何千年も前から他惑星人が知り、学んでいたと著者は本項で私達に明かしています。
 私達はDNAに潜む膨大な知識を自ら学び取れるような感性が必要だということでしょう。これらの取り組み姿勢はDNAの配列を研究し、配列のどの部分が身体形成の何処の部分の設計図に相当するかを学んでいる私達の研究レベルからは、相当の開きがあることでしょう。
 一方で私達の科学は、これら英知であるDNAを勝手に切り取り、それらDNAに含まれる記憶という根本的な要素に気付かないまま、組み換え生物を創ったりと創造主に代わる行為にまで及んでいます。私達は各細胞が実は様々な記憶を運ぶことの意味をもっと深く考え、最も身近にある自らの細胞から学び取ろうとする姿勢が必要なのです。まさに”ご自愛”下さいという表現が当たります。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落169

169 Now let me describe what I have seen on instruments and diagrams that the space people study on this subject. Their method is simplified and easier to understand than the way our scientists are presenting their findings. As an illustration let us use two parallel lines, one white, the other black. One is masculine and the other feminine and at certain intervals they cross each other in the form of a figure 8. And they are constantly active. Within the figure 8 they produce from seven to nine different combinations depending upon the purpose. After reaching nine such loops the messenger is born with a specific message. And it carries the blue print of what the next step is going to be but it does not separate itself from the past. This is where the memory is carried on. And memory is the only part of man or any form that becomes eternal. For as we know, man is not a man without a memory. And you can see that by this process the memory of the past is steadily connected with the experiences of the present. And all of this takes place independent of the world of man.
169 ここで宇宙人がこのテーマについて学ぶ際の装置や図表について私が見たものを説明したいと思います。彼等の方法は私達の科学者達がその発見を発表するやり方より、単純化され平易です。実例として2本の平行線を用います。一方は白、他方は黒とします。一つは男性、もう一つは女性であり、ある時間間隔でそれらは8の字の形に交わります。またそれらは絶えず活動的です。その8の字の形でいる間に、それらは目的に応じて7~9の異なる結合を作り出します。そのような9種の輪が出来た後、ある特定の伝言を携えたメッセンジャーが誕生します。そしてそれは次の段階は何が為されるかの青写真を携えていますが、それは過去から分離したものとはなっていません。ここが記憶が受け継がれる場所であるからです。そして記憶こそが人間であれ、いかなる形有るものが永続する唯一の部分です。何故なら私達は人間は記憶無くして人間ではないことを知っています。これで皆さんは、この過程により過去に対する記憶は現在の体験と常に繋がっていることが分かるでしょう。そしてこの全ては人間の世界とは独立して起っているのです。




【解説】
 DNAの二重構造は様々な「8の字」パターンを形作り、メッセンジャーRNAを作り出して、その記憶を新たな細胞に引き継ぐという一連の細胞の増殖過程について、他惑星ではより鮮明に学んでいるという訳です。
 これら2本の分子構造が絡み合う行為は宇宙産生の基本イメージを表すものと言えますし、日本の神社の注連縄(しめなわ)も同様な原理、即ち各自の細胞で刻々行われている活発なる生命誕生の息吹を祀る象徴かと思われます。
 重要なことは、今日体験した事柄、発した想念が翌日造られるご自身の一部に承継され、記憶が蓄積されて行くと解釈されることです。言い換えれば、私達は日々自身を自ら造り上げているということです。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落168

168 I use this portion of scientific discovery in relation to memory and heredity to show that this type of intelligence operates independent of the mind. But the mind must learn about it in order to cooperate. And in this way the mind will know what has transpired in the past and what is taking place in the present.
168 私は記憶と承継に関係するこの部分の科学的発見をこの種の知性が心とは独立して作用していることを示す為に用いました。しかし、心は協力する為にはそのことを学ばなければなりません。そしてこのようにして、心は過去に何が起ったのか、現在何が起っているのかを知ることでしょう。


【解説】
 本項で著者はこれまで私達がDNAやRNAを遺伝物質と称して来ましたが、実はそれらの中に私達の記憶も収録され、文字通り太古以来の記憶が遺伝物質の中に組み込まれて行くと説いているのです。
 これら遺伝物質の持つ記憶にアクセスすることが出来れば、私達は生命誕生以来の悠久の歴史を知ることが出来ますし、過去の知見のみならず、宇宙の出来事をも追体験できることになります。
 これを実現させる為には、各自の身体細胞に気持ちを揃え、これらの英知ある分子・原子と同調する必要もあることでしょう。実際、私達の記憶と呼ぶものの本質もこれら遺伝物資との関係があると本項は示唆しているように思われます。
 これら知識の泉は私達自身の中にあり、それらを探究する、即ち自らを学び知る中で私達は生命の尊さを学ぶことになるのです

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落167

167 Cells in a form are grouped for specific purposes. i.e. The cells used to make a heart could not be used to make a brain, etc. But each group is in harmony with the others to produce a manifestation of a perfect form for a specific purpose.
167 体内の細胞達は特定の目的毎にグループ化されています。即ち、心臓を造り上げる細胞達は脳やその他を造るのに用いられることはありません。しかし、各々のグループは特定の目的の為、完全なる肉体を現出させる為に、他と調和しています。



【解説】
 現代の科学レベルによる説明では、身体の細胞は皆同じDNAを持つとされています。DNAは全細胞の設計図を有しているという訳です。当初の受精卵から細胞分裂が生じ、各々の細胞の形成が進むのは、その細胞分裂の過程で特定の部位に相当する部分の設計図が読み込まれることによるとされています。そうして各器官に分化されて行くようです。
 その過程で心臓は心臓を形成する為の細胞、脳は脳細胞がそれぞれ形成されて器官を構成する訳です。
 言い替えれば、全員が等しく全能の能力を潜在的に有していますが、具体的な場面では各自は自らの役割分担を責任を持って達成し機能することで身体全体を機能させていることが分かります。同様に私達の社会も各自の潜在能力は皆平等であり、社会を機能させる為に様々な職業が必要だということでもあります。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落166

166 Protons in a form are very important for the creation of a messenger. The germ called E in science, or COLI flourishes in the intestinal tract of any form, and is referred to as ribson. As every form must feed on something, the food must be converted into protons and other needs. The whole procedure is chemical, and apparently according to science, the ribson acts as a universal translator.
166 メッセンジャーを造り出すのにその生物体の中の陽子が大変重要になります。科学でE或いはCOLIと呼ばれる細菌(訳者注:"Escherichia coli" 、略称"E.coli"と呼ばれている"大腸菌"のこと)はどのような生物体でも腸管に繁殖し、リボゾームに関連し言及されています。あらゆる生物体は何らかのものを食する必要があり、食物は陽子やその他の必要物に転換されなければなりません。すべての手順は化学的であり、科学によればそのリボゾームは普遍的な翻訳者として活動しているとされています。(訳者注:原文の"Protons(陽子)"は"Proteins(蛋白質)"の誤記の可能性もありますが、そのままの訳としています。なお、原文の"ribson"は"ribosome(リボゾーム)"の綴り誤記と解釈しています)



【解説】
 本項執筆当時、既に著者は今日で言うメッセンジャーRNAと呼ばれるDNAの持つ情報を転写して送り込まれる役割を持つ要素について述べていることは驚きです。本項の内容について未だ著者の示唆する内容に理解出来ていない部分もあるのですが、私達の身体内で起こっている細胞の合成、増殖について説かれていることは容易に理解出来ることでしょう。特に私達の腸の中の主要な細菌である大腸菌が大きな役割を担っていることを示唆していることも重要なポイントでしょう。
 普段何の注意もせず当たり前と思っている事柄の中には私達を根底から支える仕組みが働いている訳です。
 こうした知識を知った上で日常の生活をしている者とそれらを考慮することなく生活を送っている者の差は実は大変大きいのではないかと考えます。もしその精緻な仕組みを意識していれば、やがてそれらの”因”からの印象も感受でき、同期することも出来るようになると思うからです。本講座のタイトル「生命の科学」はその点を目指した学習でもあるのです。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落165

165 In the study of life, on other planets, half of the DNA would be considered the feminine part, and the other half the masculine. And there is constant relationship going on between the two parts which produces the messenger called RNA. And this carries the information of heredity or specific instructions, depending upon the type of a form. And as you can now see, there is a trinity involved. Two phases of DNA and one of RNA. You can also see that the two parts of DNA manufacture the RNA with a specific message.
165 他の惑星における生命の学習では、DNAの半分は女性部分、残りの半分は男性部分と考えられていることでしょう。そして、それら二つの間にはRNAと呼ばれるメッセンジャーを造り出す不断の関係があります。また、これ(メッセンジャー)は生命体のタイプによって異なる遺伝の情報や個別の指令を運びます。そうなると、既にお分かりのように、三位一体がそこに関連されています。DNAの二つの側面と一つのRNAです。そしてあなたは、二つのDNAの部分が特定のメッセージを携えたRNAを造り出していることも見ることができます。



【解説】
 DNAの二重ラセン構造には、男性・女性それぞれの要素の一体化という意味があることにも私達は気付く必要があるという訳です。
 日本では正月の飾りや神社の本殿に掲げられる注連縄(しめなわ)がありますが、本来の意図は、私達に生命の本源的なパターンとしてこれら遺伝分子の構造と男性・女性の役割について教示するものであるのかも知れません。詳細については知りませんが、出雲大社の巨大な注連縄にはよほど大きな意図があって、歴代作られて来たものと考えるべきかと思われます。
 これまで知るところでは、DNAの基本構造は比較的単純でデオキシリボースと言う5角形の糖の2つの位置にりん酸が繋がった鎖状の骨格を成し、それぞれA(アデニン)とT(チミン)、G(グアニン)とC(シトシン)という物質のペアが結合し、それぞれ2本の骨格がA-TとG-Cで繋がり合っているというものです。
 比較的単純な構造とも言えますが、そのA-TとG-Cのみが結合点という所が、DNAの二重構造が剥がされ、それぞれ一重になった後でも再び片方からでも元のDNAに復元できることにもなる訳です。生まれ変わりの際、男性は女性に、女性は男性に転生すると考えることもこれに類したことかも知れません。
 これらDNAやそれに付随するRNAの機能の意味については、より深遠な意味があることを本項で著者は示している訳で、私達も日常、その意味を考える必要があります。

ジョージ・アダムスキー 「生命の科学」第4課-段落164

164 DNA according to scientists is a master blue print which carries instructions of life. And anyone who has given thought to the creation of form life, whether of man or an insect, must admit that there is some kind of intelligence that directs the structure of the form. As there are no two identical forms, this suggests that there are minor changes in each case. And that the matter which is used in making the form must have a certain kind of intelligence in order to receive directions.
164 科学者達によればDNAは生命の指令を運ぶ設計原図であるとのことです。そして人間であれ昆虫であれ、生命体の創造に考えを寄せた者は誰でもその形ある者の構造を指揮するある種の知性が存在することを認めなければならないでしょう。また、全く同一な形が無い以上、各々の場合においてわずかな変化があることが分かります。そして形有るものを造る中で用いられた物質もまた、指示を受ける為にある種の知性を持っている必要があるのです。



【解説】
 もちろん、細胞の設計図を持つDNAではありますが、それだけでは新しい細胞を生み出すことは出来ません。何より全ての分子・原子がそれらDNAの指示する内容を理解し、従う必要がある訳です。言い換えれば全ての分子・原子はこれら創造過程を含めあらゆる知性に反応するということでしょう。
 よく仏教説話の中に仏陀が歩いた跡に花が咲いたとか、様々な動物が仏陀に従ったという話がありますが、それも高いレベルの想念にはあらゆる動植物が呼応することを示唆しているのです。
 私達各自は、自らを実験対象として如何に日々の想念が自身の肉体に影響を与えるかを確認する必要があります。個々の細胞の動きまでは把握できませんが、少なくとも身体全体の状況を注意深く観察し、自らの想念レベルによって最も大きく影響を受ける自身の身体の変化との関係を学ぶ必要があります。
 これら日常的な研究を通じて、何が宇宙的、即ち宇宙の法則に沿ったものであり、何がそうでないかを理解することが出来ます。もちろん誤りは人の常ですので、誤りに気付いた段階で適宜、誤りを修正し、前に進んで行くことが重要なことは言うまでもありません。

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ